時の流れの速さ 未来が今の自分を輝かせてくれる

2016年5月25日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今月も、もう25日ですね。

一ヶ月が「アッという間」です。

「時の流れ」が速く感じるのは、歳を重ねたせいでしょうか?

今週末は関西方面への出張ですし、来週の週末はマニラです。

来月も、沖縄出張、香港出張、

再来月には、カンボジア訪問も予定しています。

また『一般社団法人たすけ愛』のホームページの資料作り、

勉強会や説明会の開催など、やらなければならないことも多く

先月末に引越しをした荷物の片付けが全然できていません。

こうしてみると「月日の流れ」が速く感じるのは

「歳のせい」だけでもないような気もします。

そこで今日は、「時の流れの速さ」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

時の流れの速さ 未来が今の自分を輝かせてくれる

「時の流れ」は・・、

ある人には、止まったように「ゆっくりと流れ」

ある人には、「矢の如き速さで流れ」ているように感じます。

この「時(とき)の速さ」は、

その人のそれぞれの「欲の量」に関係しているように思います。

「これから、やりたいこと」、

生きているいる間に「やり遂げたいこと」が多い人ほど

「時の流れ」が速く感じるのではないでしょうか。

私は今、何故この様に動いているかと言うと

70歳~75歳で「一兆円企業」をつくるための基盤をつくり

80歳までに「一兆円企業グループ」を創り上げるためです。

「一兆円企業グループ」を創ることが、決して目的ではありません。

「一兆円企業グループ」を創るのは、多くの起業家をつくり、

「豊か」になって頂くことです。

そして、「豊かになった起業家」に社会貢献して頂きたいのです。

85歳までには、その様な後継者をたくさん育成したいと思います。

85歳になった時の自分を見据えて「今」は、その為の基礎づくりです。

要は、今の動きは、10年先、15年先、20年先を見据えての行動です。

300年先を見て経営をされている

ソフトバンクの孫さんほどではありませんが

やはり、どこを見ているかで

「時の流れの速さ」の感じ方が変わるのではないでしょうか。

人は、その日その日のために行動と思考を働かす人と・・

今月、来月のために行動をする人と・・

今の行動が、1年後・・、5年後・・、10年後・・

を見つめて行動をしている人に分かれます。

その見つめる先が、遠ければ遠いほど

時間の経つスピードが「速い」ように思います。

勘違いしないでくださいね。

どちらが「良い」とか、「悪い」とか・・

「正しい」とか、「正しくない」とか・・

「幸せ」とか、「幸せでない」と言っているのではありません。

どんな歩み方をしても「幸せな人生」を歩むことは出来ます。

私は、ただ「遠い未来」を見て、「大きな夢」を持って生きると

毎日が楽しく、充実しているからです。

ですから「充実した人生」を歩みたいと思う方は

「私は10年先に○○をするために・・」

「私は20年先に○○になりたいから・・」と

未来を言葉にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした未来が「今の行動」となって現れるでしょう。

そして、「今」を輝かせてくれるでしょう。

実は、今の自分は「過去」が作ったのではなく、

今の自分は「未来」が創っているのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

未来を語り、

ウキウキ、ワクワク、充実の人生を送りましょう。

そして、時を楽しみ、輝かせましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

私は85歳になったら、

「来世」を見据えた生き方をしたいと考えています。

いや、既に「来世」を見据えて行動しているのかも知れません。

感謝 合掌

菅野宏泰