他人の目 よりも 自分の心 を大切に!

2016年1月29日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜は『成幸者の集い』の日でした。

この会は、「幸せに成りたい」と願う人たちの勉強会です。

「私たちは幸せになる為に生れて来ました」

「幸せになることは権利ではなく義務」だと私は思っています。

ですから、「どうすれば幸せな人生を送れるのか?」

「どのような生き方が幸せなのか?」をみんなで考える会です。

そこで今日は、「幸運を引き寄せる人」、

「幸運を逃がしてしまう人」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

「他人の目」よりも「自分の心」を大切に

カリフォルニア大学リバーサイド校の心理学者

リュボマースキー教授たちは

人生に、「不満を感じやすい人たち」は

「幸福感を感じやすい人」に比べて、

「他人からの評価を30倍も気にする」ということを

実験によって実証しています。

これは、人の目を気にする人は

「幸せになりずらい」という事です。

また、人生に不満を感じている人は

他人から悪い評価を受けると、

幸福な人たちに比べて、「30倍も落ち込んでしまう」

ということを意味しています。

「周りの人がどう思うのか?」ということを気にし過ぎたり、

「他人の目に映る自分ばかりを気にてしまう人」は

「幸運を逃がしてしまい、幸せになりにくい」

と言っているのです。

ですから、「こんなことをすると世間はどう思うだろうか?」

「上司は・・、同僚は・・どう思うだろうか?」

「友達はどう思うだろうか?」、「親はどう思うだろうか?」

などと、常に考えているような「生き方」は

まるで、「世間の目」に操られて生きる、

「操り人形(人間)」のようなものです。

これでは、毎日が「楽しくないはず」です。

そして、「全く楽しくない人生になってしまう」はずです。

このような人生を「幸せ」と言えるでしょうか。

ですから、他人の目を気にして「ビクビクしない」ことです。

「幸せな人生」を送るコツの一つとして

毎日を「楽しく生きる」ことが大切だと思います。

その為には、「楽しくない生き方はしない」ことです。

ですから、私は自分に言い聞かせています。

他人がどう考えようと、自分の思う道を・・

自分の信じた道を・・歩もうと。

「他人の目」よりも「自分の心」を大切にする。

「他人の批判」よりも「自分の未来」を信じる。

(※人に迷惑をかけても良いから「わがままに生きろ!」と
言っているのではありませんので勘違いをしないように・・)

そして、「私はわたし・・」

「この道こそ私の歩む道」

「私は世界一の幸せ者」

「今日もウキウキ、ワクワク、楽しむぞ!!」と

毎朝、声に出して自分に語り掛けます。

「言葉はちから」です。

だから、その自分に語り掛ける言葉が

「心を軽く」し「ウキウキ、ワクワク気分」で

一日がスタート出来るのです。

その「ウキウキ、ワクワク」が自分を輝かせ

幸運を呼込み、人生を豊かにしてくれるのです。

だから、今年も

「言葉のちから」を信じて

「他人の目」よりも「自分の心」を大切に・・

「他人の批判」よりも「自分の未来」を信じ・・

明るく、元気に

「今日も楽しむぞ!!」の言葉と共に

ウキウキ、ワクワク、一日をスタートさせましょう。

楽しい日々を送ることで自分を輝かせ、

幸運を呼び込み、幸せな人生を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰