過去の評価を変える これから が これまで を決める

2016年7月25日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

7月最終の一週間がスタートしますね。

子どもたちの夏休みも始まって、お母さん方にとっては

いろいろと心配事が増える時期でもありますね。

さて、話は変わりますが今週の『成幸者の集い』は

(7月28日(木)19:00~21:00)

外部から講師を招いての勉強会となります。

講師は柏木経子(かしわぎ けいこ)さんです。

柏木さんは、親が経営する老舗結婚相談所に勤務しながら、

20代で会員制通販会社に参画、年商30億円にまで育てあげました。

その経験を活かし、販売促進のプロフェッショナルとして

全国で講演活動を行う一方、

平成24年5月、「いい女製作会社」のコンセプトを実現させるため、

(株)HAITON Industry を設立。

女性の幸福応援プログラムの研究開発に取組んでいます。

また、女性の起業支援にも力を注いでいる方です。

クライアントやセミナー参加者からは、

独自の恋愛・結婚アドバイスにより、「青山の母」の愛称で呼ばれ

良き母・良き妻・良き女性経営者として活躍する

魅力的で素敵な女性です。

今回のテーマは『婚活事情と婚活ビジネス』についてお話しを頂きます。

起業を目指す女性はもちろん、

恋人ができない

恋愛が長続きしない

恋人との関係がシックリいかない

パートナーともっといい関係をつくりたい

結婚に不安を感じる、などでお悩みの方

参加費は無料ですので是非、ご参加下さい。

参加ご希望の方は、下記まで「参加希望」とメールを下さい。

kotobawachikara※gmail.com

※を@に変えてください。

詳しい会場案内をお送りさせて頂きます。

さて、今日のメッセージですが

スーパードライの大ヒットで上げ潮に乗った

アサヒビールの経営を担い、同社の地位を盤石のものにされた

福地茂雄(ふくち しげお)氏の語る

「問題や困難への向き合い方」、「20代の過ごし方」を

ご紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

「これから」が「これまで」を決める

この年になり、人生を振り返って実感するのは、

「解決しない問題はない」ということです。

だから親から頂いた命は、大切にして欲しいです。

これが若い方々に一番にお伝えしたいメッセージです。

若い時は難しい問題に直面すると、

それが一生続くかのように思いがちです。

しかし、大半は、

一人では解決できないか?

今すぐに解決できないか?

今までのやり方で解決できないか?のいずれかなのです。

ですから、一人で解決できなければ、人様の知恵を借りる。

今すぐに解決できなければ、タイミングを見極める。

今までのやり方で解決できなければ、やり方を変えてみる。

解決の方法はいくらでもあるはずです。

そのことを悟って以来、

物事に割合と恬淡(てんたん)としているからか、

妻からはよく「あなたにはストレスがないの?」と言われます。

※恬淡とは、欲が無く、物事に執着しない ことです。

もちろんストレスはあります。

人間は生きている限りストレスと無縁でいることは出来ません。

しかし、そのストレスも解決しない問題はないという意識で

向き合うことによって、いつまでも引きずらなくて済みます。

以前に懇談させて頂いた理学博士・佐治晴夫先生のご著書

『14歳のための時間論』の帯に

「あなたの『これから』が、

あなたの『これまで』を決めるのです」という言葉があります。

「これまで」が短く、「これから」が長い20代の方々には、

たくさんのチャンスがあります。

仮に失敗してもいくらでも取り返すことができます。

だからこそ、失敗を恐れずにチャレンジして欲しいのです。

とはいえ、新人時代というのは、日々の仕事に精いっぱいで、

最初からしっかりした志を抱いている人は少ないかもしれません。

私も最初は「志」などありませんでした。

ただ自分の足下だけを見て、毎日懸命に仕事をしているうちに、

道が開けていったというのが実感です。

私が京都支店長になったのは、アサヒビールの実績が過去最低で、

キリンビールのシェアが6倍もあった時でした。

その時、私がいつも部下に言っていたのは、

「いくら向こうが6倍と言っても、

支店長や担当の人数まで6倍であるわけではない」

つまるところは、「一対一の勝負であり、

何も恐れることはない」ということでした。

「とにかく自分の足下をしっかり見て、

目の前の仕事に懸命に取り組むことが大事なのだ」でした。

(福地茂雄)

私たちは「未来は変えられるが、過去は変えられない」と

よく口にしますが

私も、福地氏の言うように「未来を変えること」で

「過去は変えられる」と信じています。

過去にどんな失敗をしようが、未来で成功すれば

私たちは、成功者として名が刻まれるのです。

ですから、若者には、

どんなことにも失敗など恐れずに挑戦して欲しいものです。

目の前に起こる問題で、解決しない問題などはないのです。

解決できないのは、一人だからかも知れません。

今すぐには、解決できないだけかも知れません。

または、やり方が違っているのかも知れません。

ですから、問題解決の道は必ず見つかるのです。

上手くいかなければ、人の力を借りて・・、好機を待ちながら・・

やり方を考えればよいのです。

その為には、目の前の問題に全力で取り組むことです。

そして、その問題に対しては、

「この問題は私を成長させるあるのだ」

「私の未来を変え、過去を変えてくれるためにあるのだ」と

自分自身に語り掛けましょう。

そして、「その好機を呼び込むためには、

誰の力を借りたらよいだろう」

「どんな方法があるだろう」と自分自身に問い掛け続けましょう。

「言葉はちから」です。

その自分自身への問い掛けが

必ず、問題解決の道を切り拓くでしょう。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に

目の前の問題に問い掛け続けながら

ウキウキ、ワクワク、未来を変えていきましょう。

未来を変えて、過去の評価を変えていきましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰