若さの秘訣 情熱を持ち続けることは 幸せ を保ち続けること

2017年3月28日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は『シルクロードの日』だそうです。

シルクロードは中国とヨーロッパを結ぶ物流と文化交流の道でした。

その道の途中に楼蘭(ろうらん)というオアシス都市がありましたが

その楼蘭も悠久の歴史の中で砂漠の中に消えてしまいました。

そのロマンに満ちた楼蘭を探検家、スウェン・ヘディンによって

1900年の今日、発見されました。

昔から人々は異文化に触れ、異文化を取入れる旅を続けていたのです。

昨日はカンボジアから帰国の方と会ってきました。

カンボジアでのビジネス展開とカンボジアの若者に対しての

支援方法について打合せをさせて頂きました。

日本の人口は30年後の2050年頃には一億人を割り

2060年には9000万人を割り込むとされています。

生産年齢人口(労働力)は現在の約半分となり経済小国になります。

日本の技術や文化を輸出し、若い労働力を輸入しなければ

日本はどうなるのでしょうか。

30年先、50年先を見据えた政治をして欲しいと思います。

カンボジアと言えば先日、ホリエモンのプロデュースで

『猫ひろし、オリンピックへの道』が映画化されるとありました。

また今朝の新聞には「三菱商事がミャンマーで病院展開」

「大和ハウスがベトナムで大規模ホテル建設」と載っていました。

今、アジアは熱いです。

私たちも東南アジアの未来に目を向けたいものです。

私たちも、異文化に触れ、異文化を取入れる努力をしませんか。

<スポンサーリンク>

若さの秘訣 情熱を持ち続けることは「幸せ」に保ち続けること

アメリカのパデュー大学で、社会学と加齢医学を研究している

マーカス・H・スチャファー博士は

「若い気持ちを保つ人は、老化が遅い」と言っています。

博士の研究によると、若い気持ちを保つことは

「情熱」を保つことと密接に関係しているようです。

それでは「若い気持ち」を、いつまでも保つためには

私たちは何を考え、何を行ったらよいのでしょうか?

そもそも、若い気持ちを保つための妙薬などあるのでしょうか?

実は・・

「ある」のです。

成体になった「ねずみ」を使った動物実験でですが

遊び道具の多いカゴに入ったねずみは、

普通のカゴに入ったねずみよりも、

1つのニューロン当たりの樹状突起の数が多くなったそうです。

つまり、脳がより発達したということです。

私たち人間も、楽しいことにチャレンジすること、

好奇心を持って、新しいことにチャレンジすることで、

心を若く保つことができるのです。

また、新しい事を学び続ける人も

「情熱」を持ち続けることが出来るそうです。

実際の年齢が80歳であろうとも、新しいことに挑戦し

いろんな事を学ぼうと「情熱」を持ち続ける限り

若々しくみえるのです。

しかし、学ぶ事をやめ、固定観念に支配された人は

年老いていくのです。

例え、20歳であろうとも、これらの努力を怠っていると

心は年老いていくのです。

学び続ければ「新鮮な発見」と「新しい出会い」と

「感動の喜び」が生れるのです。

それが「若さの秘訣」といえるでしょう。

昔は「脳細胞は死滅したら戻らない」と言われましたが

人の脳には「可塑性(かそせい)」という

死滅した脳細胞を蘇らせる脳力が備わっていることが判りました。

この脳力こそ、人の脳の特徴でもあるのです。

ですから、年をとっても「自分には無理だ」と言って

諦めたり、否定したりしないで

脳に刺激を送り続けることが大切なのです。

ですから、好奇心を持って、前向きに趣味や読書に取り組んだり

または、思いっきり笑ったりして、脳に刺激を与えましょう。

しかし、何よりも大切なのは

新しいことに・・

未体験の事に・・

「チャレンジする心構え」だそうです。

情熱を持ち続けることは、若さを保ち

自分を「幸せ」に保ち続けることなのです。

作詞家、サミエル・ウルマンも

『青春の詩』の中で次のように言っています。

「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、

怯懦(きょうだ)を却ける勇猛心

安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失う時に初めて老いがくる。

(中略)

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

ですから、いつまでも

理想を失わずに、自分の信じた道に

「楽しい」「面白い」と言って挑戦してみましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした「楽しい」「面白い」の言葉が

挑戦する勇気を与えてくれるのです。

それが、心を熱くするのです。

情熱が脳を刺激し、若さを保ってくれるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「楽しい」「面白い」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、心を熱く燃やしましょう。

情熱を持って自分の信じた理想を追い続けましょう。

そして、心をいつまでも若く保ち続けましょう。

若い心で、この世を去るまで青年で生きましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰


※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。