長所も短所も根っこは同じ 「欠点」という名の固定観念 先入観

2016年12月24日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は一日、お客様のところの部屋にとじ込むって

新しく取り組むビジネスの説明をして来ました。

一人でも多くの方に「次のステージへ行くためのチャンス」を

プレゼントしたいとの想いで熱く語って来ました。

皆さんには、一足早いクリスマスプレゼントになったのでは

ないかと勝手に思っています。

それを「どう活かすか?」。

受け取った方の活かし方次第、未来は大きく変わると思います。

帰りには、私も美味しそうなワインのプレゼントを頂いて来ました。

そして、今宵はクリスマスイブ。

皆さんは、どんなイブをお過ごしのご予定ですか?

私のクリスマスイブの思い出と言うと・・

「♪雨は夜更け過ぎに・・雪へと変わるだろう

Silent Night, Holy NIght

きっと君は来ない! ひとりきりのクリスマス・イブ

Silent Night, Holy NIght

心深く秘めた想い 叶えられそうもない

・・・・・

まだ消え残る 君への想い 夜へと降り続く

街角には クリスマス・トゥリー 銀色のきらめき

Silent Night, Holy NIght ♪」という感じですが

今宵は、頂いたワイン片手にイエスキリストの誕生を祝いながら

この世に産んでくれた両親への感謝の夜にしたいと思います。

宗教に関係なく、イエスキリストの誕生を祝い、

両親へ感謝をして、イブを心より楽しんで頂きたいと思います。

そして、クリスマスイブと言うと口ずさむのは

♪ 真っ赤なお鼻の トナカイさんは

いつもみんなの 笑いもの

でも その年の クリスマスの日

サンタのおじさんは 言いました♪

暗い夜道は ピカピカの

おまえの鼻が 役に立つのさ

いつも泣いてた トナカイさんは

今宵こそはと 喜びました~ (^^♪ ですね。

真っ赤なお鼻が欠点だと思っていたトナカイさんは

その欠点が「誰かの役に立つ」ことに気付かせて頂きました。

そこで今日は、自分の欠点や短所を長所に変えるには

どうすれば良いかを考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

長所も短所も根っこは同じ 「欠点」という名の固定観念、先入観

そこのあなた・・

頑張りすぎていませんか?

無理をしすぎてはいませんか?

急ぎすぎてはいませんか?

頑張らなくても成功する人、頑張っても成功しない人。

その違いは、ほんのわずかなことだそうです。

自分の欠点を責めてはいませんか?

短所や欠点が、実は長所と根っこは同じなのです。

そのことに気づくことが欠点や短所を長所に変え、

成功する、いちばんの近道のようです。

“自分が短所や欠点だと思っているもの”は

実は、自分に備わった特別な能力なのです。

言葉を代えると、あなたが備えている「個性」なのです。

はじめから短所や欠点という色めがねで見た、

偏ったものの見方や考え方の結果でしかないのです。

はじめから、自分の性格や癖を「欠点」という固定観念や先入観で

決めつけているのではないでしょうか?

もちろん、自分の短所や欠点を言葉の言い回しを変えて、

ごまかしてしまって良いと言っているのではありません。

もし、その短所や欠点だと思っているもので、

周囲に迷惑をかけているなら、

最大限の注意を払うのは、人として当然のことだと思います。

だからと言って、必要以上に自分を責めることはありません。

間違いだとわかったら、その時点で考えを改め

行動を変えればよいのです。

では、自分の短所や欠点を長所に変えるには、

どうすれば良いのでしましょうか。

先ず、紙とペンを用意して、自分の短所や欠点と思えることを

思いつくままに書いてみてください。

自分のことを“いいところなんて一つもない”と思っている方なら

10個や20個くらい簡単に書き出せるのではないでしょうか。

そして書き出した自分の短所や欠点と思っていたものを、

ひとつずつ眺めてみましょう。

眺めているうちにきっと気づくことがあると思います。

欠点だらけだと思っていたのに、ひとつひとつ見ていくと、

似たような短所や欠点がたくさんあるというです。

例えば「自分の考えをはっきり言わない」「人の意見に流される」

「引っ込み思案」「決断が遅い」「優柔不断」「臆病」などなど。

表現は違うけれど、意味合いが同じだというものが

いくつもあることに気付くでしょう。

あるいは、根っこは同じというものがいくつもあるはずです。

そうやって整理していくと、自分の短所や欠点は

思ったより少ないということに気づくはずです。

どれも、それが現れる状況や言い方は違うけれど、

根っこは同じなのです。

こういった、短所や欠点をそれぞれ別々のものと考えているから、

「自分は欠点だらけ」だと思えてくるのです。

ですから、書き出した短所や欠点を眺めながら、

根っこが同じに思える欠点や、共通している部分が多い短所を

ひとくくりにして、グループ化してみましょう。

きっと、最初に比べて、少なくなったと思います。

中には、グループが1個だけになった方もいるかも知れません。

もちろん、たくさんあっても何も心配はいりません。

それが出来たら、次にグループ化した短所や欠点に

ラベルをつけてみましょう。

ラベル名は、そのグループを代表する短所をそのまま使いましょう。

先の例で言えば「優柔不断」とかが分かり易いと思います。

それらのラベルを改めて眺めていると

ぼんやりとした人物像が浮かんでくると思います。

それが、あなたが自分に対して感じている自己イメージです。

自分の固定観念の色めがねを通して見ていた自己イメージです。

では、このイメージをどうすれば

長所に変えることができるのでしょうか。

これらの欠点は、ある人にとっては欠点や短所かもしれませんが

ある人から見れば、

「自分が自分がとでしゃばらずに、人の意見にも耳を傾ける

心の余裕を持った思慮深さと優しさのある人」と映るはずです。

欠点と思っていたものは、その人の長所であり、個性であり、

その人の持つ人物像の一つだったのです。

今は、それを自分の欠点や短所としか見ていないけれど、

そのことに気づけば、自分に自信が持てるはずです。

そうなのです。

長所も短所も根っこは同じなのです。

この世に、欠点や短所ばっかりの人なんて

どこにもいないということです。

本来、長所であるべきはずのものが、

短所の顔をして前に出てしまっているだけなのです。

言い換えれば、せっかくの自分の長所を、

つまらない思い込みで勝手に短所にしてしまっていたのです。

あなたの長所は、あなたが生まれてから今日まで、

ずっと変わらずあなたの心の中にあったのです。

そのことに気付いたら、自分が欠点だと思っていたことを

「これは、私の長所」

「これが、私の素晴らしいところ」と口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が、欠点だと思っていたこととが

自分の長所だったことに気付かせてくれるです。

その言葉で苦手意識から解放されて、

自分自身に自信を持つことが出来るです。

そして、自分の信じた道を前を向いて歩むことが出来るのです。

その道が成幸へと続く道なのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

自分の欠点を・・

明るく、元気に

「これが、私の長所」と言って

ウキウキ、ワクワク、自分の苦手意識をなくしていきましょう。

苦手意識をなくして自信を持って、

自分の信じた道を歩み続けましょう。

そして、人生の成幸者となりましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。