変化し続ける 一歩高いステージへと辿り着くために・・

2016年8月27日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

子供たちの夏休みも、そろそろ終わりで宿題の最後の追い込みに

追われている子どもさんも多いのではないでしょうか。

私も9月以降の活動に向けての資料作りに追われ

連日、夜中までパソコンに向かって情報を集めています。

パソコンに向かって分かることは「変化が速い」と言うことです。

従来の考え方、やり方、そして、価値観では

「成幸」は難しいと言うことです。

時代は「持つ」から「共有する」へと変化しています。

「お金」に対しても、増え続ける貨幣経済はやがて限界が来て

縮小の方向に向かうでしょう。

「お金を持つ価値観」から「お金以外のものを持つ価値観」へと

変化していくような気がします。

いや、既に一部では変化していると思います。

その様な価値観を持った人たちが

「成幸」しているように思います。

先日、あるビリオネア(個人資産10億円以上の人)に会った時に

言っていた言葉が印象的でした。

「世間の人と同じことをしない」でした。

まさに同感です。

私も勉強会でよく口にするのが

「ブームを作ってはいけない」という趣旨の話です。

「周りの人が皆やっているから・・」に乗ってはいけないのです。

だから、自分で学び、変化を感じ、変化に対応し、

変化を創っていかなければならないのではないでしょうか。

そこで、今日は「変化」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

変化し続ける 一歩高いステージへと辿り着くために・・

昔の学校の校庭には、薪を背負い、本を読む

二宮金次郎の銅像がよくありましたね。

そして、「金次郎のように『勤勉な人』になりなさい」と

先生や親から言われ方も多いのではないでしょうか。

では、「勤勉な人」とは、

果たして「どのような人?」を言うのでしょうか。

「勤勉な人」とは「一所懸命働く人のことだよ」と言ったのは

「20世紀のこと」です。

21世紀は、成果を出すために

「楽しく仕事をする工夫をする人」のことを言います。

何故なら、楽しくなければ成果は出ないからです。

成果を出している人たちは「苦労を苦労だと思っていません」

「苦労を楽しみにしている人たち」です。

世間の人たちが「苦労」だと思っていることを

「楽しんでいる人たち」です。

そして、21世紀の「勤勉な人」とは

一生懸命、楽しみ・・、一生懸命「変化している人」です。

よく、「こんなに一生懸命働いているのに・・」

「苦労しているのに・・」「儲からない」という方がいますが

そういう人は、本当に一生懸命働いているのですが

一生懸命「変化はしていない」ように思います。

昔のやり方にしがみつき、

「昔はこれで売上げが上ったのに・・」などと言っている人です。

その様な人は、時間があったら

電気屋さんに行って陳列された商品を見て欲しいのです。

訳のわからない電化製品がたくさんあります。

「時代の変化」に驚かされると思います。

また、どこのチャンネルを回しても同じことをやっている

ワイドショーを見ている時間があったなら

パソコンの前に座って、世界の出来事を見ることです。

世界が凄いスピードで変化していることに気付くと思います。

固定観念を持たずに、頭を柔らかくして

「変化にワクワクする」ことです。

「次は・・、何がおこるのかなあ?」

「どんな新しいことがおこるのかなあ?」

「どんな人と出会えるのかなあ?」

「自分はどんなに成長するのだろうか?」と

変化にワクワクしながら楽しむことです。

水は氷点下にあれば「氷」になります。

沸騰すれば「蒸気」になります。

そして、水はどんな形にもなります。

水は、周りの環境を見極めて、いかようにも変化します。

私たちの体は、70%が水です。

ならば、私たちも「何」にでも変化できるはずなのです!!

だから、変化しましょう。

今に満足することなく、「変化」しましょう。

「変化」し続けて「進化」しましょう。

その為には、常に新しいことに「これ、やってみよう」

「これに、挑戦してみよう」と口にして行動することです。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が「新しいこと」へ挑戦する決断を促すのです。

未経験を経験することで人は変化に気付くのです。

変化に気付いたら、次の変化に挑戦する楽しみを知るのです。

そして、変化し続けると一歩、高いステージへと進化するのです。

私たちは、変化をしながら進化し続ける動物なのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「やってみよう!」「挑戦してみよう!」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、変化を楽しみましょう。

変化を続けて、進化しましょう。

そして、一歩高いステージへと辿り着きましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログへ起こしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。