幸福な人生を送る秘訣 周りの人の幸運や達成を喜び合う習慣を

2016年7月4日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は月曜日、また一週間がスタートしましたね。

思い出を刻み、幸せな人生を築くための一週間の始まりの日ですね。

昨日は関西方面への出張で、家に戻ったのは0時を過ぎていました。

しかし、横になれる家があり、

空腹を満たすことの出来る食事があることに心から感謝でした。

また、新幹線の移動中には励ましのメールなども頂き

有り難い人生を歩ませて頂いていることを実感しました。

たくさんの感動の思い出と更なる幸せを実感するために

今週も与えられた環境を精一杯、楽しみたいと思います。

そこで今日は「幸せ」についての面白い記事を見つけましたので

考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

幸福な人生を送る秘訣 周りの人の幸運や達成を喜び合う習慣を

「心を許せる親友は何人いますか?」という質問を

アメリカのある研究機関で調査した結果。

1985年では、一番多い答えが「3人」と答えた人でした。

しかし、2004年になると

一番多かったのが全体の25%に当たる人の答えた

「0人」でした。

21世紀のアメリカ人の実に4人に1人が、

気を許して、話し合える相手が一人もいないと言うことです。

これは、アメリカ人だけでしょうか。

私たちの周りでも「孤独感」を感じている方は

多いのではないでしょうか。

「孤独感」は「あらゆる不幸の源」になるという研究結果も

いろんな研究から多く示されています。

孤独感を感じている人は、例えば、

・病気になりやすい。

・集中力や判断力が損なわれる。

・老いが早まる。

・社会的な成功から、遠ざかりやすい。

・鬱になりやすい。などなどです。

他人から拒絶された時の、私たちの脳の反応は、

身体的な痛みを感じた時の脳の反応と部位を共有しているそうです。

ですから、脳にとって「寂しさ」は「痛み」と同じなのです。

人間のような社会性の強い動物は、

社会とのつながりを失うと生存が脅かされると言われています。

研究によると「孤独感」は、人間の幸福度にも、社会的成功にも

大きな影響を及ぼすと言われています。

「孤独感」の少ない人は、「幸福感」を感じ、

その結果、より多くのお金を稼ぐ傾向にあると言うのです。

見方を変えれば、

「経済的豊か」になるには「幸福感」が重要だと言うことです。

また、「社会的なつながり」において

「ポジティブな面を評価する」ことが大切だということも、

研究結果によって解かって来たそうです。

例えば、職場の同僚が昇進したときに「共に喜び合うこと」と

同僚が昇進し損なったときに「相手を気遣うこと」を比べると、

「共に喜び合うこと」の方が

「幸福感」をより強く実感するそうです。

より大きな影響を私たちの脳に与えるそうです。

要は「励ます」よりも「ともに喜びましょう」と言うことです。

また夫婦が「楽しい人生を共に過ごそうと考えること」の方が、

「苦しい時に、共に慰めあうと考えること」より重要だと言うのです。

つまり、「幸福な人生を送る秘訣」は

「周りの人の幸運や達成を喜び合う習慣」を身に付け、

実践する日々を送ることなのです。

だから、目の前の人に「良いこと」があったら、

妬むのではなく

「良かったね」

「おめでとう」

「私も嬉しい!」と共に喜びましょう。

「言葉はちから」です。

その人の喜びを喜ぶ言葉が

人を魅了し、

仲間を増やし、

孤独感から解放し

更に自分を幸せにしてくれるでしょう。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

人の喜びを喜ぶ言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、心の許せる仲間を増やしていきましょう。

孤独感から解放されて、より幸せな人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰