人生は喜劇 ハッピーエンドで終わるための悲劇

2016年11月6日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

皆さん、ただ今帰りました。

今日のメッセージは成田空港のロビーより贈ります。

今朝、プノンペンから戻り、一緒にツアーを楽しんで頂いた

皆さんと別れて、一人コーヒーショップで書いています。

今回のツアーは、私にとって、非常に実り多いものとなりました。

多くの子供たちの笑顔と目の輝きに元気を頂いて来ました。

凄い勢いで発展するプノンペンの街の人々のエネルギーに

夢と希望が湧いて来ました。

そして、この国の魅力と未来に

ビジネスチャンスの可能性を見ることが出来ました。

また、行動を共にして頂いた仲間たちからは

人への思いやりと心の温かさを感じさせて頂きました。

本当に有り難い人生を歩まさせて頂いていると

心から感謝する旅となりました。

改めて、私は幸せな人生を歩ませて頂いています。

世界一の幸せ者です。

行動を共にして頂いた皆さん、本当にお疲れさまでした。

そして、出会った全ての皆さん、ありがとうございました。

日本に戻り、今回の旅を振り返りながら

今日のメッセージの原稿探しをしていると

人生について語られた言葉を見つけましたので

今日は、人生の捉え方について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

人生は喜劇 ハッピーエンドで終わるための悲劇

「人生は、必ずしも思うようになるとは限らない」

これは、オードリー・ヘプバーンの名を一躍有名にした

不朽の名作映画『ローマの休日』の中で語られた言葉です。

「人生は、思い通りに行くことよりも、

思い通りに行かないことの方が多いんだよ」

この言葉は、多くの人が口にする言葉ではないでしょうか。

私も、トラブルやアクシデントに会う度に思った言葉です。

しかし、65年の人生を歩んでみて、いま思うことは

全ては「思い通りの人生に向かわせるため」に

あったと言うことです。

自分の人生を振り返ると、過去のトラブルやアクシデントも

全ては「今のため」あったのです。

また、「今」も自分の望む人生のために用意されているのです。

全ては「今、思っている人生のため」にあるのです。

全ては、自分の「思い通りの人生を歩む」ために用意され

「思い通りの人生に向かって」私たちは歩んでいるのです。

しかし、その為には必要なものがあります。

私たちは「望んでいるか?」「望んでいないか?」は別にして、

私たちの潜在意識にある思いが、全ての現実を作り出しています。

顕在化された事象とは、全て自分が思ったことに他なりません。

ですから、私たちが人生を思い通りに歩むためには・・

思い通りの人生に自分を向かわせるためには・・

“自分のあるべき姿”を明確に描き、

その為に“あるべき自分”や“あるべき環境”が

「どうあるべきか?」を考え続けなければなりません。

しかし、そうは言ったって、

「なかなか思い通りには行かないよ」と

言われる方がおられるかも知れませんが

それは、一つ一つの現象だけを捉え、

短期的な視点で見るからではないでしょうか。

人生という長い視野に立って見た時には、

「自分の思いの人生に向かって歩んでいる」

のは事実なのです。

そして、「思い通りの人生」を手にすることになるのです。

喜劇王、チャーリー・チャップリンも

人生について、次のように言っています。

『人生は、クローズアップで見れば悲劇だが

ロングショットで見れば喜劇』だと

人生は、一つ一つの現象だけに

クローズアップして見れば、悲劇かも知れませんが

人生というロングショットで見れば、

ハッピーエンドの喜劇なのです。

ですから、なにかアクシデントが起こったときには・・

または、「思い通りに行かない」ときには・・

「人生は喜劇」

「全ては、ハッピーエンドで終わるための出来事」

「この悲劇を楽しもう」と口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉で、人生を「ロングショット」で

見ることが出来るようになるでしょう。

すると、全ての悲劇は、「ハッピーエンド」で終わるための

「一コマ」に過ぎないことに気付くでしょう。

「思い通りいかないこと」が

「思い通りの人生に向かわせている」のだと知るでしょう。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

人生は「ロングショットで見れば喜劇」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、「思い通りに行かない」ことも

楽しみに変えていきましょう。

「思い通りにいかない」ことを

「思い通りの人生への一歩」にしましょう。

そして、「ハッピーエンド」で人生を終えましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。