新しい自分を発見する 過去を捨てると未来が見えてくる

2017年5月24日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

先日は日経新聞に『走り出す起業家4億人』という見出しがあり

「大変革期、小が大を制す」という内容の記事が載っていました。

この記事について書いていたら長くなってしまいました。

もう少し付け加えてブログの方でご紹介したいと思います。

今日中にアップしたいと思いますので、お時間のある方は

夜にでも、下記へアクセスしてみてください。

人生なんてチョロイ』 http://kanno-hiroyasu.com/

<スポンサーリンク>

新しい自分を発見する 過去を捨てると未来が見えてくる

『断捨離(だんしゃり)』という言葉がありますが、

ご存知の方も多いかと思います。

「断捨離」とは、モノやコトへの執着を捨て、

不要なモノを減らし、心の平穏・運気向上を得るというものです。

捨てるモノの中には、写真や手紙、衣類や家具などの他に、

人間関係なども含まれるようです。

今日は、その『断捨離』について考えたいと思います。

人は、長く生きると、悩みも増えてきます。

その一つに「未来に進みづらい」というものがあります。

決して「時間が進まない」という意味ではありません。

新しい未来を、切り開きにくくなるということです。

同じことばかりを繰り返し、人生がマンネリ化しやすくなります。

それは、過去に起因することが多いようです。

過去は、長く生きれば生きるほど自然と増えてきます。

それは、当然と言えば当然ですよね。

その中には、良い思い出もあれば、悪い思い出もあるでしょう。

しかし、いずれも、大切な成長の記録であり、思い出でもあります。

実は、この過去が、時として邪魔になることがあるのです。

経験や体験を積み重ねていくと

執着が増え、こだわりが増えて、先入観が増えます。

すると、自分の可能性を、なかなか越えることができません。

過去が輝かしければ輝かしいほど、

人は、後ろばかりが気になり、前を向きづらくなります。

良い思い出が、多ければ多いほど、過去を振り返りがちです。

気付くと、同じことばかり繰り返す自分がいます。

そして、未来に進みにくくなっていきます。

しかし、未来に進めないのではありません。

過去を捨てていないから、未来が正しく見えないのです。

見えないから、進むのを躊躇してしまうのです。

ですから、未来に進みたいなら

時には過去を捨てることだって必要なのです。

勿体ないと思うかも知れませんが、過去を捨てると、

身も心も軽くなり、新しい未来が切り開きやすくなります。

「過去を捨てる」と言うと「心地好い安心感」や

「良い思い出」までも捨てることになると思うかも知れません。

しかし「過去を捨てる」と言っても「思い出が消える」

という訳ではありません。

「過去を捨てる」とは「過去に拘らない」と言うことです。

「過去に拘らなくなる」と視野が広がります。

視点が変わり、未来が見えてきます。

すると、未来に進め、

未来を切り拓くことが出来るようになるのです。

ですから、前に進みたい、未来を切り拓きたいと思ったら

「断捨離!!、断捨離!!」と自分に言い聞かせましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした「断捨離!!、断捨離!!」の言葉が

「過去に拘らない思考」が生れるのです。

すると、執着がなくなり、

過去の経験から来る先入観もなくなるのです。

また、視野が広がり、新しい未来が見えてくるのです。

そして、新しい自分を発見することが出来るのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「断捨離」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、過去への拘りを捨てましょう。

過去への拘りを捨てて、未来を見つめて前に進みましょう。

そして、新しい自分を発見し、充実の人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。