大風呂敷を広げる 潜在意識を蹴飛ばし 潜在能力を引き出す方法

2017年1月22日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は『カレーの日』です。

1982年に全国学校栄養士協議会が1月22日の給食メニューを

カレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉に

カレー給食が出されたのを記念して定められたようです。

カレーが初めて日本に入ってきたのが、安政5年(1858年)だそうです。

でも今では、すっかり家庭の定番メニューになってしまいましたね。

私は、本格的なカレーよりもジャガイモやニンジンの入った

家庭の味のするカレーが大好きです。

日本人は、カレーをはじめ、天ぷらやラーメン等

海外から入って来たものを日本の文化にするのが上手いですよね。

ビジネスも良いものは、どんどん取り入れて

日本から世界へ発信できるものへと昇華したいものです。

また、昨日は、いろんな発見と大きな気付き日となりました。

一つは「LINE」です。

LINEの登録をした途端に何百と言う着信があり驚いています。

全てに対応できませんし、ビジネスのPR、売り込みも多いので

再度、登録のし直しも検討しています。

しかし、このことで「時代は凄いスピードで動く環境なんだ」と

いうことを気付かせて頂きました。

これからは、この様な文明の利器を活用しなければ

「遅れをとる」という強い危機感を覚えました。

また、私が想像する以上の方々が「もう既に利用している」

というのも驚きました。

自分がいかに時代の流れに追い付いていないかを

知るきっかけとなりました。

もう一つは、あるビジネス説明会で「なるほど!!」と

感心する話がありました。

内容については、後日ご紹介させて頂きますが

お蔭さまで『100億円プラン』のイメージが描けてきました。

3000人以上の方に「夢と希望」を与えることが出来そうです。

『100億円プラン』とは、

3000人の仲間で「100億円」を生み出し、

みんなで次のステージ(企業価値1兆円)を目指すというものです。

みんなで経済的に豊かになって、

社会に還元し、物心ともに豊かになることです。

今は、それが可能な時代なのです。

そして、それを実現する能力が私たちには備わっているのです。

ですから、時代と自分を信じて、既存の枠、常識に捉われずに

自分の夢に挑戦して欲しいと思います。

そこで今日は「私たちに備わっている偉大な能力」について

考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

大風呂敷を広げる 潜在意識を蹴飛ばし、潜在能力を引き出す方法

私は、いつも大風呂敷を広げて仕事をしていますが

日本では、大風呂敷を広げる人は笑われたりします。

しかし、米国では大風呂敷をひろげ、大きな夢を語ることは

一つの才能として、大いに認められているようです。

トランプ氏も大風呂敷を広げて大統領になりました。

最初は、誰が大統領になるなどと想像したでしょうか。

しかし、彼は「大きな夢を語る」ことで大統領になりました。

では、なぜ大きな目標や夢を語ると良いのでしょうか。

正直なことを言うと「私たちの実力は、たかが知れています」

しかし「私たちの中の潜在意識、潜在能力は並みではない」のです。

例えば、「年収300万円」の人が

「来年の年収を一億円にする」ことは、実力では無理なのです。

しかし、その人の「潜在意識」「潜在能力」を使えば

実現は「可能となる」です。

勿体ないことに、多くの人は、その潜在能力、潜在意識を

利用しようと思いません。

そして、その潜在能力、潜在意識を活用しないでこの世を去るのです。

理由は・・

1、潜在意識の蹴飛ばし方を知らないか。

2、潜在意識の蹴飛ばし方を知っていても「やらないか」です。

結局、やらなければ「知らない」のと同じなのです。

では、どうすれば潜在意識を蹴飛ばすことができるのでしょうか。

その方法とは・・

1、まず自分に、「このまま、可もなく、不可もなく

人生を過ごして良いのだろうか?」

「自分には、多くの人たちに喜んで頂き、多くの人たちに

良い影響を与える能力がないのだろうか?」

また、その様な「運命ではないのだろうか?」と

問い掛けてみることです。

この、自分と対話することが

「潜在意識を目ざまさせる最初の儀式」なのです。

2、自分との対話で

「自分には大きな役割と能力があるはず」と思った人は

次に、何をするにしても「とてつもない大きな夢」

「大きな目的、目標」を立てることです。

例えば、政治家を目指すならば「国会議員ではなく、アメリカ大統領」

起業するなら「100億円企業ではなく、1兆円企業」

稼ぐなら「1億~2億円ではなく、100億~200億円」です。

※数字で言うなら一桁ではなく二桁より上が良いようです。

とにかく、とてつもない目標ばかりを立ててみることです。

恋愛、年収、仕事の目標など、何でもそうです。

3、次に大切なのが・・

自分で風呂敷を広げる機会を作り、

出来るだけ多くの人に話すことです。

この時に、大風呂敷を広げることに慣れていない人は

「失敗したらどうしようか?」

「出来なければ恥ずかしい」考えてしまいますが

出来なくてもいいのです。

出来なくて良いですから

「馬鹿にされるぐらい」がちょうどいいのです。

人に話して「馬鹿にされている」と気付いたら

「ああ、自分は、普通の人生ではない人生を歩み始めた」と

思って喜んで下さい。

4、では、その立てた「どでかい目標、夢」は、

「どうすれば達成できるのか?」です。

それは、とても簡単です。

「寝る前に、おおよそ3分、1ヶ月で良いです」から

「どうすれば良いか?」考えることです。

「約3分」考え、答えが出てこなければ、そのまま寝ましょう。

「寝て」良いのです。

簡単でしょう。

私たちの潜在意識は、私たちが寝ている間も・・

そして、翌日、目を覚ましても・・

起きている間も・・

昨夜考えていた答えを探し続けているのです。

そして、その答えを導きだしてくれるのです。

大風呂敷を広げることは、最初は大変かも知れませんが

「慣れ」です。

人に話し続けていると、簡単に広げられるようになり

そのうち、広げなくては、生きていけなくなります。

きっと、人に馬鹿にされて落ち込んでいた人も

そのうちに、気にならなくなり・・

最後は、馬鹿にされることが「快感」になってくるはずです。

そうなったら、夢を叶えることの出来る人間になるのです。

要は、人生を変えられるかどうかは

大風呂敷を広げることに「慣れ」たか?どうか?です。

「大風呂敷を広げる人に成る」のではなく

「大風呂敷を広げることに慣れる」ことです。

ですから、人に会ったら

人が馬鹿にするような大きな夢を語りましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした大きな夢が潜在意識を目覚めさせるのです。

その語る大風呂敷で、潜在能力が動き出すのです。

そして、その潜在意識と潜在能力が夢を叶えてくれるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

大きな夢を語り

ウキウキ、ワクワク、大風呂敷を広げまくりましょう。

大風呂敷を広げて、潜在意識を蹴飛ばし夢を叶えていきましょう。

そして、自分の理想とする人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。