仕事は人生

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は『ジェットコースターの日』だそうです。

1955年の今日、東京・後楽園遊園地の開園と同時に
日本初のジェットコースターが稼働した日だそうです。

ですから今日は『後楽園遊園地の開園記念日』でもありますよね。

私は、人生ってジェットコースターのようなものだと思っています。

上がったり、急降下したり、時には
周りの景色を楽しむ余裕もない猛スピードで過ぎたり。

スリルがあるから楽しいのだと思います。

ですから、ジェットコースターのような人生であっても
乗ったからには、心から楽しみたいと思います。

『更に豊かで自由な人生を謳歌する』

人生では、

良い事、

悪い事、

辛い事、

うれしいこと

いろんなことが沢山起こります。

しかし、それは全て・・

私たちを「より完成させるため」のものだそうです。

ですから、とにかく何があっても・・

「楽しむこと」

「感謝すること」が「成幸のコツ」だそうです。

また「強運」を招く「コツ」でもあるようです。

そして「不運の人たち」と

「強運の人たち」とでは何が違うのでしょうか?

その違いは「不運の人たち」は「ケチ」で、

「強運の人たち」は「気前」が良いそうです。

例えば・・

不運の人たちは・・

挨拶をケチり、

笑顔をケチり、

素直をケチり、

努力をケチり、

教えることケチり、

行動をケチり、

勇気をケチります。

とにかく「気前」が悪いのです。

「出せば入る」という「宇宙の法則」を知らないのです。

片や「強運の人たち」は・・

大きな声で自分から挨拶を行い、

惜しみない笑顔で人に接し、

超素直で

努力を惜しまず、

受けた智慧は、人に教え、

受けた恩は倍返しにして返す

勇気を持って行動をします。

要は「出せば入る」という「宇宙の法則」を知っているのです。

ですから、笑顔でしっかり挨拶を行い、

素直に努力を積み重ね、勇気を持って行動しましょう。

私は「勤める会社のため」に「努力をしろ」とは言いません。

「努力」は「自分のため」にするものだと思っています。

なぜなら、その努力は結果として会社のためになるからです。

多くの人は、目覚めている時間の半分以上は

「仕事」に関わっています。

人生の半分以上の時間が「仕事」に関わっているとするならば

仕事は「仕事」ではありません。

仕事は「人生」そのものなのです。

そして、仕事は「能力開発」なのです。

皆さんが皆さんの為に行なった努力で成長し強運になれば

その成長は、会社の成長になりますし

皆さんの強運は、強運体質の会社になるのです。

ですから「会社のため」でなく「自分のため」にで良いですから

仕事を楽しみましょう。

仕事を通じて能力を開発し、更に上質な人生を歩みましょう。

その為には、今、与えられた仕事に

笑顔で「有り難い」

「よし、頑張ろう」と言って取り組みましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした感謝の言葉と自分への決意の言葉が

仕事に本気で取り組む心構えをつくるのです。

その心構えが、仕事を楽しみ、全力で取り組む姿勢をつくるのです。

ですから、自分に与えられた仕事に全力で取り組み

ガンガン稼ぎましょう。

すると、自分が「ゆたか」になり、社会を「ゆたか」にし

日本を「ゆたか」にし、世界を「ゆたか」にするのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「有り難い」「よし、頑張ろう」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、自分に与えられた仕事を楽しみましょう。

仕事を楽しみながら、自分を成長させガンガン稼ぎましょう。

ガンガン稼ぎ、自分が豊かになって社会を豊かにしましょう。

そして、日本も世界も豊かにしましょう。

すると、自分自身が更に豊かで自由な人生を謳歌するでしょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。

http://www.kotobawachikara.com/register.php