笑う門には福来る 笑いは人間が発明した最高のもの

2016年3月9日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

私は、本当に幸せ者です。

毎日、素敵な方々と出逢わせて頂いています。

昨日も、素敵な方と有意義な時間を過ごさせて頂きました。

ツラいこともあるだろうに、前向きで、明るく、

そして、「自分を持っているなぁ!」と思わせる人です。

とても笑顔が素敵な方で、話していると元気が湧いてきます。

お別れしてから、「笑顔って大切だよなぁ!」って思いました。

そこで、今日は「笑い」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

笑う門には福来る 笑いは人間が発明した最高のもの

「笑いとは、地球上で最も苦しんでいる動物が発明したものである」

これは、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの言葉です。

客観的に捉える際に大切にしたいのが

苦境の時にどれだけ「笑っていられるか」です。

どんな逆境や困難に向き合っていたとしても、

笑えている人を見ると

この人なら「大丈夫だろう!」、

「必ず、立ち直るだろう!」と思わせてくれますよね。

更に言えば、大きな成功を収めた人は、

どんな状況下に立たされても

自分で自分を笑わせるようにコントロールしてきた人です。

「人間の尊厳は、自分を笑えることである」

これは、ある心理学者の言葉ですが、

セルフマネジメント(自己管理)を行う上で、

非常に大切な考えではないでしょうか。

女子ゴルフ世界ランキングで日本人初となる1位に上りつめた

宮里藍選手も、メンタルコーチから

「パットを外した時には、むしろ笑う」という

指導を受けるようになって、

飛躍的な結果が出てきたと言われています。

自分の長所を笑ったり、自慢したりすることは誰にでも出来ますが

自分の短所を笑って話せる人は少ないですが

そのような人に、私たちは人間味を感じ、

垣根を越えて親近感を覚えたり、信頼感が生まれたりするものです。

私も、30歳で倒産した直後は相当暗かったようです。

ある方に「菅野さん、お金に困っている?暗いよね」と言われ

「お金に困っているから暗いのではなく、暗いと貧乏になるよ」

「もっと、笑顔になった方が良いよ」とアドバイスを受けて

「笑顔」をつくる努力をしました。

その結果、自分の周りの環境が変わり、

収入も徐々に増えてきたのを思い出します。

順境の時に笑っても、周囲の人との差を生むことはできませんが、

逆境の時に、「笑ってみせて」こそ、

周囲の人に、その人の芯の強さと真の強さ、

そして、魅力を与えるのではないでしょうか。

ですから、ツラい時こそ・・、苦境の時こそ・・

「わっハッハ!!」と笑いましょう。

「言葉はちから」です。

その笑い声が笑顔をつくり、笑顔がその人の魅力となり

「人」も「運」も「チャンス」も「お金」も引き寄せるです。

「笑い」と「笑顔」が環境を変え、人生を変えるのです。

「笑う門には福来る」という言葉を胸に

さあ!!、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「わっハッハ!!」と笑って

ウキウキ、ワクワク、苦難を乗り越えましょう。

「笑って」、「笑顔」で幸運を引寄せましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

今日も、最高の笑顔で人に接して来たいと思います。

そして、最高の「運」を手にして来ます。

感謝 合掌

菅野宏泰

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

フォローする