人生の楽園を歩く 平均台の上と平均台の下の自由な大地

2016年3月18日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜は、『成幸者の集い』でしたが

今春からスタートする新プロジェクト

社団法人『たすけ愛』の概要について発表させて頂きました。

「集い」のあと、代表を引受けて頂いた方と打合せをしました。

その方の意見を聞かせて頂いて、

私は、このプロジェクトが大成功するという確信を得ました。

何故なら、このプロジェクトは、新しい考え方や文化を創造し、

日本のビジネスや社会に変革を与えると思うからです。

私たちの行動は「小さな行動」かも知れませんが

歴史を大きく塗り替える可能性をもっていると思うからです。

近々、皆様方にも詳細をご紹介させて頂きますので

楽しみにお待ちください。

さて、今日は、皆さんと一緒に

「人生の歩み方」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

平均台の上と平均台の下の自由な大地

私たちの世代や、それに続く世代の受けた教育は

まるで細い平均台の上を落ちないで上手く歩くような

教育がなされてきたように思います。

そして、その教育に洗脳された人たちが、

その狭い平均台のような人生を

我慢をしながら歩いて生きることが正しいと信じ

この平均台から落ちたら

「人生が終わり・・」と思っている方も多かったのです。

この様な考え方をまだされている方も

いらっしゃるかも知れませんが

良く良く考えてみると、平均台から落ちても・・、

そこは、「床」か「大地」なのです。

あとは、「床」か「大地」の上を自由自在に生きればいいのです。

狭い平均台の上を我慢して歩く必要はないのです。

しかし、狭い平均台にはなかった、様々な困難や苦労が

落ちた、床や大地の上では襲いかかってくる可能性があります。

皆さんでしたら、どちらの人生を選びますか?

また、この二つの人生の映画があったとしたならば

皆さんでしたら、どちらをご覧になりますか?

平均台の上を可もなく、不可もなく歩く生き方をした人の映画なのか?

それとも、大地の上で様々な困難や苦難にあっても

自由自在に生きる人の映画を観ますか?

私は迷わずに、後者の映画を観たいと思いますし、

後者の人生を歩みたいと思います。

また、私の場合は、そのような人生を歩んで来たと思います。

そして、そのことを楽しんで来たと思います。

確かに、大地には様々な障害物がありました。

しかし、私に言わせれば、平均台自体が障害物だと思います。

あの狭い平均台の上に立っているだけでも大変だと思います。

平均台から落ちないように我慢することは

相当に苦しくツラく死にそうになるのではないでしょうか。

ですから、我慢するのが嫌だったら、

死ぬ気で、思い切って大地に降りてみてはいかがでしょうか。

その大地には、確かに苦労や苦難もありますが

たくさんの花が咲き・・、

太陽が降り注ぎ・・、

美しい鳥たちがさえずっています。

人生には、二つの生き方があるかと思います。

「生きて死ぬ人生」と、「死んで生きる人生」。

あなたなら、どちらの人生を選びますか?

または、これからの人生、どちらを歩みたいですか?

私は、「死んで生きる」のであれば、

本当に死んだほうがましだと思っています。

ですから、どんな困難があろうと・・、

そこに、どんな苦難が待っていようと・・

新しいことに挑戦をしながら

生きて・・、生きて・・、生き抜いて・・死にます。

苦労や困難があると判っても、自由自在に生きられる大地に立って

自分の意志で歩ける大地を

「人生の楽園」に変えていきたいと思います。

この大地を「楽園」に変えるのが言葉です。

ですから、どんな困難や苦難にあっても、

「楽しい!」、「おもしろい!」と私は口にします。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が

自分の立つ大地を「人生の楽園」に変えてくれるです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「楽しい!」、「おもしろい!」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、自分の立つ大地を

「楽園」に変えていきましょう。

人生の楽園で充実の人生を心から楽しみましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰