猫の恩返し 感謝は返謝をしてこそ完成する

2017年4月2日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は『エイプリルフール』でしたが

皆さんは「ウソ!!」って、みんなに言われるような

大きな夢や志を人に話しましたか?

私は一昨日「ウソ!!」と思うような素敵なビジネスモデルを

「一緒にどうですか?」と

「ある社長さん」から提案を頂きました。

その社長さんは、経済誌『経済界』の2017年の

「注目企業43」に選ばれた会社を創業された社長さんです。

この様な方々と一緒に仕事が出来ることに心から感謝です。

また、今日は4月に入って最初の日曜日ですね。

桜の名所は、お花見の人たちで賑わうことでしょう。

花見にはお酒が付きものですが

「一盃(いっぱい)は人、酒を飲み。二盃(にはい)は酒、酒を飲み。

三盃(さんばい)は酒、人を飲む」という言葉があります。

「酒は飲んでも、酒に飲まれない」ように注意して下さいね。

<スポンサーリンク>

猫の恩返し 感謝は返謝をしてこそ完成する

今朝は、ちょっと心が温かくなる記事を見つけましたので

皆さんとシェアしたいと思います。

これは、ある青年が中学生の時に体験した話です。

自宅に帰る途中に神社があり

そこは野良猫のたまり場になっていました。

私は猫が好きだったのですが

団地に住んでいたので自宅では飼えず

その代わり、学校帰りに毎日

猫缶を持ってこの神社に通っていました。

野良猫は10匹ほどおり、性格も役割もバラバラ。

人なつこい子もいれば、

全くなつかないのに餌だけちゃっかり持っていく子。

リーダーなのか、面倒見のいい子などなど。

私はそれぞれに名前をつけ、かわいがっていました。

ある時、いつものように神社に行くと

男子高校生数人が、境内でたばこを吸っていました。

猫の姿もありません。

私は急いで帰ろうとしたのですが、そのうちの一人に

「なんで逃げんだよ」と怒鳴られ、囲まれてしまいました。

鞄をひったくられ「猫缶が入ってる。

猫なんかよりおれたちにおごってよ」と

財布をとられてしまいました。

正直、財布などどうでもいいから

逃げ出したかったのですが、囲まれていて動けません。

すると、猫缶を持っていた一人が突然

「イテッ」と言ってうずくまりました。

見ると、野良猫の“リーダー”が毛を逆立てながら

「ウー」っと、すごい勢いで男子高校生を威嚇しています。

他にも数匹の猫が威嚇しており、私でも怖いほどでした。

「コイツ引っ掻きやがった」と、怒った男子高校生は

私の存在を忘れたように、猫を追いかけて行ってしまいました。

おかげで私は無事帰宅。

数日後、猫缶を持って神社へ行くと

いつもの猫たちが出てきてくれました。

男子高校生にひどいことをされていないか心配だったが

リーダーも無事で、いちばん多く餌を食べていきました。

友人に、この話をすると笑われるのですが

今でも猫たちが私を助けてくれたと信じています。

この話を読んで私は「感謝は返謝をしてこそ完成する」

という言葉を思い出しました。

そして、私は「どれだけの返謝をしているだろうか?」と

考えさせられました。

猫ですら(猫に失礼ですね)日頃の感謝に「返謝」をするのです。

皆さんは、いかがでしょうか?

「返謝の気持ちのない感謝」では

ただもらうだけの人生になってしまいます。

そして、感謝の心を大きく育てることも出来ません。

その様な人生では、強運や幸運の神様に好かれるはずもありません。

幸せな人生を歩むことは出来ません。

「返謝」は必ずしも、当人にでなくても良いと思います。

ですから「して頂いた」ことに対して

「私は、このご恩を必ず返す」と言って自分自身に誓いましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした自分への誓いの言葉が

返謝の心を育てるのです。

その心が人に感謝のされる行動となるのです。

人に感謝のされる行動が強運と幸運の神様を喜ばせるのです。

強運と幸運の神様を喜ばせるから強運と幸運の人生となるのです。

返謝してこそ強運と幸運の幸せな人生となるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「私は、このご恩を必ず返す」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、人に感謝される行動をしましょう。

人に感謝される行動(返謝)を通じて感謝の心を更に育みましょう。

感謝と返謝の心を育み、強運と幸運の神様に好かれましょう。

そして、強運と幸運に満ちた幸せな人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。