1万時間の法則 毎日が休日のように楽しい人生を送る

2016年5月22日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は日曜日で、一般的には休日ですね。

皆さんは、どんな休日を過ごすご予定でしょうか?

私は、今日は沼津で開催の『夢を語る会』に参加してきます。

来週も週末は関西方面に楽しい出張です。

戻るとすぐに海外への出張です。

昨夜も寝たのは3時近かったです。

楽しいことをしていると、

時間の経つのは「アッという間」ですね。

この様なスケジュールを聞くと、

「休みもなく、かわいそう」と思われる方も多いかと思います。

しかし、私自身は毎日、楽しんでいますので、

「毎日が休日の様な幸せな人生」を歩ませて頂いています。

なぜ、この様なスケジュールをご紹介したかと言うと

今日は、「人生は帳尻が合う」ようになっていると言う話

ご紹介したいと思ったからです。

特に若い方々に今日のメッセージを読んで頂きたいと思います。

<スポンサーリンク>

1万時間の法則 毎日が休日のように楽しい人生を送る

「若いうちに本気で働くと将来がラクになるそうです」

「人生は帳尻が合う」ようになっていると言われています。

例えば、酒の飲みすぎは肝臓を傷めます。

食べ過ぎれば太ります。

若い時は、昼夜を問わず、土日などの休日も考えずに働くことが

体力的にも可能です。

この時に、サボればサボっただけの老後が待っているそうです。

怠惰な時間を過ごせば怠惰な人生が待っている。

人生のある一時期を休むことや遊ぶなど考えず、

「自分の価値を上げること」に集中をすると、そのあとは、

「毎日が日曜のように楽しい人生が待っている」そうです。

人生には『一万時間の法則』というものが存在するのです。

「一つのことに一万時間、集中すると実力がつき、

仕事が面白くなり、人生が楽しくなる」というものです。

仕事が面白くなると「毎日が休日のような人生」となるのです。

ですから、若いうちに『一万時間』

一つのことに集中し、一生懸命働いて、

本気で身体を動かすことです。

そうすると、本物の実力が付き、本当の智恵が蓄積されます。

「一万時間」とは、約一日10時間、

一つのことに集中し、真剣に取り組むことを三年間続けると

「約一万時間」になります。

私の言う、「1000日修行」です。

たったの「一万時間」です。

たったの「三年間」です。

集中して、一つのことに取り組むと、

その人には、とてつもない力が宿る(実力)というのです。

プロと言われる方々は、

この「一万時間の壁」を皆、越えてきた方々なのです。

何でも良いんです。

できるだけ若いうちに、

自分の人生の「一万時間」を費やせるものを探し、

没頭し、費やすのです。

これからは、「フリーエージェントの時代」が訪れると思います。

自分自身を「いくらで売り込めるか?!」が必要です。

その時に、この「一万時間」が「鍵を握ってくる」でしょう。

一日、10時間、寝食を忘れて

本気で仕事に没頭する日々を三年間続けると

誰かが奪おうとしても奪うことのできない

「財産」を得ることができるのです。

だから、「一万時間」没頭し、

自分を「高く売れる財産」をつくりましょう。

「一万時間」を乗り越えて、

実力ナンバーワン、能力オンリーワンを得た人たちは

「毎日が日曜日のような楽しい人生」を送ることができるのです。

※毎日が休日とは、

決して「遊んで!!」と言うことではありません。

自分で「今日、何をやるのかを自由に選び」

「楽しくて、楽しくて仕方がない」という

日々を過ごすと言うことです。

どうですか。「良いとは、思いません?!」

三年間(一万時間)なんて、あっという間ですよ。

「良い」と思った方は、目の前の仕事に

「これは、“一万時間の奇跡”への挑戦」

「これが、人生の楽園への入り口」と言って取り組みましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が後押しとなって

「一万時間」へ挑戦する心構えができ、

昼夜を問わず、休日返上で本気で取り組む姿勢が生まれ、

実力ナンバーワン、能力オンリーワンという財産ができるのです。

そして・・、

「毎日が休日」のような楽しい人生を歩むことになるのです。

「一万時間の修業」が「楽園の人生」を与えてくれるのです

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

「一万時間」に挑む言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、目の前の仕事に本気で、

真剣に取り組みましょう。

そして、「毎日が休日のような楽しい人生」を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰