未来への希望で自分も満たされる

2016年1月27日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は、スペイン・バルセロナの“サグラダ・ファミリア”で

主任彫刻家として活躍されている

外尾悦郎(そとお えつろう)氏の言葉から学びたいと思います。

皆さんもご存知かも知れませんが“サグラダ・ファミリア”は

1882年3月に建設が始まり134年経った今も、

未だ完成されていません。

完成に300年掛かると言われていましたが

2026年の完成を目指して工事は急ピッチで進んでいます。

<スポンサーリンク>

未来への希望で自分も満たされる

「人を幸せにするのは希望です」

これは、“サグラダ・ファミリア”の主任彫刻家

外尾悦郎(そとお えつろう)氏の言葉です。

そして、 言葉は続きます。

“サグラダ・ファミリア”で彫刻家として36年間、

石を彫り続けて思うのは

「人間の幸せって何だろう・・?」

「一つはどれだけ、他を愛し、

自分でないもののために生きられているか。

他のために生き、それによって自分も満たされる」

例えば、愛する人のために・・

家族の喜ぶ顔を見るために・・

自らを犠牲にはするが、自らの心は満たされる。

そんな生き方が出来るのだろうか?

25歳の旅の途中に、“サグラダ・ファミリア”と出会い、

それから、石を彫り続けて来ましたが

長い間、一回一回の請負彫刻家でした。

毎回、毎回が命懸けでしたよ。

でも命懸けだからこそ、面白い仕事が出来るんです。

いつも自分に言い聞かせてきた言葉が

「今がその時、その時が今」です。

本当にやりたいと思っていることが

「いつか来るだろう」と思っていても、

「今」を真剣に目の前のことをやらない人には決して訪れない。

未来への希望を持っているからこそ、

瞬間、瞬間をいのち懸けで生きれるのだと思いますよ。

優しく慈愛に満ちた表情で外尾氏は語られました。

人間は脳の中に、「サーボメカニズム」と言う

素晴らしい働きを持っているそうです。

それは、人工衛星が目的地点に向かうように

目標に向かって軌道修正しながら進むシステムのことです。

「サーボメカニズム」が働くと、毎日、その目標に向かって

小さな行動を一歩一歩し続けます。

人生には、この一歩一歩の歩み、プロセスがとても大切なのです。

まさに、その一歩一歩の歩みが

「今がその時。その時が今」なのです。

新しい年を迎えて、今までを振り返って反省をし、

新たな目標を立てられた方も多いのではないでしょうか。

しかし、大切なのは目標が達成できたかどうかよりも、

その行動、プロセスが大事なのです。

そのプロセスの中で、迷ったり、悩んだり、苦しんだり、

自分を奮い立たせたり等々。

そういう経験が人を大きく成長させます。

そして、そうして掴んだ喜びは

何ものにも代え難いものになるのではないでしょうか。

また、幸せというのは、

「現在、どれだけのものを持っているか」ではなく、

「未来に、どれだけの希望を持っているか」

なのではないでしょうか。

ですから、「夢」、「希望」は自分の未来です。

だから、「夢」を持ち、「夢」を語りましょう。

そして、障害にぶつかったら

「今がその時。その時が今」と言葉に発しましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が

「希望」となって「今」に全力を尽くすことでしょう。

「今」が積み上がって、「未来」が手に出来るでしょう。

もう一度、未来への希望の数が幸せの数であり、

未来(夢)は希望によって叶えてくれると言うことを心に刻み、

さあ!!、今年も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

希望となる言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、今に全力を尽くしましょう。

今を積み重ねて、大きな未来を手にしましょう。

そして、幸せな人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰