目線を上げる わずかな角度で大きな開き

2016年2月24日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

「目の前に起こる全ては宇宙(神)からのプレゼント」だと

先日のメルマガてご紹介させて頂きましたが

今日は、その様な時に「どの様に対処したら良いか?」

具体的な方法をご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

目線を上げる わずかな角度で大きな開き

人は大きな失敗をしたり、将来に不安を抱えたりすると

どうしても、目線が下向きになります。

私も、会社を倒産させた後の一時期、

誰かと顔を合わせたくなくて、

誰にも話し掛けられたくなくて、

下を向いて歩いていたのを思い出します。

また当時、私は祭りが大好きで、祭り太鼓の音が聞こえてくると

ウキウキ、ワクワクして来て外に飛び出すほどでした。

しかし、倒産直後の祭りの日には人に会うのが嫌で

家の中に閉じこもっていました。

それに当時は相当に暗かったようです。

ある日、初対面の方から「菅野さん、暗いですね。

お金に相当、困っているんですね?」と尋ねられ、

「お金に困ったからと言って暗くなっていると

もっともっと苦しくなりますよ」

「人は貧乏だから暗いのではないのです。

暗くしていると貧乏になるのですよ」と言われました。

それから私は鏡を買って来て笑顔の練習を始めたのです。

私と会った方は、私の笑顔をご存知かと思いますが

「笑顔だけ」は良い方だと思います(自画自賛)

笑顔になると自分の周りの環境が変わり

収入も格段と代わって来たのを思い出します。

要は、私たちは自分の発する言葉と自分の振る舞いによって

環境も収入も変えることが出来ると言うことです。

この環境と未来の収入を変えることが

もっとも簡単にできる方法があります。

皆さんは知りたくはありませんか。

それは、目線を変えることです。

ほんの僅かで結構ですから目線を上に上げることです。

ほんの僅か、1度でも2度でも結構ですから

背筋を伸ばして、胸を張って、目線を上げて歩むことです。

その僅かな努力が環境を変え、未来の収入を変えるのです。

自分の周りの成功をされている方を観察してみてください。

下を向いて暗い方で、成功している方は居ないはずです。

彼らは、成功したから上を向いて明るいのではないのです。

上を向いて明るく接して来たから成功したのです。

ですから、ほんの少しだけ目線を上げて歩みましょう。

紙に直線を一本引いて、その直線に交わるように

僅か1度か2度、角度を変えた直線を引いてみてください。

この2本の直線に交わった付近では大きな開きはありませんが

交わった点から離れるにつれて開きは大きくなって来ます。

僅か、1度か2度の違いでも、

先に伸びて行くと富士山ほどの大きな開きになるのです。

しかし、反対に1度が2度、下を向いてしまうと

いつかは海に沈み、やがては決して浮上の出来ない

海底へと届いてしまうのです。

たった「1度」か「2度」の差が、

長い間には天と地ほどの差を生み出すのです。

ですから、ツラい時、苦しい時こそ

「よし、上を向こう!!」と言って目線をあげましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が自分の目線を変えてくれるでしょう。

目線を上げて、

どんな未来を見つめるかで自分の未来は決まるです。

そして、この目線は、実際の目線でもあり、

心の中の目線でもあると言うことを心に刻み

さあ!!、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「上を向こう!!」のひと言で心の目線を上げ

ウキウキ、ワクワク、やがて来る未来を楽しみに待ちましょう。

目線を上げて、望む未来を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰