人生は単純で、バラ色

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

一昨日(6月12日)、上野動物園で5年ぶりに
ジャイアントパンダ「シンシン」に赤ちゃんが産まれました。

久しぶりに明るいニュースですよね。

赤ちゃんの体重は100~200g程度ですが
大人(5~6歳)になると体重は100~150kgになります。

5~6年で1000倍になるのですから凄いですよね。

こんなビジネスがあったら良いですよね。

「小さく産んで大きく育てる」

これは、人間やパンダだけでなくビジネスにも共通することです。

ソフトバンクの孫さんは、数年前に中国の『アリババ』に投資をして
14年で投資額の4000倍のリターンを受取りました。

現代は、小さな投資で大きなリターンを手に出来る時代なのです。

是非、皆さんも孫さんのように、
パンダのようなビジネスを見つけて資産を殖やしてください。

『“あるがまま”を“あるがまま”に』

人生は、とても「単純」です。

そして、人生は「バラ色」です。

こんな言葉を見つけました。

正にその通りだと思います。

「神は人間をまっすぐに造られたが・・、

人間は複雑な考え方をしたがる」

これは、旧約聖書(コヘレトの言葉)にある言葉です。

もし、私たちが「何か」をした場合に、

「思ったようにならなかった」としたならば、

それは、その人がそうしているだけなのだと言うのです。

何かが難しいならば、難しくしているのは自分だそうです。

売り上げが上がらないのであれば、

それは上げたくない自分がいるか
または、上がらないやり方を自分で選んでいるからだそうです。

組織が拡大したいと思っても、
拡大しないやり方を自分が選んでいるからだそうです。

楽しくないのは、楽しもうとしてない自分がいるからだそうです。

誰かや何かのせいではないのです。

すべては、自分のせいなのです。

ですから、誰かや何かのせいにするのはやめて、
もっと単純に考えて、単純に行動しましょう。

神仏は、常に私たちを完成させようと
あふれんばかりの愛を注いでくれているのです。

ですから、ものごとを曲げて見ず、すべてをまっすぐに見る。

ものごとを曲げて考えず、すべてをまっすぐに考える。

習慣を身に付けましょう。

その為には、今、見えるもの全てを・・

今、目の前で起きている全てを・・

「あるがまま」に受け入れて

「あるがまま」を認めることです。

すると、自分に何が必要で、何が不要かが見えてくるのです。

そして「あるがまま」に受け入れて

「あるがまま」を認めると

「ラクに!」「楽しく!」生きられるのです。

では、どうすれば「あるがまま」を・・

「あるがまま」に見る習慣が身に付くのでしょうか。

それは、すべてに「有り難い」

「ありがとう」と感謝することなのです。

ですから、何があっても・・

何が起きても・・

「有り難い」「ありがとう」と感謝の言葉を口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした感謝の言葉が、

目の前のすべてを素直に受け入れる心を育てるのです。

「あるがまま」を「あるがまま」に見える心が育つと
何が必要で、何が不要かが見えてくるのです。

「あるがまま」を「あるがまま」に見える心が育つと
未来が見えてくるのです。

すると、人生は「ラクで!」「楽しく!」なるのです。

そして「バラ色の人生」になるのです。

※孫正義さんは「あるがまま」を「あるがまま」に見ているから
未来が見えているのかも知れませんね。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

すべてに「有り難い」「ありがとう」の感謝の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、「あるがまま」を

「あるがまま」に見る心を育てましょう。

「あるがまま」を「あるがまま」に見る心を育て

未来を見る目を養いましょう。

そして、人生を謳歌して『バラ色の人生』にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野 宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

フォローする