大人の役割 強い心をもつ子供たちをつくる

2016年3月17日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は、私の尊敬する方と話す機会を頂きました。

私は、いつも、その方から「夢と希望」を

生きる「勇気と元気」を頂いています。

そこで、今日は「夢と希望」についてご紹介させて頂きます。

<スポンサーリンク>

強い心をもつ子供たちをつくる

テレビなどで「いじめ」や「体罰」による子供の自殺が

時々話題になりますが、このような悲しい話題が

なくなる社会をつくるのは難しいのでしょうか。

「いじめ」や「体罰」がなくなる社会をつくることは大切ですが

完全になくすことは難しいかも知れません。

しかし、「自らの命をたたない子供を育てること」は

可能だと思います。

そして、この様な強い心の子供に育てることが大切だと思います。

では、どうすれば、「強い心の子供」ができるのでしょうか。

それは、子供たちにできるだけ幼い時から、

「強い人格」を形成させることです。

実は、「人格」というのは「過去」からくるものではありません。

ですから、過去に嫌なことにあったから、

「今の暗い人格ができた」ということはないのです。

では、「人格」は、どのようにしてできるのでしょうか。

それは、その人の未来の「希望」から来るのです。

「未来に明るい希望」を持っている人は

決して、「暗くなる」ことはありません。

希望の未来を見つめて、今をウキウキ、ワクワク、

そして、イキイキと明るく元気に過ごせるはずです。

また、「未来」に、はっきりとした「大きな夢」が・・

「高い志」のある人が、人をいじめたり、

人にいじめられたとしても「自ら命を絶つ」ことはないのです。

私たちは、長い人生に於いて、つまづくことや失敗することで

財産や名誉や地位を失うこともあるでしょう。

そして、「死」を選ぼうと思う方もいるかも知れません。

しかし、何もかも失ったとしても、「あるもの」を失わない限り

人は、決して「死」を選ぶことはありません。

では、その「あるもの」とは何か?

それは、「夢と希望」です。

そして、「夢と希望」は私たちの今の行動をつくります。

私たちの「今」は「過去」が作り出したのではなく

「未来」が作り出しているのです。

想像してみてください。

野球選手になりたいという夢を持っている少年は

今、バットの素振りを始めるでしょう。

サッカーの選手になってワールドカップに出たいと思う子供は

今、ボールをけり始めるでしょう。

いつも、「今」は「未来」が作っているのです。

それでは、子供たちが「未来に希望」を持ち、

「大きな夢」とともに、明るく、元気に生きるのに

最も大切なこととは・・

そして、大人にできることとは、一体、何なのでしょうか。

それは、周りにいる私たち大人が

「夢と希望」を持つことの大切さを気付かせること。

「夢と希望」を持って生きることが

どれだけ、楽しく、素晴らしいことなのかを

身をもって見せることではないでしょうか。

そして、子供に最も影響を与えるのは、

やはり「両親の姿」ではないでしょうか。

私は、子供への一番の教育は、

知識を身に付けさせることも大切ですが

未来に「夢と希望」を持たせることだと思います。

ですから、私は65歳になった今でも

心には「大きな夢」を持って、

背中のリックには「希望」を詰め込んで動いているのです。

そして、毎朝、神棚に向かって

「今日も、出逢う全ての人に夢と希望を・・

勇気と元気を与えてきます」と誓って出掛けます。

「言葉はちから」です。

その口にする誓いの言葉が、

誰よりも自分に「夢と希望」の大切さと

「勇気と元気」をもって行動することの大切さを

気付かせ、後押ししてくれているのです。

ですから、皆さんもご一緒にどうでしょうか。

「大きな夢」、「高い志」、「未来への希望」をもって、

未来を背負う子供たちに、「夢や希望」を持つことの素晴らしさと

「生き抜く智慧」を持つことの大切さを

私たち大人が、我が身の行動を通じて気付かせませんか。

さあ!!今日も、

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

子供たちに、自分の「夢」を語りましょう。

ウキウキ、ワクワク、「夢」の中で楽しく生きる、

うしろ姿を見せましょう。

自分の未来と子供たちの人格を育てましょう。

そして、子供たちの未来を信じましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

よし!今日も「自分の信じた道」を全力で歩もう!!

大切な人、愛する人を守るために・・

感謝 合掌

菅野宏泰