普通では辛い

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今朝、ネットサーフィンをしていると

『“一緒にいると幸せになれる男”の条件は3つ』

という記事を見つけました。

その三つとは・・

「自分にはない視点を持ち、大切にしてくれる」

「尊敬できる」

「運が良い」でした。

私も、人にそう言って頂けるよう精進したいと思います。

『普通の人から強運の人に変わるには・・』

「どうせ持つなら、でっかい夢を持ちましょう」

「高い志を掲げましょう」と私はよく話します。

すると「私は、普通で良いんです」

「普通の人生を歩めればいいんです」と言われます。

でも「普通」で本当に良いのでしょうか。

「人間の体(人生)を壊す」ものに、どんなものがあるでしょうか。

不健康になるものとして

「酒の飲み過ぎ」

「たばこ」

「暴飲暴食」があげられますが

実は、これは、それぞれ「5%」ほどの影響力しかないそうです。

ですから、毎日酒をあおり、たばこを吸い、暴飲暴食をしたとしても

「15~20%」の影響力しかないと言うことです。

では、残り「80%」は、一体「何なの?!」でしょうか。

答は・・

「不平不満」「愚痴」「泣き言」「悪口」「文句」だそうです。

いくら健康食品を食べても、家庭内で喧嘩が絶えず、

「バカ!」「アホ!」「マヌケ!!」などと罵りあって、

健康になど、なれるはずは「ない」のです。

聖書の中のヨハネ伝に

「はじめに言葉ありき。言葉と神と共にあり」

「言葉は神なりき」という一節があります。

これは、人類創世期の描写ではなく、

普遍的な「宇宙の法則」なのです。

「辛い時」に「辛い」と口にするのは「誰」にでもできます。

「苦しい時」に「苦しい」と言うのは「誰」にでもできます。

これでは「普通」です。

辛い時にこそ・・、無理をしてでも

「ありがたい!」

「よい経験をさせて頂いている」

「良かった」と口にするのです。

※「辛いときに言えるかよ」という人は、無理にやらなくて結構です。

私はやってみて「良い」と思っていますので、
これからも無理をしてでも口にする努力をしたいと思います。

そうすると「辛いこと」が辛く感じなくなり、

「良いこと」が、なだれのごとく起こりはじめるのです。

「辛い時」に辛い・・「苦しい時」に苦しい・・

これでは「普通の人」になってしまいます。

しかし、これからの時代

「普通」では「強運」にはなれないのです。

「辛い時」こそ、無理をしても「楽しい」と言ってみることです。

「難しい」と思ったら「簡単だ!」と口にしてみることです。

「ピンチ」が起これば「チャンス!!」と叫ぶのです。

そうすると、本当に「楽しく」なり、「簡単」になり、

「ピンチ」が「チャンス」なのだと気付くのです。

今、時代は大きく変化しているのです。

その時代の変化についていけるように、

自分も成長し、変化しなければならないのです。

そうしないと、時代の変化に取り残されるのです。

要は、これからの時代は「普通じゃダメ」なのです。

「普通では辛い」のです。

ですから「辛い時」には「楽しい」・・

「難しい」ことには「簡単!簡単!」・・

そして「ピンチ」の時には「チャンス!!」と叫びましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が

「普通の人」から、おさらばさせてくれるのです。

すると「強運」を引き寄せられる人になるのです。

「普通の人」から「強運の人」へと変わるのです。

そして「強運」に導かれ、

幸せな人生を歩むことになるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「楽しい」「簡単」「チャンス」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク「普通でない人」になりましょう。

「普通でない人」になって「強運」を引き寄せましょう。

そして、望む幸せな人生を楽しみましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。