4つの壁

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は『記念日の日』という記念日だそうです。

日本記念日学会が記念日に、もっと関心を持ってもらおうと
1998(平成10)年に、制定したそうです。

この日を記念日にしたのは、歌人の俵万智(たわら まち)さんが

1987(昭和62)年に出した歌集『サラダ記念日』の中に

「この味がいいねと君が言ったから、七月六日はサラダ記念日」

という一首があり、短歌ブームがおき「記念日」という言葉が
一般に定着したからだそうです。

当然、今日は『サラダ記念日』でもあります。

今日は、私にとっては、どんな『記念日』になるのだろう。

人に祝ってもらうことはないが、自分の記念の日となるような
思い出に残る一日にしたいと思います。

『もっと自由に人生を謳歌するために』

今日『3年で億万長者を誕生させるプログラム』を発表する日です。

きっと多くの方は、そんな話が「あるはずがない」といいます。

しかし、じっくりと聞いて頂くと「なるほど」と思うはずです。

では何故、多くの方は「あるはずがない」と言うのでしょうか。

それは『心の中の4つの壁』に囚われているからです。

「囚われ」という文字を見ると

「人」が四方を壁で囲まれ自由を奪われていますよね。

そこで今日は、私たちの自由な発想を奪っている

『4つの壁』について考えたいと思います。

多くの人は、心の中に「意識の壁」「考え方の壁」「ルールの壁」

「ものの見方の壁」という『4つの壁』に「囚われ」ているそうです。

みなさんは、例えば・・

「一兆円企業をつくりたい」と思ったことはありますか。

あるいは「年収10億円を稼ぎたい」と考えことはありますか。

多くの人は「このようなこと」を思うこともしません。

また、考えもしません。

多くの人は「このようなこと」を「意識すらしない」のです。

このことを「意識の壁」と言います。

富士山の頂上に登れる人は、

「富士山の頂上に登ろう!!」と意識をした人です。

散歩をしていて気づいたら

「富士山の頂上だった!!」なんてことはないと思います。

孫さんは、何もないところ起業して、一兆円企業にしたのだから

「自分にだって・・」と「意識すらできない」のです。

多くの成功者が、年収数十億と取っているのだから

「自分にだって、年収10億位は・・」と

考えることも、意識することもしないのです。

先ずは、この「意識の壁」を乗り越えなければ

「望むもの」など手に入るはずはないのです。

しかし、次の壁が待っています。

「意識の壁」を取り払い

「よし!!、じゃあ!!、やってみっか!!」と思っても

今度は、自分には「実力がない」「経験がない」

「コネがない」「金がない」 などと

「出来ない条件」を考えてしまう

「考え方の壁」が立ちはだかります。

「考え方を変える」と

「実力がないからこそ・・」

「経験がないからこそ・・」

「コネがないからこそ・・」

「金がないからこそ・・」などと思考が変わるのです。

そして、可能性が見えてくるのです。

しかし、その壁を乗り越えると次に・・

「奥さんが許してくれないだろう」

「会社が副業を認めてくれないだろう」

「周りの人はどう思うだろう」 などという「常識の壁」

つまり、自分のつくった「ルールの壁」にぶち当たるのです。

「常識」など時代の変化と共にに変るのですが

自分は変ろうとしないのです。

自分のつくった「ルールの壁」に縛られるのです。

「ルールの壁」を破らなければ

新しいものなど手にすることはできません。

そして、最後は・・

やはり、私みたいな「サラリーマンが・・」

「OLが・・」「主婦が・・」「フリーターが・・」 という

「もの見方の壁」が現れます。

そんな時「サラリーマン」「OL」「主婦」「フリーター」だから

「出来ることがあるはず」と「見方」を変えると

「見えてくる世界」が変わるのです。

ですから、今までの常識に囚われた

「ものの見方の壁」を取り払いましょう。

多くの人は「自由自在」に物事を見ていません。

ですから「自由自在」に物事が見えません。

「自由自在」に物事を見ると・・

今まで見えなかったものが、見え始めます。

すると世の中は

「チャンスだらけ!!」だと言うことが分かるのです。

世の中に「不可能なことなどない!!」と気付くのです。

ですから、どんな時も、どんなところでも

「それは『4つの壁』に囚われていないか?」と

自分に問い掛けてみましょう。

「言葉はちから」です。

その自分自身への問い掛けの言葉が

「心の中の4つの壁」を取り払って

「もっと自由に・・」

「もっと、発想豊かに・・」してくれるのです。

そして、自由自在に物事を見て、

自由自在に生きることが出来るようになるのです。

豊かな人生を謳歌することができるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「4つの壁に囚われていないか?」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、もっと自由に物事を見ましょう。

そして、チャンスを手にし、不可能を可能に変えて

もっと豊かに・・

もっと自由に人生を謳歌しましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。

http://www.kotobawachikara.com/register.php