愛の心を育む

2016年4月16日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、ありがとうございます」

そして、毎日のメルマガにお付合いを頂いております皆様方には

心より感謝しております。

ありがとうございます。

「私は世界一の幸せ者です」

<スポンサーリンク>

熊本を中心とする九州地区では大地震が続いて

甚大な被害が発生しています。

改めて、亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

そして、一刻も早い復興を心よりお祈りいたします。

この様な災害が起こるたびに、私たち人間が大自然の力の前では

いかに弱い存在なのか・・、無力さを感じずにはいられません。

しかし、私たち人間には、「知恵」があります。

そして、「愛」があり、「絆」があります。

困難の中から起ち上がって来た歴史があります。

人間は大自然の前では、小さな存在、弱い存在かも知れませんが

「起ち上がる」ことのできる強い生き物なのです。

私は、この様な災害のニュースに触れる度に、

被災された方々の一日も早い、復興を祈るとともに

自分が「生かされている」ことへの感謝と

自分も「もっと強く生きなければ」、

「何があっても、起ち上がるぞ!!」と誓います。

私は、人間に「愛」がある限り、互いに「たすけ愛」ながら

困難を乗り越えて、更に強くなっていくと信じています。

これは、私たちの人生に於いても言えるのではないでしょうか。

今、困難や苦難の中で、「もがき苦しんでいる方」が

おられましたら、人の愛を信じて、「たすけ」を求めましょう。

そして、「たすけられて」起ち上がったなら、

今度は、困っている人を・・

苦難の中で「たすけ」を求めている人を・・

「たすけ」てあげましょう。

この人間の行為こそが人間本来の姿ではないでしょうか。

ですから、「たすけ」「たすけられて」の愛の中で、

みんなで成長し続けましょう。

ところで、毎月15日は、このメルマガを通じて、

皆さんに何をお伝えしたかったか?をお話させて頂いておりましたが

昨日15日に、一昨日の『一般社団法人 たすけ愛』の発足会を受けて

何かを成す場合には、

「愛と大義」が必要だと言う話をさせて頂きました。

つきましては、今日、毎月15日のメッセージを

お伝えしようかと思っていましたが、

九州地区では大地震のニュースを見て、

思うところがありましたので、ご紹介させて頂きました。

ですから、毎月15日にお贈りさせて頂いていたメッセージは

日を改めてお贈りさせて頂きます。

最後に、再度、申し上げたいと思います。

私たちは、「たすけ愛」の中で生き、

「たすけ愛」の中で成長する動物だと言うことです。

ですから、困っている人を見たら・・、

苦しんでいる人を見たら・・

「私にできることは・・」

「私だからできることは・・」と

自分自身に問い掛け続けて欲しいと思います。

その自分への問い掛けの言葉が

人への「思いやり」と言う「愛の心」を育むことになるでしょう。

そして、その人への想いが、自分を更に成長させるでしょう。

ですから、これからも、

「言葉のちから」を信じて、

私も、みなさんと一緒に

学び !!、

歩み!!、

成長したいと思います。

※本来ならば、被災地に飛んで、何かお手伝いが出来ればと思いますが

それが叶えませんので、僅かですが『一般社団法人 たすけ愛』として

10万円を被災地に寄付をさせて頂きます。

出来る限り、有効に役立てて欲しいと思いますので

具体的な寄付内容については、後日ご報告させて頂きます。

今日も最後までお付合いを頂き、ありがとうございました。

今日も、皆様方にとって最良の一日となりますように・・

感謝 合掌

菅野宏泰