万事研修 自分を変えて人生を変える

2016年10月15日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日、久しぶりに青空が広がって素晴らしい秋晴れです。

土曜日でもありますから、お出掛け日和ですね。

大切な人とどこかに出掛けてみてはいかがでしょうか。

また今日、10月15日は『たすけあいの日』です。

全国社会福祉協議会が1965(昭和40)年に制定しました。

日常生活での助け合いや、地域社会でのボランティア活動への

積極的な参加を呼びかける日です。

私たちの『たすけ愛』も積極的な活動をしていきたいと思います。

そして今日は『ミリオン倶楽部』についてご紹介をします。

『ミリオン倶楽部』は会員制の勉強会です。

目的は「億万長者を量産し、社会の繁栄に貢献する」ことです。

億万長者になるための考え方や心構えを学ぶと共に

実際に稼いでいる方々の実体験を聞いたり

実践行動するための情報や知識を提供して参ります。

全国での開催を考えていますが先ずは東京からスタートします。

東京地区の勉強会は毎月第三木曜日の夜を考えています。

会員制ですので勉強会への参加は原則、会員のみとなります。

会員になるためには入会金3万円と年会費2万円が必要ですが

『たすけ愛』の正会員の方は入会金は免除となります。

※『たすけ愛』の正会員登録は2万円ですから

『たすけ愛』に登録されてから入会することをお勧めいたします。

来週10月20日(木曜)の『成幸者の集い』では

『ミリオン倶楽部』の説明を行います。

興味のある方、真剣に資産をつくりたいとお考えの方は

時間をつくってご参加ください。

説明会ですので参加費は無料ですからご安心ください。

11月24日(第3木曜日)の勉強会では

資産運用の講師を外部から招いての勉強会を計画しています。

年内の勉強会は無料での開催を考えていますので参加されて

「入会の価値がある」と思われた方はご入会ください。

さて今日のメッセージですが

昨日は松下幸之助氏の話をご紹介させて頂きましたが

その松下氏のもとで指導を受けられた上甲晃(じょうこう あきら)氏

のある体験から学びたいと思います。

上甲氏は電子レンジの営業課長から、政治家育成のための

『松下政経塾』の塾頭へと抜擢された方です。

<スポンサーリンク>

万事研修 自分を変えて人生を変える

「(そんな大役を)素人の自分には出来ない」と

悩んでいた上甲氏ですが

「素人だから新しいことが出来る」と確信をしていた

松下幸之助氏に出会って

「できない理由」を考えるより

「できる理由」を考えることが大切だと知ったそうです。

現在は『志ネットワーク』の代表として

日本の若きリーダーの育成に尽力しています。

その上甲氏が大切にしている言葉が『万事研修』です。

「あらゆることが自分の学び」だと言うことのようです。

そんな上甲氏も塾頭時代には「あんな人は辞めてほしい」と

思う人もたくさんいたと言います。

その考え、心を変えたのが「ある体験」だったそうです。

「松下政経塾で14年間「塾生」を育ててきた中で、

やる気のない人を教育するのも難しいが、

自分に自信のある人を教育することの難しさを痛感しました。

自分は偉いと思い込んでいる人は、素直に言うことを聞かない。

松下政経塾には当初、エリートを自認して

偉そうにしている塾生がたくさんいました。

人の言うことを聞かず、理屈が多く、

指導には大変苦労をしました。

そんな私に大きな示唆を与えてくださったのが

マザー・テレサでした。

マザー・テレサの言葉に、常々深い感銘を受けていた私は、

この人に会いたいという思いを募らせ、

ついに後先も考えずにインドのカルカッタへ渡りました。

彼女に直接、どうしても聞いてみたいことがあったからです。

当時のカルカッタは人口1千万人のうち200万人が路上生活者。

至るところに生死も分からない行き倒れの人が転がっていました。

全身から膿を出している人。

ウジ虫の湧いている人。

とても側に寄れたものではありません。

しかし、マザー・テレサと仲間のシスターたちは、

一番死に近い人から順番に抱きかかえて、

死を待つ人の家に連れて行き、体を綺麗に洗ってあげ、

温かいスープを与えて見送るのです。

せめて最期の瞬間くらいは「人間らしく」と願ってのことでした。

運よく、カルカッタの礼拝堂でマザーに面会することのできた私は

「どうしてあなた方は、

あの汚い、怖い乞食を抱きかかえられるのですか?」と尋ねました。

マザーは即座に、

「あの人たちは乞食ではありません」とおっしゃるのです。

私は驚いて「えっ、あの人たちが乞食でなくて・・

いったい何ですか?」と聞くと、

「イエス・キリストです」とお答えになったのです。

私の人生を変えるひと言でした。

マザーは更にこうおっしゃいました。

「イエス・キリストは、この仕事をしているあなたが

本物かどうか、

そして、この仕事をしているあなたが

本気かどうかを確かめるために、

あなたの一番受け入れがたい姿で、

あなたの前に現れるのです」

目から鱗が落ちる思いでした。

マザーの言葉を伺った瞬間、私が松下政経塾で、

「あんな人は辞めて欲しいと思っていた塾生」が、

実はイエス・キリストであったことに思い至ったのです。

自分はこれまで、他人を変えようとするあまり

どれほど人を責めてきたことだろうか。

しかし、いくらそれを続けたところで

「人を変えることはできない」

人生でただ一つ、自分の責任において変えられるのは

「自分しかない」

常に問われているのは、自分から変わる勇気を持てるかどうか。

このことに気づいた途端、心が晴れ晴れとしてきたのです」

(上甲晃)

上甲氏の体験、そして気付きと学びはいかがだったでしょうか。

私たちは「変化しなければならない」ことは判っていますが

「変化すること」を恐れます。

特に自分自身を変えることは大変に勇気がいることです。

そして、何かが起こると「誰かのせい」にしたがります。

しかし、それでは自分は変わることは出来ないのです。

成長することは出来ないのです。

だから、目の前に何か嫌なことが起きたなら

「これは神様からのプレゼント!、有り難い!!」

「私を成長させるための贈り物」

「ありがとう」と感謝の言葉を先ずは口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が

「自分を変えてくれる」切っ掛けとなるのです。

自分を変えることで更に進化し、成長することが出来るのです。

自分を進化させ、成長させることで

人生を変えることが出来るのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

感謝の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、目の前の全てを気付きと学びにしましょう。

気付きと学びで自分を変え、更に成長しましょう。

そして、人生を変えていきましょう。

今日は最後に、次の言葉を贈ります。

「変えられないものを受け入れる心の静けさと

変えられるものを変える勇気と

それらを見分ける英知を我に与えたまえ」

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。