人生の肥やし 上手くいったら成功 上手くいかなかったら大成功

2016年9月10日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は、ある方の事業の進捗状況を聞き、

アドバイスするのが目的で会いましたが

スタート数ヶ月で黒字化の目途が立ったとの嬉しい報告と

新しいことに挑戦しようとする意欲に

私の方が良い刺激とやる気を頂いて来ました。

本当に、ありがとうございました。

そして夜は、『一般社団法人 たすけ愛』の木崎理事長のお誘いで

あるミーティングに参加をさせて頂きました。

参加された方は、誰もが知る某ベンチャー企業の子会社の社長様。

10年以上海外に自動車の部品などを輸出されている会社の社長様。

某大手クレジットカード会社の海外戦略部門の担当役員様。

木崎理事長を師と仰いでいる方々のミーティングでした。

皆さんが海外で事業展開をされている方でしたので話題は主に

「東南アジアでのビジネス展開」と

「時代の流れにどう対応していくか?」でした。

そして最後には、これからの時代を乗り切るには

『たすけ愛』が必要だという認識で一致をしました。

皆様方とは、これからいろんなことで相談させて頂いたり

お力をお借りすることもあると思います。

または、一緒にビジネスをさせて頂くことになるかも知れません。

また一つ、力強いビジネスパートナーを得た想いです。

本当に、楽しく有意義な時間を過ごさせて頂きました。

この様な機会を与えてくださった木崎理事長と

快く招いてくださった皆様方に心から感謝いたします。

ありがとうございました。

昨日のメッセージでは

「智慧を身に付けましょう」と言う話をさせて頂きました。

そして、その為には「たくさんの失敗(経験・体験)をしましょう」

とも話させて頂きました。

そこで、今日は「その失敗がいかに大切か?」を

作家の北方謙三(きたかた けんぞう)さんから学びたいと思います。

<スポンサーリンク>

人生の肥やし 上手くいったら成功 上手くいかなかったら大成功

体験というのは、たぶん小説を書く時の10%ぐらいの核には

なっていると思います。

あとはその体験に、いろんな願望や想像力が加わって

小説になっていくんだろうと思いますね。

ですから、私の二十代の10年間というのは、

肉体労働をしながら、ただひたすら小説を書き続けたわけです。

その間の「ボツ原稿」がどのくらいあるかというと、

四百字詰めの原稿用紙を積み上げて背丈を越えます。

そういう不遇の時代があったからこそ、

その後の創作のエネルギーに繋がっていったんだと思います。

あの十年間はいったい、何だったのかとよく考えるんです。

そして、あれが青春だったのだと思います。

青春というのは意味のあることを成し遂げることじゃないんです。

どれだけ馬鹿になれたか。

どれだけ純粋で一途になれたか。

それが、あの背丈を越えるボツ原稿だとしたら、

捨てたもんじゃないと思いませんか。

青春時代にすべてを完成させようと思っていると、

チマチマと小さくまとまった生き方になってしまうと思うんです。

けれども、私は10年間馬鹿になって突っ走った。

転がっては突っ走り、転がっては突っ走り、

それの集積が背丈を越えるボツ原稿の山です。

これは、なかなかのものだと思うんですよ。

(北方謙三)

皆さんもご存知のように、北方謙三氏は

「ハードボイルド小説の旗手」として人気の作家です。

彼の書いた『北方版、三国志』『水滸伝』など大長編大作は

「日本の大衆小説の最高峰」と評されています。

第9回司馬遼太郎賞も受賞しています。

そんな北方氏にも、作品として世に送り出せなかった

『ボツ原稿』が背丈を越えるほどあったのです。

いや、その『ボツ原稿』が数々の素晴らしい作品を

次々と生み出したのではないでしょうか。

私たちは、「上手くいかないこと」を嘆きますが

実は、これらが肥やしとなって大きな果実を実らせるのです。

どれだけの経験、体験(失敗)を積んだか?で

人生で手にする果実の質と量が変わるのです。

ですから、上手くいったら「成功」と

上手くいかなかったら『大成功』と言って喜びましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉で

上手くいかなかったことは肥やしへと変るでしょう。

自分の人生に与える肥やし(失敗)の量で

人生で手にする果実の量と質は決まるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて、

上手くいかないときこそ

明るく、元気に

「大成功」と言って

ウキウキ、ワクワク、成功の種へ肥やしを与えましょう。

成功の種に肥やしをあげて、人生に大きな実を実らせましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログへ起こしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。