歴史を変える人

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

また新しい1週間が始まりましたが2月もあと3日で終わりですね

今週も全力で楽しみたいと思います。

そして、私たちに多くの感動を与えてくれた
平昌オリンピックが閉会しましたね。

日本は過去最高のメダルを獲得しましたが、
メダルの数以上に多くの感動と元気と勇気を頂きました。

全ての競技者に「ありがとうございました」と感謝いたします。

そして今日は、今から82年前、1936年(昭和11年)の未明に
日本陸軍の青年将校らによるクーデター未遂事件があった

『二・二六事件』の日です。

この日を境に日本は軍国の道を歩むことになりました。

いつも、歴史の転換は「ある日突然」やって来るのです。

ですから常に、何があっても動じないよう
「自分」と言うものを持って

歴史に動かされるのではなく、歴史を動かす様な生き方をしたいものです。

『何かを学ばせるための神様からのプレゼント』

日本の歴史を大きく変えた一人に織田信長がいますよね。

その織田信長をソフトバンクの孫正義社長が次のように語っています。

日本の歴史上、織田信長は日本が生んだ革命家の一人だと思います。

織田信長が今日に至るまでスーパースターとして語り継がれているのは

やはり鉄砲を最も上手に、最も戦略的に
使いこなした人物だったからだと思います。

織田信長は自分の行軍の中に200挺の鉄砲を持っていたそうです

今の貨幣価値に直すと、当時鉄砲1挺が2000万円くらい。

オフコン1台の値段と一緒です。

つまり、200台のオフコンを40億円で買ったことになります。

尾張の織田信長が10代の頃、当時の小さなスタートアップの
ベンチャーカンパニーがオフコンを200台持っていたということです。

いかに、いびつなほどアンバランスな先行投資をやっていたか
ということがわかると思います。

それから数年後、武田軍と織田信長が戦いました。

馬に鎧冑に刀や槍を使って戦った2万の武田軍に対し
織田信長は2000挺の鉄砲を持っていました。

そして、たかだか鉄砲の装備率10%で、つまりほとんど鉄砲隊だけで
天下無敵と言われた武田軍を壊滅的にやっつけてしまったのです。

(『なぜあの会社の社員は「生産性」が高いのか?』参照)

織田信長は、皆さんもご存知のように、楽市楽座や、政教分離、
徹底した能力主義の人事など、

後世にも影響を与える政策をたくさん打ち出しました。

中でも「一銭斬り」という刑法は、治安の回復に大きく貢献したようです。

「一銭斬り」とは、たとえ一銭でも泥棒した者は死刑に処するという
今では考えられない位厳しい法律です。

そのお陰で、尾張の国は「女が一人旅できる」といわれるほど
安全な国と言われていました。

なぜ、このようにことができたのでしょうか?

それは「この世を良くしたい」という想いが
人一倍強かったからなのではないでしょうか。

部下を死なせたくない

国を繁栄させたい

平和な世の中にしたい。

まずそう「想い」「理想」から始まったのではないでしょうか。

「想いの強さ」が信長を行動に駆り立てたのです。

危機感や焦燥感や悔しさや怒りは、行動に変えるパワーになります。

例えば、私たちに起こるアクシデントは
「行動しない自分」に対しての神様からの合図なのかも知れません。

神様は、私たちを成長させるために

もっと行動しなければ・・、もっと自分が変わらなければ・・と
何度でも手を変え品を変え合図してくるのではないでしょうか。

ですから、私たちも「アクシデント」があったら・・

危機感や焦燥感が芽生えたら・・

「これは、私に何かを学ばせるための神様からのプレゼント」
と言葉にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が「何をすれば良いか?」

「何をしなければならないか?」を考えさせてくれるです。

そして、その想いを形にするために行動を起こすのです。

信長は「この世を良くしたいとの想い」のために・・

「国を繁栄させたいとの想い」のために・・

40億円もの投資をしたのです。

※私も、現在の日本の風潮と姿に危機感を感じます。

「このままで大丈夫なのだろうか?」という焦燥感に襲われます。

ですから『たすけ愛』を創り『いまここから』という
会社を起ち上げる決断をしたのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

アクシデントが起こったり、危機感や焦燥感に襲われたら

明るく、元気に、

「これは、何かを学ばせるための神様からのプレゼント」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、「何をすれば良いか?」

「何をしなければならないか?」を考え行動しましょう。

すると、その「想い」が・・「理想」が形になるでしょう。

そして、人に喜ばれながら歴史を変える人になるでしょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

今日も最後までお付合いを頂き、ありがとうございました。

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。