個性という宝物

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう

今朝は、久しぶりに雲一つない青空が窓の外に広がっています。

暦の上では今日は『処暑(しょしょ)』です。

『処暑』とは、二十四節気の一で、厳しい暑さの峠を越し、
夏の暑さが和らぐという頃という意味です。

私の育った田舎では、朝夕には涼しい風が吹き、
赤とんぼが飛び、虫の声が聞こえ始めます。

しかし、今年の夏は今日から猛暑日が続くとのことです。

皆さんも、水分の補給を忘れず、
熱射病などには気を付けてお過ごしください。

また昨日は、甲子園で新しい記録が生まれましたね。

広陵高校の中村奨成選手が清原和博元選手の持つ
一大会5本塁打の記録を32年ぶりに塗り替え

今大会6本目のホームランを打ちました。

「アッパレ!!」ですね。

『ありのまま表現すれば、魅力的になる』

皆さんの考える魅力的な人って、どんな人ですか?

「スラリとした長身」「いつも、ブランド品を身に付けている」

私たちは、自分の持っていないものに魅力を感じるようです。

ですから「ないもの」を身に付けるために

ダイエットに挑戦したり、ブランド品を身に付けるための
努力しようとします。

そして、多くの人に「すごい」と思われるようしようとします。

しかし、それが本当の魅力なのでしょうか。

それで、本当に魅力的な人になれるのでしょうか。

では、本当の魅力とは、どんなことを指すのでしょうか。

また、本当に魅力的な人とは、どんな人なのでしょうか。

それは「ありのままの自分」を「ありのままに表現している人」
ではないでしょうか。

多少、背が低かろうが・・、鼻が低かろうが・・

それは『個性』ではないでしょうか?

古い鞄を持っていようが・・、安い時計を身に付けていようが・・

身に付けているものが「ブランド品」でなくても、

その人が「ブランド」になれば、その持ち物は輝き

人々の「憧れの品」になるのではないでしょうか。

そのためには、先ずは、私たちが魅力的な人になることです。

では、どうすれば・・

「魅力的な人」と言われるようになるのでしょうか。

実は、私たちは、既に素晴らしいものを与えられて
この世に生まれて来ているのです。

そのことを、私たちは忘れてはいないでしょうか?

低い背だって・・、低い鼻だって・・

それは、神様が私たちに与えてくれた「個性と言う宝物」なのです。

ですから、人の持っていないものを欲しがる前に・・

例えば、両親とか・・、自分の育った環境とか・・

人が経験することの出来なかった「失敗」と言った経験とか・・

音痴とか・・、足が遅いとか・・と言った

自分の持っている宝物を数えてみてはいかがでしょうか。

「失敗とか音痴が宝物?・・」と思われるかも知れませんが

それも、その人しか持っていない「大切な宝物」なのです。

ですから、自分の「ありのまま」を認め「ありのままの自分」を

「ありのままに表現」して生きることです。

周りの人の目を気にして

「~しなければならない」という考えに縛られたり、

人に認められようと行動しているとしたならば

それは、本来の姿ではないでしょうし、幸せでもないでしょう。

一度しかない、私たちの人生です。

であるならば、幸せな人生を送りたいものです。

ですから、神様から頂いた宝物を大切に

「これが、わたし」

「これが、私の個性と言う宝物」と言って

「ありのままの自分」を表現して生きましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が、自分のありのままを認め

ありのままを活かし、自分を輝かせる生き方になるのです。

その生き方が「魅力的な人」と呼ばれるようになるのです。

そして、幸せな人生を歩むことになるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「これが、わたし・・」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、ありのままの自分を認め

ありのままの自分を表現していきましょう。

そして、人生を輝かせて、幸せな人生を送りましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。