意識度を高めて新しい発見 気づきが生まれる

2016年2月7日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は、マニラで大成功している日本人経営者の

ビジネスツアーに参加して来ました。

今回も多くの出会いと学びがありました。

そして、新しくやりたいこともたくさん見つかりました。

今日はマニラ市内を探索したいと思います。

そこで、今日は「やりたいことがない」、

「やりたいことが見つからない」と言う方に

知って頂きたい話をご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

意識度を高めて新しい発見 気づきが生まれる

「勉強するから、何をしたいのかが分かる。

勉強しないから、何をしたいのかが分からない」

これは、「ビートたけし」こと北野武氏の言葉です。

皆さんは「センス(才能)」とは

生まれ持ったものだと思ってはいませんか?

私は、「センス(才能)」とは

その人の「引き出しの数」で決まるのではないかと思います。

「センス(才能)」の差とは、「引き出しの量と質」の差。

この差が生んでいくのではないでしょうか?

天才と呼ばれる数多の偉人たちを見ると、

幼い頃から誰よりもその分野における情報を

絶対的に多くインプットしていることが分かります。

触れる情報量が圧倒的に多く、

しかも、それが上質のものであればあるほど、

センスは磨かれるということでしょう。

ですから、自分にはセンスがないと言って諦めてはいけません。

嘆く前に、誰よりも自分が好きな分野の情報を

数多くインプットするば良いのです。

しかも、出来るだけ上質のものを取り込んでいくことによって、

私たちの「引き出し」は磨きが掛かると言うものです。

また、一つのことにこだわるのは当然必要なのですが

こだわればこだわるほど、

いろんな分野の情報や知識が必要となります。

例えば、セールスマンだからと言って

セールスに関する情報だけでなく、

時には美術館に足を運び、一流の芸術品に触れる。

図書館に行って、仕事には関係のなさそうな文学にも目を通す。

すると、様々な分野の情報が自分の中でミックスされ、

自分なりの切り口が生まれてくることに気付くでしょう。

人はそれを、「オリジナリティ(独創性)」と呼びます。

ですから、やりたいことが見つからないというのは、

貪欲に情報を取り入れる姿勢が足りないのではないでしょうか。

言葉を換えるなら、「意識度」が足りないのです。

「私たちは目に入るものを見ているのではありません。

自分が見たいものを見ているのです。

耳に入ってくる音を聞いているのではありません。

聞きたい音だけを聞いているのです」という言葉があるように

私たちは意識したものしか見ていないし、聞いていないのです。

ちょっと意識をすれば、今まで気付かなかったことが見え

気付かなかった声を耳にすることが出来ます。

要は、「引出しの数」は「意識度」に比例するのです。

ちょっと意識度を上げると見えなかったことが見えたり

聴こえなかった言葉が聞こえたりするでしょう。

そして、新しい気付きが出来ると「なにをするか?」が

「なにをしなければならないのか?」が分かるのです。

それを北野武氏は

「勉強しなさい」と言っているのではないでしょうか。

ですから、どんな事にも、或いは、見るもの全てに

「何故?」、「どうして?」と貪欲に興味を持ちましょう。

「なるほど!なるほど!」「面白そう」と関心を持ちましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が意識度を高め

どんなことにも興味を持つ心を育むでしょう。

そして、新しい発見、気付きが生まれ

「なにをするか?」「なにをやらなければならないか?」が

見えて来て、充実の人生を歩むことが出来るでしょう。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

意識度を高める言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、新しい発見と気付きをしましょう。

その気付きで、自分の歩む道を見つけましょう。

自分の未来に続く道を歩み始めましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰