ありがとうございました

2016年12月31日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今年も一年間、ありがとうございました

今日は、大晦日ですね。

今朝も、今年最後の日の出を眺めながらメルマガを書いています。

今年も一年間、皆様方にはこのメルマガにお付合いを頂き

心より感謝しております。

本当に、ありがとうございました。

こうして、今年も無事に一年が終えようとしています。

本当に有り難いことです。

皆さんは、新年を迎える準備はお済みでしょうか?

私は、これから近くの氏神様に行って

「今年も一年間、無事に過ごすことが出来ました。

本当に、ありがとうございました」とお礼を言って来ます。

そして「来年は更に飛躍の年にします」と誓って来ます。

神殿に向かって、過ぎ行く一年に感謝をし、来る年に飛躍を誓う。

歌手の谷村新司さんも、大晦日の一年最後の行事は、

神社へのお参りだそうです。

神殿の前で「一年間、無事に仕事が出来て、

ありがとうございました」と感謝の言葉で締め括るそうです。

私たちは、困りごとがあると神仏に「お願いします」と

お願いをしがちですが

本当に神仏に言わなければならないのは「願い事」ではなく、

「感謝の言葉」だそうです。

私にとっても、年に一度の行事ですから、

この行事は、これからも大切にしたいと思います。

ところで皆さんにとって、この一年はどんな年だったでしょうか?

年初の計画通りの一年になりましたか?

納得のいく充実の一年になりましたか?

大晦日は、一年を振り返るのに良い機会ですよね。

この一年を振り返り、未来を見つめてはいかがでしょうか。

何故なら、反省なくしては、進歩も進化もないからです。

私にとって、今年は大きな転機の年となりました。

引っ越しもありました。

大きなアクシデントにも見舞われました。

心の支えとなった大切な人を失いました。

大きなピンチにも襲われました。

しかし、大きな決断をすることが出来ました。

そのお蔭で、神様から大きな贈り物を頂きました。

大きな希望と夢を頂きました。

道が大きく拓けました。

未来が輝いて見えるようになりました。

全ては、覚悟と決断だったと思います。

それが出来たのは、毎朝のメルマガがあったお陰です。

毎朝、皆様方にメルマガを通じて

「言葉」を発信していたからです。

皆さんのお陰で、誰よりも早く、

毎朝、毎朝、このメルマガを音読することが出来ました。

毎日、毎日、気持ちの入換えをすることが出来ました。

「言葉」から大きな勇気を頂くことが出来ました。

毎日発する「言葉」で覚悟と決断が生まれました。

今年も、発する言葉に助けられました。

メルマガの配信をして来て、本当に良かったと思いました。

改めて、「言葉のちから」の偉大さを知りました。

「言葉」のお陰で

「大きなチャンス」を引き寄せることが出来ました。

正に「ピンチはチャンス」

「大ピンチは大チャンス」

「人生最大のピンチ」は「人生最大のチャンス」となったのです。

ですから、私にとっては「最良の一年」となりました。

皆さんも、いろんなことがあったと思います。

しかし、何があったにしても

この一年の締めくくりは、「ありがとうございました」と

感謝の言葉で締めくくりませんか。

「言葉はちから」です。

その口にした「感謝の言葉」が

「強運」を呼び込み、「幸運」を引き寄せるのです。

ですから、今日は

無事に大晦日を迎えられたことに・・

今年起きたすべてのことに・・

今年出逢った多くのご縁に・・

「ありがとう」と心から感謝をして締め括りましょう。

来る年が、更に「強運」となり「幸運」の年となるでしょう。

希望で輝く未来を迎えることが出来るでしょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

一年間、ご愛読を頂きまして、本当にありがとうございました。

そして、来年もお付合いを頂きたいと思います。

それでは、希望いっぱいの最良の新年をお迎えください。

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

フォローする