二つの幸せ この世に生かされている意義を知る

2017年8月11日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜遅くに海外出張を終えて日本に戻りました。

飛行機を降りたら日本の方がマニラよりも暑く感じました。

しかし、やっぱり日本は良いですね。

今回も実りある出張となりましたが

一週間ほど日本を離れていましたのでやることが山積みです。

今日も全力投球です。

暦を見ると今日は『山の日』ですね。

今年から始まった国民の祝日です。

山の中で育った私は夏の深緑が好きです。

緑の木々の中にいるとエネルギーを頂けるような気がします。

自然からパワーが頂けます。

また、今日からお盆休みを取られている方も

多いのではないでしょうか。

私も今年は義父の新盆ですので

明後日には福島に戻って墓参りをして来ます。

そして、山の木々とご先祖様からエネルギーを頂いて

今年の後半も元気に乗り切りたいと思います。

今日は、私が尊敬する偉人の一人、

オードリー・ヘップバーンが、最後のクリスマスに

家族に贈ったメッセージをご紹介しましょう。

もともとは、牧師で作家でユーモア俳優の

サム・レヴァンソンが産まれたばかりの孫娘に

孫娘の成長を願って、祝福の言葉に選び贈ったものだそうです。

とても素敵な詩(言葉)です。

皆さんとシェアしたいと思います。

<スポンサーリンク>

二つの幸せ この世に生かされている意義を知る

「魅力的な唇になるために、やさしい言葉を話しなさい。

愛らしい目を持つために、人のよいところを探しなさい。

おなかを空かせた人に食べ物を分けてあげれば、

身体はほっそりするよ。

一日一回、子どもが指で梳(す)いてくれれば、

髪はつややかになる。

決して、一人では歩いていないことを知れば、

弾んだ足取りで歩けるはず。

おまえの未来のために伝統を残しておこう。

愛情を込めた人のやさしい慈しみは、

けっして失われることがない。

物は壊れたらおしまいだけど、

人は転んでも立ち上がり、

失敗してもやり直し、

生まれ変わり、

前を向いて、

何回でも・・

何回でも・・

何回でも・・

あらたに始めることができる。

どんな人も拒絶してはいけないよ。

助けがほしいとき、

必ず、誰かが手を差し伸べてくれることを

覚えておきなさい。

大きくなれば、きっと、

自分にもふたつの手があることを発見するだろう。

ひとつの手は自分を支えるため。

もうひとつの手は誰かを助けるため。

おまえの「すばらしき日々」はこれから始まる。

どうか、たくさんの素晴らしき日々を味わえるように・・。

(サム・レヴァンソンの手紙より)

オードリー・ヘップバーンが

人生最後のクリスマスに選んだ詩です。

素敵な詩だと思います。

ご存知の方もいるでしょうが、

オードリー・ヘップバーンは人生の後半をユニセフ親善大使として

最貧困国で貧しい子供たちの生活改善に取組みました。

「水は命です。綺麗な水は、この村の子供たちの健康なのです」

と言って井戸ポンプの普及に尽力しました。

彼女の活動を物語るエピソードがあります。

スーダンでは、井戸ポンプを「ユニセフ」と呼ぶそうです。

ヘップバーンは「このポンプは『ユニセフ』からの贈り物です。

ですから、私の名前を覚える必要はありません。

このポンプを見たら『ユニセフ』に感謝をして下さい」

と言って普及していったそうです。

彼女は自分の名声よりも

「ユニセフの活動」を知ってもらうことを優先したのです。

この彼女の奉仕の精神と謙虚さが素晴らしいと思います。

さて、話を戻しますが、

このお盆に実家に帰られる方もおられるでしょう。

きっと、あなたのおじいちゃん、おばあちゃんは

手紙に書くことも、言葉に出すこともなかったかも知れませんが

愛するあなたに、「幸せに生きてほしい」との強い想いと

願いを持っていたはずです。

だから、私たちは「いま!!、ここ」に生きているのです。

ですから、この機会(お盆)に改めて、

おじいちゃん、おばあちゃんに・・、

そして、ご先祖様に・・

手を合わせて「ありがとう」と感謝の言葉を贈るとともに・・

一つの手では自分を支え、

もう一つの手は誰かを助けるために使うと誓いませんか。

「言葉はちから」です。

その両親やご先祖様への感謝の言葉と誓いで

一つは、自分が幸せになるために・・

もう一つは、人を幸せにするために・・という

「自分がこの世に生かされている意義」を発見するでしょう。

この二つの幸せ追及の道が、

私たちをこの世に産んでくれた両親と

私たちの命をつないでくれたご先祖様への恩返しなのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に

ご両親とご先祖様に「ありがとう」と感謝の言葉を贈り

ウキウキ、ワクワク、「二つの幸せ」を追求していきましょう。

二つの幸せを実感しながら、

この世に送り出してくれた両親とご先祖様に恩返しをしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰