勇気 は 言う気 成果を出している人に共通しているもの

2016年10月10日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

メルマガを昨日より新しい配信サーバーより配信しておりますが

皆さんのお手元には届いていますでしょうか。

さて今日は『体育の日』の日で休日ですね。

『体育の日』は1964年10月10日にアジア地区で

初めて開催された「東京オリンピック」の開会式を記念して

1966年に「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」

と目的で国民の祝日となりました。

しかし、『体育の日』は2000年からは10月の第2月曜日に

変更されましたので10月10日が祝日になったのは6年ぶりです。

私は、まだ中学生でしたが雲一つない秋晴れの青空に五輪の輪が

曲芸飛行で描かれたのをテレビで観て感動したのを覚えています。

4年後の東京オリンピックも今から楽しみです。

そして、今日も皆様方にお願いとご案内があります。

私が日頃からお世話になっています友人の友人が

お店を出して社員を募集をしています。

皆さんのお友達や知人で仕事をお探しの方がおりましたら

是非、ご紹介を頂きたいと思います。

日本語がある程度話せれば外国人の方でも良いそうです。

ピザーラ系列のフランチャイズ店の

店長候補として考えているそうです。

お勤め先は、最初は「上野」となります。

給与は、20万円~。年齢、経験によって考慮するそうです。

公休は月8休で社会保険はあります。

その他、役職手当、交通費等については面談時にお尋ねください。

関心のある方がおられましたら、お名前と連絡先を

kotobawachikara@gmail.com までお知らせください。

詳細を担当者よりご連絡させて頂きます。

新しい人生のスタートの機会にして頂けたなら幸いです。

さて今日は「成果を出している人」と「そうでない人」との

違いについて考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

勇気 は 言う気 成果を出している人に共通しているもの

成果を出している人には、ある共通した行動があるそうです。

それは、「やる気」や「自分の想い」を素直に表す

「勇気」だそうです。

例えば、セミナーや会議で真っ先に「一番前に座る人」と

「後ろの席に座る人」では、

どちらが成果を出しているかと言うと

前者の方が多いようです。

私は、いつも後ろに座るのを習慣にしている人で

成果を上げている人を見たことがありません。

このことを逆に考えると「前に座る」ことを心掛けていると

「成果が上がる」ということです。

世の中とは常に単純にできています。

常に前に座る人は「それが好きでやっている」と

思っている方が多いかも知れませんが

決して、そうではありません。

誰だって後ろで、評論家のような顔をして座っているほうが

よほど「楽」なのです。

前に席に座っているような人たちは

「好き」なのではなく「勇気」を出して座っているのです。

そのような行動が「仕事に対する姿勢」となり、

その「姿勢」が「前向きな心」をつくっていくのです。

また、周りから見て「やる気」「積極性」が見えるのは

どちらでしょうか。

もし、皆さんが上司だとしたら、

重要な仕事は、どちらに任せるでしょうか。

積極的姿勢には「やる気」が見えてきます。

開始ギリギリに入って来て、

前の席が空いているにもかかわらず後ろの席に座る。

または、早く来ているのに後ろに座るような人。

この様な人に「本気さ」や「やる気」は見受けられません。

もし、皆さんが大好きなミュージシャンの

コンサートだったとしたならば

わざわざ後ろに座るでしょうか。

後ろの方に座る人たちは、

好きでないか関心が薄いと言うことです。

「セミナーや会議で一番前に座るような人」とは

「やる気」のある人です。

そして、そのやる気を素直に表す「勇気のある人」なのです。

人は、いくら能力があっても

能力があるだけでは決して伸びません。

能力を開花させるには、やはり「やる気」が必要なのです。

その「やる気」を生み出すものが「自分に素直な心」

「前向きな考え方」」や「物怖じしない姿勢」などです。

そして、それらに必要となるのが「勇気」です。

自分の想いを行動に移す「勇気」

積極的な言動を支える「勇気」

「やる気」を引き出す「勇気」

これらを兼ね備えた人が将来、大きく成長し、

多くの人たちを幸せに導く人となるそうです。

では、この「勇気」は、どうすれば生まれるのでしょうか。

それが「ことば」なのです。

実は「勇気」とは「言う気」なのです。

例えば「前に座る」と言う勇気が必要な時には

「よし、今日は前に座ろう」と言葉にしましょう。

「言葉はちから」です。

その「言った言葉」が勇気となって、

前に座るという行動をとるでしょう。

また「心に想っていること」も「言葉」にすると

勇気が湧いて、行動へと駆り立てるでしょう。

「言う気」が「勇気」となり「行動」へとつながります。

その「行動」が「成果」を生み出すのです。

どんなに才能があっても、行動なくして成果を生まれないのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

想いを言葉にして

ウキウキ、ワクワク、言う気を勇気に変えて楽しみましょう。

勇気ある行動で人生を変えていきましょう。

そして、充実の人生を楽しみましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。