世界平和のために 大きな愛情をもって小さなことをする

2017年8月14日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は、実家に戻り墓参りをさせて頂きました。

墓の前で、亡き父とご先祖様に手を合わせて

「命をつないでこの世に誕生させて頂いた」ことと

「いつも、温かく見守ってくださっている」ことへ感謝をし

「ありがとうございます」と100回、口にしていると

勇気と元気が湧いてきます。

また、92歳になった母にも会って来ました。

いつも優しい母の顔を見ると新たな勇気と元気が出ます。

そして、「この母の子として産まれて来て良かった」と思い、

この母が喜ぶ報告が出来る自分になりたいと強く思いました。

この様に故郷は、私にとっては「勇気と元気」を頂ける場所です。

その父も母も、戦中と戦後という激動の時を過ごされた方です。

ご苦労の多かったことと察します。

そう思うと、私たちは何があっても戦争を起こしてはなりません。

戦争のない世界の実現に向けて

「何か」行動を起こさなければならないと思います。

今日は、平和に対する素敵なメッセージを見つけましたので

皆さんにご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

世界平和のために 大きな愛情をもって小さなことをする

「世界平和のためにできることですか?

家に帰って家族を愛してあげてください。

私は反戦運動には参加しません。

ですが、平和運動には喜んで参加します」

これは、マザー・テレサの言葉です。

有名な言葉ですので、ご存知の方も多いかと思います。

私たちが「平和」のために出来る、先ず初めの一歩は

「隣人を愛する」ことなのかも知れません。

目の前の人を愛することが世界平和への一歩なのだと

マザー・テレサは言っているのです。

また、反戦運動をすると言うことは

「戦争」があることを前提にしているということです。

それよりも、「反戦」と言う言葉を必要としない

「平和な社会を創ることに積極的に関わりましょう」と

マザー・テレサは言っているのです。

ですから、私たちも、

世界平和のために何が出来るかを考えましょう。

その為には「平和とはなにか?」を考えてみましょう。

その為には「人間愛とはなにか?」を考えてみましょう。

「愛の反対は無関心」と言葉がありますように、

些細な事かも知れませんが

自分の目の前の人に関心を寄せることが

一番の「愛の表現」なのかも知れません。

マザー・テレサは次の様にも言っています。

「愛とは、大きな愛情をもって小さなことをすることです。

誰かに微笑みかけること、それは愛の表現であり、

その人へのすばらしい贈り物となるのです」

微笑みこそが「最高の愛の表現」なのです。

ですから、自分の目の前に困っている人が居たなら

「この人のために何が出来るのだろうか」

「何をしてあげれるのだろうか」と

自分自身に問い掛けてみましょう。

それは、何か形のあるものでなくても、

勇気を与える言葉、一言でも良いのです。

そして、微笑みましょう。

「言葉はちから」です。

その勇気を与える一言で

人は勇気と元気を頂き、希望を見え出すでしょう。

その小さな行動で世界平和への一歩としましょう。

その小さな愛の灯で世界を平和に導きましょう。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

人に勇気と元気を与える言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、自分の目の前の人に微笑んであげましょう。

微笑みで人の心に愛の火を灯してあげましょう。

その小さな行為で、平和な社会の実現に貢献しましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰