自分のファンをつくる 人のお役に立ち 人に喜んで頂ける人生を歩む

2017年4月9日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

窓から見える満開の桜も今朝は雨に濡れて寒そうに見えます。

雨に濡れて風邪など引いて花びらが散らないことを祈りたいです。

関東の満開の桜の花見も、今日あたりがピークかも知れませんね。

今から1265年前の天平勝宝4(西暦752)年の今日、

奈良・東大寺の大仏が完成し開眼式が行われました。

これを記念して今日は『大仏の日』だそうです。

奈良の大仏は、聖武(しょうむ)天皇と光明(こうみょう)皇后が

当時の技術の粋を集めて作られた巨大な金銅仏です。

大仏は、人々の安泰と幸せを願って建立されたものです。

いつの世も上に立つ者は、人々の安泰と幸せを願って

行動して欲しいと思います。

私も、古(いにしえ)の都の風にふれながら

先人の想いを学びに大和の里を訪れたいと思っています。

<スポンサーリンク>

自分のファンをつくる 人のお役に立ち 人に喜んで頂ける人生を歩む

今日は、私が、とても感銘した話をご紹介します。

この話は、とある小さな村での話です。

みんなが、そんな気持ちで行動したなら、

社会はもっと良くなるのではないかと思いました。

ある小さな村で、おばあちゃんが亡くなりました。

そのおばあちゃんのお葬式には、1500人もの人が集まりました。

人口わずか3000人の村で、1500人の人が集まったのです。

村の人口の半分の人が集まったことになります。

これは驚異的な出来事です。

なんでそんなに人が集まったのでしょうか?

「そのおばあちゃんは、有名人だったのでしょうか?」

いいえ。

では「そのおばあちゃんは、会社の社長さんだったのでしょうか?」

それも、違います。

それでは「そのおばあちゃん、村の名士ですか?」

いいえ、それも違います。

「それでは、なんで?そのおばあちゃんは、

そんなにたくさんの人に愛されてたのでしょうか?

また、いったい何者だったのでしょうか?」

そのおばあちゃんは、昔、小学校の先生をやっていただけです。

にもかかわらず人口の半分、1500人もの人が、

そのおばあちゃんのお葬式にかけつけたのです。

町の2人に1人から愛されていたのです。

これって、凄いことですよね。

ではなぜ、それほどまでにみんなから愛されていたのでしょうか?

このおばあちゃんは、特に目立つことは何もしてなかったそうです。

ただ、死ぬまで、教え子のお店でしか物を買わなかったそうです。

どんなに近くに安いデイスカウントストアやスーパーができても

そこで買うことはなく、

値段が高くても、

さらに家から遠くても、

わざわざ教え子たちのやっているお店へ買いに行ったそうです。

野菜も、肉も、魚も、日用品も、服も全部

教え子たちのお店で買っていたそうです。

「近所のスーパーへ行けば2割安く買えるのに、

遠いのにわざわざうちに買いにきてくれる」

教え子たちは、すごく嬉しかったと思います。

自分が着る服も、ブランドなどは気にせず教え子の店で買う。

彼女にとってお金を使うこと。

そして生きることは縁があった人を応援すること。

喜んでもらうこと、それがすべてだったようです。

自分の教え子を心から愛していたのです。

縁のあった人に喜んでもらいたいと淡々と普通に生きていたら、

いつのまにか村の人口の半分もの人が

そのおばあちゃんのファンになっていたのです。

みなさんは、いかがだったでしょうか?

私は、素敵なおばあちゃんだったなと思いました。

人に喜んでもらいたい。

縁のあった人の応援をしたい。

人の幸せを願い、お役に立ちたい。

そんな生き方をしていたら「お金」なんかなくても

素晴らしい老後が送れ、

幸せな死に方が出来るのではないでしょうか。

ですから、出逢う全ての人に

「私に、何が出来るだろうか?」

「私は、どんな応援なら出来るだろうか?」

そして「何をしたら喜んで頂けるだろうか?」と

自分自身に問い掛けてみましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした自分自身への問い掛けの言葉が

人のお役に立ちたいという心が芽生えるのです。

人に喜んで頂ける行動へと誘うのです。

人に喜んで頂ける行動で

自分が幸せな人生を送ることが出来るのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「何が出来るだろか?」「どんな応援ができるだろう?」などの

自分自身への問い掛けの言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、人の喜ぶ行動をしましょう。

人に喜んで頂ける行動で

自分の人生が喜びに満ちたものになるでしょう。

そして、幸せな人生を全うすることになるでしょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。