信じるちから 神様からの贈り物に備えて脳力を磨く

2016年11月17日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は『ボジョレーヌーボーの解禁日』です。

ワイン好きには、待ちに待った日ですね。

ボジョレヌーボーとはフランス、ブルゴーニュ地方の

ボジョレー地区で製造される新しいワインのことです。

解禁日を設けたのは、熟成前に出荷するのを防ぎ

ワインの品質を守るためのようです。

解禁日は11月15日だったのですが

1985年から第3木曜日に改定されました。

ボジョレーヌーボーの解禁は日付け変更線の関係で

原産国のフランスよりも日本が早いのです。

ワイン片手に美味しい料理と楽しい会話で

秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょうか。

私は、秋の夜長を苦手としているSNSに挑戦しようと

毎夜遅くまでパソコンと向かい合っています。

誰かに指導して頂ける方がいると嬉しいです。

そして、今日は『ミリオン楽部』の勉強会です。

多くの方にご参加頂けそうです。

『ミリオン楽部』は「億万長者を量産する」ことが目標です。

目的は、世界は今、グローバル化から

国家主義、民族主義に時代が逆戻りしていると思うからです。

その原因は「格差」が広がっているからだと思います。

この格差をなくさなければ平和な世界は実現しないと思います。

ですから、多くの方々に豊かになって頂き、その豊かさで

弱い立場の人々の力になって欲しいと思います。

これは「理想ではなく、実現しなければならないこと」であり

実現できると確信しています。

何故なら、私は二つのことを信じているからです。

そこで今日は「信じるちから」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

信じるちから  神様からの贈り物に備えて脳力を磨く

私は「二つのことを信じている」と書きましたが

それは「何か?」ですよね。

その一つは「神様からの贈り物」であり、

もう一つは「自分に備わっている力」です。

私は「弱き者のちから」になっているならば

神様は「チャンスという贈り物」を

必ずくれると信じています。

また私たちには「神様からの贈り物を活かす力」が

「必ず備わっている」と信じています。

ただ今は、未だその力を十分に発揮できていないだけなのです。

日々の仕事とは「その力を蓄える」ための訓練なのです。

私たちは日々の活動の中で

「その見えない力」を磨いているのです。

そして、いつの日か、その力が蓄えられた時に

神様は「チャンスという贈り物」を贈ってくれると信じています。

その「贈り物」は誰でも受取る資格を持っているのです。

また、その贈り物を活かす力は誰にでも備わっているのです。

では、その誰にでも備わっている

「見えない力」とは何なのでしょうか。

「あの人どうしているのかな?」と思うと電話が掛かってきたり、

夢で見た事が現実に起きたり、

突然にアイデアがひらめいたり、

この様な「不思議な体験」を皆さんも一度や二度は

しているのではないでしょうか。

この不思議な力こそが私たちに備わっている「脳力」なのです。

私たちは、自分の脳の持つ「脳力」の

4~5%しか使っていないと言われています。

私たちが、もし自分の持っている脳力の95%しか使わずに

年老いていくとしたら、余りにも勿体ないとは思いませんか?

「ない脳力」を「使いなさい!」と言っているのではありません。

私たちが既に持っている脳力なのですから・・

使わなかったら「もったいない」と言っているのです。

では何故、私たちはその能力を存分に使うことが

できないのでしょうか?

「どうせ無理だから」

「私にはできっこない」

「できなかったらはずかしい」

「努力なんてしたくない」

「忙しいくて暇が無い」

「チャレンジするのが怖い」

「周りの人がどう思うか心配だ」・・などなど。

この様な言葉で、私たちは知らず知らずのうちに

自分で「その脳力」に蓋をしてしまっているのではないでしょうか。

どんなに脳力のある人でも、やってみなければ分かりません。

アーチェリーの世界チャンピオンでも

弓が引かなければ、ただの人です。

あの天才打者イチローだって、

バットを振らなければヒットは打てません。

なんだって「やってみなければ」判らないのです。

「億万長者になる」だって同じです。

「やってみなければ」判りません。

いや、確実に「判ること」があります。

それは、「やること」で「私たちの脳力」は

確実に磨かれるということです。

世界チャンピオンだって、イチローだって

最初から天才ではなかったのです。

「出来ないこと」に、繰り返し、繰り返し、

挑戦し続けて「脳力」を磨いてきたのです。

ですから、先ずは挑戦してみることなのです。

「出来ない」から挑戦する価値があるのです。

「出来そうにもないこと」に挑戦するから脳力は磨かれるのです。

それが、いつか「見えないちから」となって

大きなチャンスでも受け入れることが出来るようになるのです。

その時に神様は「チャンス」という贈り物を贈ってくれるのです。

ですから、どんなことがあっても・・

どんなことにも・・

「自分には見えない偉大な力が備わっている」と言う言葉を口に

挑戦してみましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が「自分を信じるちから」となるでしょう。

「自分を信じるちから」が「挑戦するちから」となって

脳力が磨かれ、成長するでしょう。

その成長で、更に「信じるちから」は増すでしょう。

自分を「信じるちから」で脳力がアップした時に

神様は「チャンス」をプレゼントしてくれるでしょう。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「自分を信じる言葉」を口に

ウキウキ、ワクワク、神様からの贈り物が受取れるように

脳力を磨きましょう。

脳力を磨いて、神様からの贈り物を待ちましょう。

そして、その「チャンスという贈り物」を活かして

理想を現実の世界に変えていきましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。