無理だから夢

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜は『成幸者の集い』でしたので

「暗号通貨のマイニング」についての勉強会を行いました。

(株)マイニングカートの役員の成田様より

「暗号通貨」と「マイニング」について詳しく説明をして頂きました。

暗号通貨が世界を大きく変えようとしています。

この変化に気付き、変化についていって欲しいと思います。

また昨夜は『ドリサラ』の大八木様にも参加頂き

「夢の発見の仕方」についても話をして頂きました。

「夢を探す」のではなく「夢は発見するもの」だと

私も常々思っていましたが、大八木様の話を聞いて改めて実感しました。

「夢を発見すること」「時代の変化」

そして「お金を稼ぐこと」の大切さを学んだ有意義な夜になりました。

『水深8千メートルへの挑戦が教えたこと』

2013年11月、世界の深海探査に新たな道が拓かれました。

水深8千メートルの海域に無人深海探査機を送り込み、

世界で初めて3Dハイビジョンビデオカメラで
深海魚などの撮影に成功したのです。

この偉業を成し遂げたのは、東京・下町の町工場が手を携え、
国産部品だけでつくられた深海探査機でした。

その探査機の名は『江戸っ子1号』

テレビでもニュースになりましたので
覚えておいでの方も多いのではないでしょうか。

この7年越しで夢を成功へと導いたプロジェクトのリーダーが
杉野ゴム化学工業所社長の杉野行雄氏です。

今日は、その杉野社長が、ある雑誌の対談で語った話をご紹介します。

ちょっと長いですが最後までお付合いください。

司会 このプロジェクトを続けてこられた原動力は
何だったのでしょうか。

杉野 やはり夢ですかね。

そして、夢を実現させたいという熱い思いがなければ
こうした開発はとてもできません。

なんせ町工場の親父たちをまとめていくことだけでも
実際大変でしたから(笑)。

みんな我が強くて、一度こうだと言い出したことは
簡単には曲げません。

ですから「あなたは素晴らしい」とおだてたり、
なだめすかしたりしながら、こちらの言うことも聞いてもらう。

でも、これだけの大所帯になっても崩れることなく
成功した一番の要因は、プロジェクトメンバー皆が

同じ目的に向かって、真面目に努力を惜しまず
続けてくれたということですね。

個々の力だけでは実現できないことを、
いろいろな技術が寄り合わさって大きな力になる。

ですから、いまいるメンバーの誰か一人でも
欠けていたら成功していなかったと思います。

司会 どういったチームワークを創り上げていくか、
どうやって仲間に喜んで働いてもらうかが一番大切だと思います。

その点は、杉野社長の思いとか情熱が根本にあったから
この偉業が成功したんでしょうね。

杉野 いやいや、私だけではなくて、みんなの思いですよ。

私が嬉しかったのは大学の学生さんたちが
非常に興味を持って取り組んでくれたことですね。

喧々諤々(けんけんがくがく)やっているうちに、
理論に走りがちだった学生さんの物の見方が変わってきたんですよ

それから物事というのは、やる気を出して真剣になれば
どんどん進むのだということを感じ取ってくれて、

ボランティアにもかかわらず
深夜まで一所懸命頑張ってくれたこともありました。

物づくりの楽しさ、意義を見出してくれたんだと思います。

残念ながら、今は大手企業が失敗を怖がって
新しい物に挑戦しなくなってしまいました。

そして、その煽りを受けて町工場の人間まで上から指示のある、
間違いのない物だけつくればいいという風潮になりつつあります。

勿論、上から何かを頼まれて際には力を発揮するのですが、

自分から何かを企画してやろうという力が
どんどん弱まっているんですよ。

戦後の物づくりの活力は、新しいことに挑戦して
新しい物を生み出すところにあったのが、

そういった良い面がみんな削ぎ落とされて、

日本の物づくりは、下手をすると崩壊しかねないような状態まで
追い込まれていると私は思っています。

今回の成功で、町工場も自分たちの技術を活用して

新たな分野を開拓できるという可能性を示すことができたし、
一つの指針になると思うんですよ。

誰もが無謀だと思うことにも、敢えて挑戦しようと

これから全国各地で狼煙が上がれば、
日本の物づくりも復活の余地はあると私は思います。

杉野社長の話はいかがだったでしょうか。

「出来ないこと」「無理だと思うこと」に挑戦するから

『夢』なのではないでしょうか。

「それは無理」「これは出来ない」と言ったら

それは「夢ではない」のです。

ですから「これは無理かも・・」

「それは出来ないかも・・」と思ったら

「だから、夢なんだ」と自分自身に言い聞かせましょう。

「言葉はちから」です。

その自分自身に言い聞かせた言葉が

「夢」に挑戦する勇気と情熱を生み出すのです。

その情熱が「不可能」と思われたことを

「可能」へと変えてくれるのです。

その挑戦で自分が成長するのです。

「夢」とは「不可能」を「可能」に変え

「自分を成長」させてくれる源なのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「だから、夢なんだ」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、不可能と思われることにも挑戦しましょう。

その挑戦で自分を成長させていきましょう。

そして、一歩でも夢に近づきましょう。

その人生こそが、充実で幸せな人生となるでしょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。