最良の特効薬 笑いこそが成幸への架け橋

2016年8月18日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

リオでは毎日、熱戦が繰り広げられ

私たちに大きな感動を与えてくれていますね。

また、甲子園でも猛暑の中、高校球児たちが熱戦を繰り広げ

私たちに感動を与えてくれています。

自分たちの持てる力を出し切る姿は本当に美しいです。

そして、私たちに勇気と元気を与えてくれます。

高校野球に詳しい方ならご存知だと思いますが

今日は『高校野球記念日』だそうです。

1915(大正4)年、大阪の豊中球場で

第1回全国中等学校優勝野球大会が開会された日です。

全国73校から地区予選を勝ち抜いた10校が参加し、

京都二中が優勝しました。

高校球児たちのドラマは100年以上前にスタートしたのです。

リオでも甲子園でもそうですが、勝負の世界ですから、

当然「泣く(負ける)もの」も「笑う(勝つ)もの」もでますよね。

しかし、いずれにしても一生懸命、頑張っている人の姿は

美しものです。

話は変わりますが、昨夜ネットで調べものをしていたら

「笑い」についての面白い記事を見つけましたので

今日は、「笑い」について考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

最良の特効薬 笑いこそが成幸への架け橋

電車に乗ってきた、ある親子の会話です。

子供が「ママ、おしっこ」と言うと

母親は「もっと、早よ言わんかいな!」と言いました。

すると子供は、すごい早口で「ママ、おしっこ」と言ったのです。

皆さんは、この光景を見て笑いませんか?

落語の様な話ですが本当の話です。

私は、可笑しくて笑いました。

「もし、世の人が笑いの力を知り、 陽気な気分で

喜びを素直に表現することの効用を理解していれば、

おおかたの医者は失業してしまうだろう。

笑いは、自然が私たちに与えてくれた最高の強壮薬の一つである。

それは、生命を保って健康を促し、喜びと美しさ、

そして、成功を生み出すために

神から私たちに与えられた聖なる贈り物なのだ」

これは、アメリカの成功哲学者、オリソン・マーデンの言葉です。

オリソン・マーデンは、貧しい移民の子として生まれ

幼い時期に両親を亡くし、不遇な環境の中で年少期を送ります。

しかし、成功者の成功の秘訣を研究し、自らも大成功を収めます。

マーデン博士は次の様にも言っています。

「失敗しないノウハウなど存在しない。

あるのは失敗から立ち上がるノウハウだけだ。

そして、すべての人は自分の力で人生を成功へと導く、

限りない能力を秘めた運命の支配者なのだ」と・・

さて、話は「笑い」に戻りますが

確かに、笑いは副作用のない最上の薬です。

ある医師が、がん患者数十人を寄席に連れて行き、

笑う前と、2時間笑った後での 血液の変化を調べました。

その結果、癌細胞を攻撃する免疫細胞が、

笑いによって活性化されるのが明らかになったのです。

他にも「笑い」には、

糖尿病の血糖上昇を抑えたという研究報告もあります。

明るく笑えば、脳が活性化するのです。

大きな声を出して笑うと、腹式呼吸で横隔膜が広がり、

酸素を大量に取り込むことに結びつき血液の循環が良くなるのです。

慢性関節リューマチの人の痛みを和らげるなど、

いろいろな事がわかってきています。

ですから大いに笑いましょう。

笑う訓練をしましょう。

作り笑いでもいいのです。

じっと、鏡の前で自分の作り笑いを5分見ているだけで、

免疫機能の活性化につながると言われています。

楽しいことを心に浮かべるだけでも効果があるそうです。

笑った後は、アドレナリンやセロトニンなどの

ホルモン量も増加します。

そのために、興奮して気分が高揚するけれど

精神的には安定するという相反する状態が同時に起こるそうです。

不安や悲しみなどの感情を和らげたり、

思考や行動のレパートリーを広げる効果を持つとも言われています。

「笑い」は医学的見地から見ても素晴らしい効果があるようです。

しかし、私は医学的見地もそうですが、

精神的にも「最良の特効薬」だと思います。

嫌なことがあっても「笑うこと」によって嫌な気分は薄れます。

「笑うこと」で前向きな感情が生まれて来ます。

「笑うこと」で幸せな気分になれます。

「笑い」こそが「成幸」への架け橋なのではないでしょうか。

ですから、失敗したり、マイナスの感情にとらわれた時には、

何も考えずに「あっはっは!!」と大声で笑いましょう。

「言葉はちから」です。

その大きな笑い声で、嫌なことは吹き飛ぶでしょう。

その笑い声が幸運の女神を呼び込むでしょう。

もし、「どうしたのですか?」と人に尋ねられたら

「微笑み」で返しましょう。

「笑う門には福来たる」です。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

何かあったら、大きな声で笑って

ウキウキ、ワクワク気分になりましょう。

自ら笑いを発信し、周りの人々も明るくしましょう。

笑いが笑いを呼び、素敵な仲間が出来るでしょう。

そして、幸せな人生を送ることになるでしょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログへ起こしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。