終戦の日に誓う 受けた恩を返して強運に選ばれる

2016年8月15日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は『終戦記念日』ですね。

昨夜、テレビで『日本のいちばん長い日』という映画が

放映されていました。

先輩たちの苦渋の決断で私たちは今、平和の中に生きています。

先の大戦で亡くなられた方、約2,300,000人。

それも多くは若者でした。

夢を捨て、愛する家族や恋人と別れて私たちの為に征ったのです。

彼らもさぞや辛かったことでしょうが

それを見送った約4,600,000人の親御さんたちは

もっと辛かったでしょう。

また、彼らを見送った愛する家族や恋人の数を入れたら

膨大な数となります。

私たちの平和は、この多くの人たちの犠牲によって手にしたのです。

ですから、何があっても

「この平和は守ます」と誓いたいと思います。

そこで今日は、彼らへの恩返しについて考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

終戦の日に誓う 受けた恩を返して強運に選ばれる

「かけた情(なさ)けは水に流し、受けた恩は石に刻め」

と言う言葉がありますが、

この言葉は強運に選ばれる為の「基本的生き方だ」と思います。

自分が人にかけた情けは、

「こうしたあげた・・」「ああしてあげた・・」などと言わず、

「忘れろ!!」と言うことです。

しかし、自分が人から受けた恩は、

「決して、忘れずに墓場まで持っていけ!!」と言うことです。

しかし・・、

「かけた情けは石に刻み、受けた恩は水に流す」

と言う方も多いのではないでしょうか。

これは、「人から受けた恩はすぐに忘れてしまい・・

自分が他人にしてあげた事を、

いつまでも恩着せがましく言って生きる方です。

さて、自分は「どうなんだろう!?」かと言うと

出来ているかどうかは疑問です。

しかし、強運になり幸せな人生を歩む為には

「やろう!!」と思っています。

それでは、日本人全体としてはどうなのでしょうか?

ある「受けた恩」を忘れ去ってはいないでしょうか?

今日は「終戦記念日」ですが

その事をどれだけの人が意識しているでしょうか。

戦後70年以上も経つと、

「戦争の悲惨さを知る人」「戦争の恐怖を体験した人」の数も

少なくなってきました。

先の大戦で亡くなった2,300,000人。

それを見送った4,600,000人の親御さん。

また、彼らを見送った膨大な数の愛する家族や恋人。

私たちは、彼らの存在を忘れてはいないでしょうか?

彼らから「受けた恩」を水に流してはいないでしょうか?

私たちの「今日の平和と繁栄」は

多くの人々の尊い犠牲によって守られたと言うことを

忘れてはいないでしょうか?

この「今日の平和と繁栄」は70数年前は

夢と希望と未来を持った多くの若者たちが

祖国のために命を掛けて戦い、守ってくれたお陰なのです。

その受けた恩を、私たちは決して忘れてはならないのです。

この受けた恩を忘れ「強運」に選んで頂こうなんて

余りにも虫が良すぎるのではないでしょうか。

「恩」を忘れて、この国が

平和で繁栄し続けることが果たして出来るでしょうか?

ですから、私は「この恩を忘れず、

恩返しをしたい!!」との想いがありますから

東南アジアの国々で恩返しをしたいと思っています。

それらの国々に恩返しをすることが、彼らへの恩返しになり

この国の繁栄につながると信じているからです。

しかし、私たちには、

誰にでも出来る彼らへの「恩返し」の方法があります。

では、その方法とは・・、

彼らに「ありがとうございました」と感謝することです。

そして、「幸せになります」と誓うことです。

何故なら、彼らが命を掛けて・・

未来を捨てて・・

愛するものと別れて守ろうとしたのは・・

家族の幸せであり・・

仲間の幸せであり・・

祖国、日本の幸せだったのだからです。

ですから、本日、正午に手を休めて(忙しい方は胸の中で・・)

そして、手を合わせ

「祖国を守ってくれました皆様方、

本当に、ありがとうございました」と感謝をしましょう。

そして、「私は、必ず平和を守り、幸せになります」と誓いましょう。

「言葉はちから」です。

その感謝の言葉と誓いの言葉が

強運に選ばれ、幸せな人生を手にすることになるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「終戦記念日」の今日、

この国を守ってくれた人々に・・

感謝の言葉と誓いの言葉を発して

ウキウキ、ワクワク、恩返しをしながら

強運に選ばれ、幸せな人生を送りましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログへ起こしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。