未来のアルバム 未来を想像して過去のこととして祝う

2016年7月13日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は、これからカンボジア・プノンペンへ出発です。

このメルマガが皆さんのところへ届く頃には、

私は雲の上で爆睡だと思います。

今回は、当初の予定を大幅に変更して、

観光なしの仕事のみの旅です。

仕事と言っても、以前から進めている

『資産持ちプロジェクト』の一環で、不動産の視察が中心です。

ところで、皆さんはカンボジアの暗い過去をご存知でしょうか。

ポルポト政権で大虐殺が行われたのです。

人口800万人の国で200万人以上の人々が殺されたのです。

しかし、この国の人たちは「この国を良くしたい!!」と

暗い過去から立ち上がったのです。

未来を見据えて力強く歩み始めたのです。

そして、夢に向かって歩む国には、エネルギーがあります。

すごい勢いで発展し始めたのです。

ですから私は、この国の未来を信じます。

そして、そこにいる人々が大好きです。

そこで今日は、未来を素晴らしいものにする方法について

ご提案をしたいと思います。

<スポンサーリンク>

未来のアルバム 未来を想像して過去のこととして祝う

未来を良くするには、「何でも良い」ですから

その日あったことで嬉しかったことに乾杯すると良いそうです。

何か?理由をつけて乾杯をすると良いそうです。

なんでも良いんです。

例えば、お父さんなら

「パパ、成功おめでとう」と家族に言ってもらって乾杯する。

子供さんなら、「○○ちゃん、先生に褒められて良かったね」

と言って乾杯する。

要は、何かにつけて乾杯をする・・

祝うと良いのです。

これは、「今までの成功」と「これからの成功」の

「過去と未来の成功」を祝ってもらうことなのです。

「おめでとう」「良かったね」は過去の成功への祝辞です。

「乾杯」は、未来の期待の表れです。

「乾杯」と言う行為は、

「過去」を祝うことで「未来」を導き出しているのです。

面白いことに、「潜在意識」や「潜在能力」には、

「過去」も「未来」もなく、口にした世界しかありません。

「おめでとう」と言うと「めでたいこと」だと認識し

「良かったね」と言うと「良かったこと」だと認識します。

ですから、この潜在意識の特徴を利用して

「未来の成功を祝う」と良いのです。

月収100万円が夢や目標であるのならば、

家族に、「パパ、月収100万円おめでとう!」と

先に乾杯をしてもらうのです。

私はよく「未来のアルバム」を作りました。

アルバムに貼る写真へのコメントは・・

「2020年3月5日、家族とハワイのワイキキで・・」とか、

「2022年8月10日、念願のマイホームの前で・・」など

*日付は未来でも、コメントは必ず過去形です。

この様に、未来を想像して、過去のこととして祝うのです。

どうでしょうか!?

馬鹿馬鹿しいでしょう。

笑いますよね。

そうです。

馬鹿馬鹿しいことができる人が・・

人に笑われるようなことが出来る人が・・

自分を変えて・・

人を変えて・・

世の中を変えていく人なのです。

普通なことをやっていて・・

「人生など変わるはずがない!!」のです。

だから、大きな夢・・、目標が出来たなら

その望む未来を口にして、乾杯しましょう!

未来を過去のものとして祝いましょう。

「言葉はちから」です。

その祝福した未来が、やがて現実となるのです。

未来を過去形で祝うと、未来は現実のものとなるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

「かんぱーい!!」

「必ず達成出来ると思っていました!」

「おめでとう!」と祝いましょう。

ウキウキ、ワクワク、望む未来を現実のものとしましょう。

その為に、未来を明確に描き、未来の姿を演じ切りましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰