APRIL FOOLの日に誓う 大ボラで世界を変える

2016年4月1日

今日から4月ですね。

そして、新年度の始まりです。

東京はお花見で賑わっていることでしょうね。

私は今朝はマニラからメッセージを贈らせて頂いています。

早いもので一年も4分1が過ぎてしまいましたね。

新年度のスタートに当たり、残り4分3をどう過ごすか?

どのように目標に向かって歩めば良いのか?を

考えてみてはいかがでしょうか。

また、今日は“APRIL FOOL”ですね。

ですから、今日は「大ぼら」を吹きたいと思います。

毎月一日は、このメルマガをどうして配信することになったかを

ご紹介させて頂いていましたが

今日は、新しくスタートするプロジェクトの考え方を

ご紹介したいと思います。

“APRIL FOOL”だからと言ってウソではありません。

本気ですので読んで頂いて興味がありましたら

ご意見を頂ければ有り難いです

<スポンサーリンク>

APRIL FOOLの日に誓う「大ぼら」で世界を変える

この度、私たちは、数名の発起人によって

『一般社団法人 たすけ愛』を起ち上げることになりました。

このメルマガでも、いつも言っているように

私たちの人生の究極の目的は「幸せになること」だと思います。

私は、十数年前に下記の様な『幸せ宣言』をして

どう生きるか?を考えて今日まで生きて参りました。

そのお陰で、素敵なご縁を頂き、出逢いがあったと思います。

その宣言とは・・、

『私たちは幸せなるために生れてきた。幸せになることが人生の使命である』

私達は出逢いと感動こそが全ての始まりであると信じます。

私達は夢と希望こそが生きるもの全ての糧であると信じます。

私達は勇気と決断こそが今日の出発点であると信じます。

私達は情熱と信念こそが全ての行動原理であると信じます。

私達は信頼と感謝こそが全ての礎であると信じます。

『私達は、生きとし生けるもの全てに愛を感じ誠実と理を持ってすばらしい人間の輪を咲かせます』

これが、私の生き方の基本原理です。

「幸せ宣言」通りの生き方をしているかと問われると

なかなか出来ていないのが現状です。

しかし、この基本原理があるから、修正することが可能です。

また、迷いも少なくなったと思います。

私たちの人生の究極の目的は、「しあわせ」になることです。

私たちはこの究極の目的達成のために

人と「で愛」、

人と「めぐり愛」、

人と「ささえ愛」、

人との「たすけ愛」の中で生きています。

私たちは、この『たすけ愛』を基本理念に

人間の本来の生き方、根本的な考えを広げていき

新しい文化が創造できたら、

住み良い社会が実現できると信じています。

私たち人類は、18世紀に起こった産業革命によって

「物の豊かな時代」を築き上げました。

また、20世紀を起こった『情報革命』によって

凄いスピードで情報が行き交うようになり、

「お金が力を持つ時代」になったと思います。

その結果、物質的、経済的な「豊かさ」は手に入れやすくなりました。

しかし、その反面、この情報格差が地域格差、経済的格差を

生む結果となり、「貧富の差」を生んでいるのも事実です。

この「貧富の差」をなくし、物心ともに豊かになり、

幸せが実感できる社会を築くことが、

これからの時代を生きる私たちの使命ではないでしょうか。

ですから、私たちが次の時代に求めるのは

「精神文化の時代」だと私は考えています。

21世紀こそは『精神革命』の時代であり、

その発信基地が日本だとも考えています。

何故なら、日本人には「たすけ愛」の精神を

ご先祖様から受け継いできた「DNA」があるからです。

私は、「豊かさ」を追求することは

決して悪いことではないと思っています。

ただ、そのことによって生まれている「貧富の差」が

問題なのではないでしょうか。

そのことによって世界各地では紛争が起こっています。

多くの人の尊い命が奪われています。

この「貧富の差」を埋めることが平和な社会をつくり

人々が「幸せ」を実感できる社会をつくると思っています。

その「貧富の差」を埋める一つの方法が

豊かな者が必要としている者に必要とするものを提供する

仕組みづくりだと私は思います。

私は、決して平等な社会を築くことが正しいとは思っていません。

みんなで「たすけ愛」ながら、公平な社会をつくることだと思います。

私たちは、そのような仕組み、強いては、社会を創り、

「たすけ愛」の文化を世界に広げていきたいと思います。

その為には、誰もが豊かさを享受できる組織をつくり

豊かになったものから、豊かさを求める方々へ

支援のできる環境をつくりたいと思っています。

また、そのような環境、社会は

人間に「愛」がある限り、実現できると信じています。

では、その具体的方法とは・・

新しいし仕組み、新しい生き方とは・・

先ずは、私たちが「物心ともに豊かになる」ことだと思います。

私たちが、物心ともに豊かになることによって、

必要としている人々に必要なものを支援をすることが出来ます。

ですから、『たすけ愛』の基本理念をもとに

多くの方々に『夢』と『ゆとり』と『チャンス』を

提供する仕組みを提案して参ります。

具体的な内容については明日、ご紹介させて頂きます。

なぜ“APRIL FOOL”の今日、この様な話をさせて頂いたかと言うと

皆さんの夢、目標達成も同じようにやって頂けたら

良いと思ったからです。

大義に基づいたウソのような「大ぼら」を吹いて、宣言すると

必ず、支援者が現れ、神が応援をしてくれるからです。

ですから、“APRIL FOOL”の今日「大ぼら」を吹きましょう。

「大ぼら」を吹いて、吹いて、吹きまくりましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした「大ぼら」が、いつの日か現実となるのです。

いつの時代も夢が現実を創って来たのです。

現実は夢によって創られて来たのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

大ぼらを吹いて、吹いて、吹きまくりましょう。

ウキウキ、ワクワク、大ぼらが現実となるのを待ちましょう。

大ぼらで世界を変えましょう。

私も、“APRIL FOOL”の今日、

「たすけ愛」の基本理念で世界を変えることを宣言します。

2016年4月1日

感謝 合掌

菅野宏泰