なんとかなる。どうにかなる。

2016年1月20日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

皆さんは、松浦英行(まつうら えいこう)氏をご存知でしょうか。

氏は大学卒業後、徳島県庁に12年間勤務後

1993年に真言宗の住職に就任。

現在は、「人生は楽しむためにある」をテーマに

コラムニストとして活躍されている方です。

その松浦氏の言葉に、

「そうたよなぁ」と思うものが有りましたので

今日は、その言葉をご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

なんとかなる。どうにかなる。

アナタが選んだ道。

アナタが決めた生き方。

それ以下でも、それ以上でもない人生を

アナタは歩んできたし、

これからも歩んで行くでしょう。

途中で何があっても、大丈夫。

それは、それで良かったこと。

行く道に、こだわらず。

行かなかった道にも、捉われず。

深刻に考えて歩もうと、

笑い飛ばしながら走ろうと

その道程は違っても、

ものごとは、落ち着くところに落ち着くようになっている。

人の目なんて気にしないで

ただアナタの好きな道を歩めばいい。

アナタ以外の人は、

もうすでに行きたい道を歩んでいるのだから。

だれに遠慮することがあるだろうか。

心のおもむくままに楽しもう。

人生には・・、いろいろなことが起こるでしょう。

しかし、ちょうどいいときに・・

ちょうどいいことが起きるのです。

ですから、どんなに絶望的なことが起きても・・

勇気をもって・・

「なんとかなる」と言って・・

自分を信じることです。

(松浦英行)

私たちの周りに起こる全ては

必ず、「何か?」意味があって起こっているのです。

ですから、絶望的なことが起こっても

全ては必要性があって起こっているのですから

「有り難い!!」、「ありがとう」の感謝の言葉と

「なんとかなる」、「どうにかなる」という希望の言葉を

先ずは口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が

「絶望的な出来事」を「チャンス」に変えてくれるでしょう。

「絶望的な出来事」で私たちは成長できるでしょう。

だから、今年も

「言葉のちから」を信じて

「絶望的な出来事」に感謝をしながら

明るく、元気に、

「なんとかなる」、「どうにかなる」の希望の言葉を発して

ウキウキ、ワクワク、

「絶望的な出来事」を「チャンス」に変えていきましょう。

「絶望的な出来事」で自分を成長させましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰