自分の信じた道を歩む

2016年3月4日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜は『成幸者の集い』でした。

第一週ということで私の想いを自由に話させて頂きました。

私の話に長時間、耳を傾けて頂きました皆様方には

心より感謝いたします。

その中で「収入は生き方で決まる」という話をさせて頂きました。

「生き方」を変えると「収入」も変わります。

ですから、「どんな生き方をするか?」が大切だと思います。

そこで今日は、『人生の目的』について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

自分の信じた道を歩む

「人生というのは所詮どちらに転んでも大した違いはない。

ならば闘って、

自分の目指すこと、信じることを貫き通せばいいのだ」

これは、建築家、安藤忠雄(あんどう ただお)氏の言葉です。

「人生とは選択の連続」です。

日常、一つ一つ意識することは余り無いかもしれませんが、

私たちは「選択」を繰り返しながら

人生という旅のコマを進めているのです。

その選択の取り方に、それぞれの人生哲学や信念が現れ、

それが、そのまま人生の結果を生み出している

と言っても過言でないでしょう。

今日の言葉にもあるように、私たちはどの選択を取っても

それなりに生きていくことは出来るのです。

選択の際(きわ)に立っていた当時は

迷いに迷っていたことでも、

数ヶ月、数年と経ってしまえば、

その苦悶すら忘れているということは、

多くの方に当てはまるのではないでしょうか。

どちらの選択を取ったとしても、結局のところ、

人は、満足する部分は満足しますし、

不満を覚えるところは不満を覚えるものです。

自分の選んだ道に「間違い」「正しい」はないと言うことです。

ですから、選択に迫られた時には

迷わない為の、自分の原理原則を大事にすれば良いのです。

もっと言うならば、自分の選択の判断基準を持つことです。

選択の判断基準があれば、それに従って行動すれば良いからです。

その為には、自分の人生ミッション(使命)を持つことです。

そして、そのミッションに焦点を合わせて選択をすれば良いのです。

すると、生きるのが楽になります。

「自分が何のために生まれ、

そして、何をするためにここにいるのか」という

自分の人生の目的を『ミッション・ステートメント』として

簡単な文章にまとめておくと良いでしょう。

そして、選択が必要になったら、

その『ミッション・ステートメント』を思い出しましょう。

ブレない選択を行い、迷わない人生を送るには

「自分は、この価値観で生きていくのだ」という宣言書を

持つことをお勧めしますし、重要なことでもあります。

そして、一度、決めたなら迷わずに進むことです。

因みに、私の人生ミッションは、

「“ありがとう”と言って頂ける人生を送るために

人々が物心ともに豊かになるお手伝いをし、

私自身も物心ともに豊かになります」です。

ですから、何か決断を迫られたり、

どちらかを選ばなければならないという時に

迷わないで・・、ブレない選択を行うためには、

「自分はこの価値観で生きていくのだ」という

宣言書を持つことが重要です。

そして、一度、決めたなら迷わずに進むことです。

「どの選択が良いのか?」

「何が正しいか?」なんか誰にも判りません。

自分の信じた道が・・

自分の歩んだ道が・・

やがて、「正しい道」となり、

「良い選択だった!」となるからです。

ですから、「こんな人生を歩みたい!!」と決めたなら

「この道こそが我が人生・・」

「この選択こそが正しい判断・・」と

声に出して自分に宣言しましょう。

「言葉はちから」です。

その自分自身への宣言が

『ミッション・ステートメント』となり

迷わない人生となるでしょう。

自分の選んだ道が、やがて正しい道だったと知るでしょう。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

自分の『ミッション・ステートメント』を口に

ウキウキ、ワクワク、自分の信じた道を歩みましょう。

自分の信じた道で、自分の人生を輝かせましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰