自分を愛する 人生を幸せに生きる究極のコツ

2016年4月9日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝いたします。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今、「世界一貧しい大統領」として知られた

ムヒカ前ウルグアイ大統領が来日しており、話題となっていますね。

彼の生き方に私たちは学ぶものが多いのではないでしょうか。

ムヒカ前大統領の言葉の一部をご紹介しながら、

私たちも、「どのような人生を歩んだら良いのか?」を

今日は考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

自分を愛する 人生を幸せに生きる究極のコツ

「私たちは発展する為に生まれてきている訳ではありません。

幸せになるために、この地球にやってきたのです」

これは、ムヒカ前大統領が2012年のリオ会議で

演説した時の言葉です。

私は、この言葉の中に「私たちの人生のあり方」が

示唆されているように思います。

私も、人生の目的は「功を成す」ためにあるのではなく、

「幸せに成る」ためにあると思っています。

「しあわせ」になることが人生の究極の目的だと思っています。

では、どうすれば「しあわせ」になれるのか?

昨日も言いましたが、私は「幸せ」は感じるものだと思います。

ですから、「幸せだなぁ!!」と感じる

生き方をすれば良いと思います。

その為には、自分を好きになることだと思います。

多少、足が短かろうが・・、鼻が低かろうが・・

ファッションセンスが悪かろうが・・

過去に倒産していようが・・、離婚していようが・・

(全部、自分のことです)

自分で自分を好きになることだと思います。

反対に、「私は、幸せでない!!」と思っている方は

自分を「好きになれない人」が多いように思います。

自分の「未来を信じられない人」のように思います。

自分を「ダメ人間」だと思っている方が多いように思います。

では、なぜ「ダメ人間」になってしまうのかと言うと

常に「ダメな事」を考えているからです。

上手くいく事より、失敗をする事を考えます。

また、失敗したことを後悔し、

自分を責める方が多いようにも思います。

そして、自分を「ダメ人間」と思っている方は

「真面目な人」が多いように思います。

真面目な人たちは「反省」という名の

「自責(自分を責める思考)」をよく行います。

・自分にはできない。

・なぜ自分はこうなのだろう。

・あの時、どうしてあのような事をしたんだろう。

・あの時・・ああしておけばよかった。

・悪いのは全て私なのだ。

・私にはどうせできない。などなど・・

しかし、これを繰り返していると

そのうち、「自責」が「癖」になります。

更に、「自責」が進化すると、

「自責」が「快感」となりはじめます。

こうなると、もう手がつけられません。

ですから、「どうせ、私は・・」、

「どうせ、俺は・・」は止めて、

先ずは、自分を好きになりましょう。

誰よりも自分を愛しましょう。

どんな事が起こっても・・、

どんな失敗をしても・・、

絶対に・・、絶対に・・、自分を「責めない」ことです。

なぜなら、自分を責め続けると、

人は、自分のことが「嫌い」になるからです。

そして、自分のことが「好き」でいられない人は、

他人も「好き」になれなくなるからです。

だって、自分のことが嫌いな人が、

人を好きになれるはずがありません。

では、自分を責めないとは、どのようなことか・・

例えば、ダイエットを途中で断念したとして

「また次やーろう!!」で良いんです。

そんな時に、「また・・途中で、さぼっちゃった」

「なんて、私は意思が弱いんだろう」と自分を責めない事です。

自分を責めたからと言って、「良い事」など何一つありません。

たから、「また次やーろう!!」

「今度は、気を付けよう!!」で良いんです。

「自責」は真面目な人ほど陥る、

「人生の落とし穴」ですから気を付けて欲しいです。

そして、今まで、この様にして自分を責めてきた方は、

「私は、真面目だったからなんだ!!」

「私って、やっぱり良い人だったんだ!!」と

自分で自分を褒めて、褒めて、褒めまくることです。

「人生を幸せに生きる究極のコツ」は

人に、優しくです。

しかし、自分には、もっと・・もっと・・優しくです。

だから、何があっても・・、

どんなことが起きても・・、

「私は私が大好き・・」

「私は素晴らしい・・」

そして、「私は世界一の幸せ者」と口にすることです。

「言葉はちから」です。

その口にする言葉が

自分を好きにして・・、

自分に自信を持たせ・・、

自分を輝かせるのです。

そして、自分を愛して、人を愛せる人となり

「幸せ」を実感できる人生を送ることになるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

自分を褒める言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、自分を愛し、人を愛しましょう。

そして、人の幸せまで幸せと感じる人生を送りましょう。

「幸せになる」と言う、究極の人生目的を達成しましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰