人を励ます 激励は魂にとっての酸素

2017年4月14日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜の『成幸者の集い』では『一般社団法人 たすけ愛』の理事長

木崎氏に「新聞から読み取る、これから伸びるビジネス、

衰退するビジネス」について話をして頂きました。

「新聞は読むものではない」の言葉で始まり、参加者を驚かせました。

決して「新聞を読むな!」と言っているのではありません。

「新聞から時代の流れを読み取れ」と言っているのです。

参加された方々は大満足で、有意義な時間だったようです。

木崎氏は企業コンサルタントとして多くの実績を持ってる方です。

そこで『たすけ愛』では、木崎氏を中心に強力なスタッフを揃い

コンサルティング事業を展開する予定でいます。

月、数十万円のコンサルタント料を払って頂いても

納得のいくものになると思います。

『たすけ愛』の皆さんは、そんなスタッフの方々に

無料で、いろんな相談が出来るのですから

本当に幸せだと思います。

また、木崎氏は『たすけ愛』の会員の皆さんへ、

毎朝、新聞の中から「気になるニュース」をピックアップして

LINEで流して下さっています。

私は、新聞をほとんど読みませんので毎朝の木崎氏からの

ニュースを参考に、時代の流れと変化を感じ取り、

自分のビジネス展開に役立てています。

皆さんも『たすけ愛』を自分のビジネスに

お役立てはいかがでしょうか。

そして今日は、あの「熊本地震」から丸一年です。

この地震による犠牲者は222人、避難者の数は18万人以上。

現在でも4万7,000人以上の方が避難をしています。

亡くなられた方の冥福と

被災者の皆様方の一日も早い再起を願い、祈りたいと思います。

『たすけ愛』でも、10万円の寄付をさせて頂きました。

被災者の皆さんの再起に少しでもお役立て頂ければ幸いです。

<スポンサーリンク>

人を励ます 激励は魂にとっての酸素

「おだてられれば、あなたを信じない。

批判されれば、あなたを嫌いになる。

無視されれば、あなたを許さない。

勇気づけられれば、あなたのことを忘れない」

これは、アメリカの作家であり教師であった

ウィリアム・A・ウォードの言葉です。

心理学者らによって、ある面白い実験が行われました。

それは「裸足の人が氷水の入ったバケツの中に、

どれぐらいの時間立っていられるか?」というものです。

『人間はどれぐらいの痛みに耐えられるか』

というテーマで行われたこの実験で判ったのは

「ある要因」があると、通常よりも二倍の時間、

氷水の中に立っていられるということです。

では、その要因とは・・?

それは、ズバリ『激励』でした。

その場に居合わせた人が、励まし、手を貸そうとするだけで

人は長い時間、困難に耐えられるということが、

この実験で分かったのです。

「激励は魂にとっての酸素」という言葉がありますが

励ましほど人の支えになるものはありません。

自分がどれだけの力を周囲の人に与えているのか、

それを図る大きな指針となるでしょう。

あの、ウォルト・ディズニーは

「世界には三種類の人間がいる」と次のように言っています。

1「井戸に毒を入れる人」

人のやる気を喪失させ、創造性に水を差し、

「出来ない!」「無理だ!」と言うことしか出来ない人。

2「芝を刈る人」

悪気はないのだが、自分のことしか頭にない人。

自分の家の芝は綺麗に刈るが

人の家の芝刈りを手伝う意識のない人。

3「人を育む人」

積極的に人々の人生をより良いものにしようと、

精神の高揚とひらめきを与える人。

自分がどんな人たちに囲まれているかで

人生は大きく変わると思います。

「井戸に毒を入れる人」は論外です。

「芝を刈る人」でも、自分を成長させることは出来ません。

やはり、自分の人生に良い影響を与え、望む人生を歩むためには

「人を育む人」をどれだけ多く持つかではないでしょうか。

その為には「類は類を呼ぶ」という言葉ある様に

自分が「人を応援する人」になることなのです。

そして、励ましを与えられる人になることが

「真のリーダー」となる必要条件でもあるのです。

ですから、人が頑張っている姿をみたら

「頑張れ!!」「大丈夫だ!!」

「もう少し・・!!」などと声援を送りましょう。

「言葉はちから」です。

その声援が、人を励まし、人を元気にし、仲間を殖やすのです。

すると同時に、自分を励まし、元気にし、頑張る意欲が

自分の中にも湧いてくるのです。

人を励ますことで、自分が励まされ、多くの仲間に支えられて

望む人生を歩むことが出来るのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「頑張れ!!」「大丈夫だ!!」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、人を励まし、自分を励ましましょう。

そして、人を励まし合う仲間と共に充実の毎日を送りましょう。

多くの仲間に支えられて望む人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。