変化に挑戦 CHANGE(チェンジ) は CHANCE(チャンス)

2016年5月26日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今夜は『成幸者の集い』です。

今回は『一般社団法人 たすけ愛』の木崎理事長を招いて

今の世界の潮流から今後、私たちを取り巻く社会が

どのように変わっていくか?を話して頂きます。

木崎氏は複数の企業の顧問をされていますが

携わった会社の売上を大幅に伸ばすことで定評があります。

某企業では就任して6年で売上を10倍にしています。

その木崎氏が良く口にする言葉が「変化こそチャンス」です。

時代の変化を読取り、変化に対応していくことが大切なのです。

そこで今日は、「変化とチャンス」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

変化に挑戦 CHANGE(チェンジ) は CHANCE(チャンス)

人間は細胞分裂が遅くなって、「老化」し、

そして、この世を去る日が訪れます。

要するに人の「寿命」は、「変化」が遅れたり、

「止まった」ときに「終わる」ということです。

「企業」も「同じ」です。

変化のスピードが「遅い企業」が衰退し、

「止まった企業」が寿命を迎えます。

変化こそ、「若さ」であり

変化こそ、「力(パワー)」であり、

変化こそ、「生き抜くための条件」なのです。

これからの時代、求められる人財は、

1、周り(環境)の変化に気付けるのか?気づけないのか?

2、変わった周り(環境)に対して、

自分が変化ができるか?出来ないのか?

3、そして、周りを変化させていく人です。

今、日本の家電メーカーが世界で苦戦しています。

何故なのでしょうか?

時代の変化を読取り、新しいことに挑戦していけなかった

からではないでしょうか。

世界のソニーは、常に新しい文化を創造し、提案して来ました。

しかし、大きくなり過ぎて、いつの間にか

「変化」を恐れるようになったのではないでしょうか。

シャープは、常に「日本初」を世に送り出して来ました。

しかし、世界の変化を読み取れず、

自前の技術に溺れ、巨額の投資をして苦境に立ちました。

「日本初」を生み出して来たは企業が

海外の「下請け企業」の傘下となったのです。

時代の変化を感じます。

これからの時代、「変化」は更に大切なものになるでしょう。

この変化に、「気づく人」、「変化できる人」には

きっと、「バラ色の人生」が待っているでしょう。

残りの人生が、とても豊かで、有意義なものになるかどうかは

これから、どれだけ「変化」できるかで決まるのです。

現代ほど「変化のスピード」が速い時代はありません。

ですからチャンス(機会)に溢れているのです。

こんな時こそが、本当は転職や起業に最高の時期なのです。

しかし、多くの人は、

景気の良いと分かると、転職したり、起業したりします。

景気の良い時に行動、変化を行います。

しかし、これは変化ではありません。

ただ、みんなと同じ流れに乗っただけです。

みんなに沿って生きているだけです。

皆が行くところに『チャンス』があると思いますか?

『チャンス』などあるはずがありません。

チェンジ(変化)に、チャレンジ(挑戦)した時に、

「CHANGE(チェンジ:変化)」に

「CHANCE(チャンス:機会)」が生まれるのです。

英文で書いてみると分かります。

チェンジとチャンスには、

たった一語、「G」と「C」の違いしかありません。

チェンジ(変化)はチャンス(機会)なのです。

チェンジ(変化)こそチャンス(機会)なのです。

チェンジ(変化)にチャレンジ(挑戦)すると、

チャンス(機会)がやって来るのです。

決して、棚から「ぼた餅」なんて「ない!!」のです。

時代の流れを読取り、みんなと同じ流れに乗るのではなく、

時代の流れに乗りましょう。

すると、そこにはたくさんの『宝』が埋まっているのです。

だから、「未知のこと」に挑戦しましょう。

「未知のこと」だからこそ「挑戦のしがい」があるでしょう。

私は、今なぜ・・「東南アジアへ目を向けて

ビジネスを展開しているのか?」と言うと・・

東南アジアは今、「変化が激しい」からです。

「変化」は「リスク」ではなく

「チャンス」だと言うことを知っているからです。

ですから、皆さんも、時代の変化の兆しを感じたなら・・

「チャンス!!チャンス!!」と口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉で

「変化」を「チャンス」と見る目を養いましょう。

「変化」を「チャンス」と捉え、

「変化に挑戦」していきましょう。

そして、「変化に挑戦」した者が

「大きなチャンス」を手にするでしょう。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に

「変化はチャンス」、

「変化こそチャンス」の言葉を口に・・

ウキウキ、ワクワク、変化に挑戦していきましょう。

「CHANGE」は「CHANCE」です。

変化に挑戦して、大きなチャンスを手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

私は、来週もまたマニラで「変化」に挑戦して来ます。

多くの新しい方々に会って来ます。

「新しいこと」を楽しんで来ます。

感謝 合掌

菅野宏泰