生き天国 も 生き地獄 も自分の望み通り

2016年3月31日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

3月も今日で終わりですね。

一年の4分の1が過ぎることになります。

3ヶ月を振り返ってみて、皆さんの日々はいかがだったでしょうか。

私は、昨年以上に充実した日々を過ごさせて頂きました。

今朝も、このメルマガを成田空港のロビーで書かせて頂いています。

これから、マニラに現地法人を設立するために3泊4日の出張です。

戻るとすぐに「新しいプロジェクト」へ取り掛かります。

今日は、とても「しびれるような話」を見つけましたので

ご紹介させて頂きます。

<スポンサーリンク>

「生き天国」も「生き地獄」も自分の望み通り

ある紳士に、ホームレスの男が近づいて言いました。

「旦那、一ドル札を一枚、恵んではくれないか」

紳士はポケットから自分の財布を出し、

その財布から、100ドル札を1枚手に取り、

「ふっ」と我に返ると、目の前のホームレスに聞きました。

「たっ・・」、「確か一ドル札と言ったね」

紳士は掴んでいた100ドル札を財布に戻し

財布から1ドル札を抜き出してホームレスに言いました。

「人生は、望んだものしか与えられないんだよ」

皆さんは、この話を聞いてどう感じられましたか?

私は、「しびれました」

この話の紳士の言葉通り、

人生は、「望んだものが得られる」のです。

いや、「望んだものしか得られない」のです。

「上手く行かない」と言っている人の人生は、

自分が、「上手く行かない」と思っているから

そうなっているだけなのです。

結局は、「自分が望んだ通りになっている」のです。

このことに、「気づかず」に生き続けている方が

世の中には、多いように思います。

「望むもの」が神様から「与えられるもの」であるならば

「大きなものを望んだ方」が「得」ですよね。

なのに、多くの人は「100ドル札」を望めば手に入るのに

自ら「一ドル札」を望んでいるように思います。、

小さな目標や夢を持つと言うことは、

自ら、「一ドル札」を望んで人生を歩んでいるようなものなのです。

人は望んだものが「得られる」という、

「宇宙の法則」「人生の原理、原則」を知らないと言うことです。

私は、この「宇宙の法則」「人生の原理、原則」があることに

気付かせて頂きましたので

「大きな夢」、「目標」を持つようにしたのです。

皆さんは、私の夢を存知でしょうか。

『成幸者の集い』や『夢を語る会』に参加されている方なら

お聞きになっているかも知れませが

私は、65歳になって掲げた目標は、

「グループ資産、一兆円の会社をつくる」です。

その為には、この5年間で

「100憶円、借金できる人間になる」です。

一般的には、65歳にもなれば第一線を退き、

余生をどう過ごすか?を考えるのでしょうが、

せっかく、この世に生かして頂き、

100年あまりの時間を頂けたのですから、

おもしろ、おかしく生きた方が得ではないかと考えています。

私たちは、「生き天国」も「生き地獄」も自分の望み通りなのです。

望んだものが手に入るのです。

こんな法則は、「本当にあるのですか?」と

思われる方もおられるでしょう。

正直、私にも「あるか?」「ないか?」は分かりません。

ただ、私は、自分にとって都合のよいもの、得になるものは

「ある」と信じることにしています。

何故なら、その方が生きていくうえで゛「得」だからです。

ですから、皆さんもいかがでしょうか。

この世に、そのような法則があると信じて、

どうせ見るなら「でっかい夢」を見ませんか。

「でっかい」と言っても、

「一兆円企業」などと言うものでなくて良いと思います。

例えば、定年退職後には、苦労をかけた女房を

「温泉に連れて行く」ではなく、

「世界一周の旅に連れて行く」とか

好きだった趣味を活かして「余生を送る」ではなく

「人に教えて、たくさんの人に喜んで頂く」とか

会社に入ったら「世界一のお茶くみになろう」でも

大きな夢ではないでしょうか。

私も、「グループ資産、一兆円の会社をつくる」の他に

「大切な人たちの夢を応援して、夢を叶える」という

大事な夢も持っています。

私は、皆さんも一日も早く

「理想の望み」を持つことをお勧めします。

その人は、必ず「その理想の望み」を手に入れることでしょう。

もう4月です。

残された9ヶ月に、皆さんは「どんな望み」を持っていますか?

もし、まだ「持っていない」と言うのであれば

先程のホームレスのように

「一ドル札を一枚」を掴んで終わる一年となるでしょう。

ですから、あなたの理想を掲げ、

「望む人生」を声高々に謳えましょう。

「言葉はちから」です。

その声高々に謳った「あなたの望む人生」が

あなたが、「人生で得るもの」となるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

「自分の望む人生」を謳えつづましょう。

ウキウキ、ワクワク、「人生で得るもの」を待ちましょう。

望む人生を語り、望む人生を手にして充実の人生を謳歌しましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰