死に方 用意!! 今日を真剣に生きるために・・

2016年6月8日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜遅くに日本に戻りました。

多くの方々から、たくさんの激励や応援のメッセージを頂きました。

幸せです。涙がこぼれます。

だからこそ、何があっても「やり抜く」と「覚悟」を決めました。

今回の出張は、大きなアクシデントを抱えながらの出張でしたので

気の休まる時間のないまま、多くの人たちと会って来ました。

この様な時だったからでしょうか、

気付き、学びがいつもより多かったと思います。

意義のある出張になりました。

昨日は、「覚悟」についてご紹介させて頂きました。

しかし、今から70年以上も前に、

私の覚悟など「霞んで」しまいそうな

「大きな覚悟」をして生きた若者たちがいたことを知りました。

今日は、その彼らの覚悟から学びたいと思います。

<スポンサーリンク>

死に方 用意!! 今日を真剣に生きるために・・

片道の燃料しか積んでいない戦艦大和。

それに乗り込んだ若い兵士に向かって、

「もう二度と帰ってこれないだろう」

「母や父、妻や子供に、最後の別れを

故郷に向かって叫びなさい。」

「今日だけは泣き叫ぶことを許す。」

「死に方用意!!」

上官は言いました。

片道切符を手に「大切なものを守るために・・」

「大切な人を守るために・・」

「死を覚悟」して戦地に向かう彼らの心中と

「死に向かう勇気と決意」を想うと

私の「覚悟」など些細なことに思い、霞んで見えます。

有り難いことに、私たちの多くは、

幸運にも戦争を経験せずに一生を終える事ができそうです。

本当に、有り難いことです。

しかし、本当に私たちは

「死に方用意!!」をしなくても良いのでしょうか。

突然死!!

交通事故!!

航空機事故!!

事件!!

病気!!

天災!!などなど、

私たちだって、明日、生きている保証など何一つありません。

だとしたら、与えられた『今日』を・・、『今』を・・

真剣に生きなければ、ならないのではないでしょうか。

「死に方用意!!」をすると、

きっと、今、やらなければならないもの・・

自分にとって大切なもの・・など

「見えないものが見えてくる」のです。

「気付いていなかったことに気付く」のです。

そして、「この与えられた人生がいかに大切か」に

気付くのではないでしょうか。

今回のアクシデントでも、私にとって

「何が大切なのか?」

「誰が自分のことを考えくれているのか?」

「今、何をすべきなのか?}

「誰を大切にしなければならないのか?」などが見えてきました。

「覚悟」をすると、「見えないものが見え」

「一番大切なものが何か?」

「今やらなければならないことは何か?」が判るのです。

ですから、私たちも一度、心の中で、

「死に方用意!!」と叫んでみてはいかがでしょうか。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が「見えないものを見させてくれる」でしょう。

すると、 今日という一日を・・

もっと真剣に生きなければならないことに気付くでしょう。

そして、大切な方に・・、自分に・・、

もっと優しくなれるでしょう。

それが、一日、一日を輝かせて生きることになるでしょう。

「死に方用意!!」が人生を輝かせてくれるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「死に方用意!!」と心の中で叫び

ウキウキ、ワクワク、「見えないものを見つけ」

一日を真剣に生き、輝かせましょう。

そして、輝きの人生を送りましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

今日も、「死に方用意!!」の覚悟で

真剣に生きることを誓います。

感謝 合掌

菅野宏泰