光よりも速いもの 変化すること と 変化しないもの

2016年4月11日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

東京では、桜の花も散り、葉桜に変化していますね。

この様に、私たちの周りには、「変化するもの」と

「変化しないもの」があります。

この「変わるもの」、「変わらないもの」に

私たちは、どのように対応したら良いのか?を

今日は考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

「変化すること」と「変化しないもの」

光より速いスピードで変るものがあるそうです。

皆さんはご存知でしょうか?

その速さは、光の速さの約17倍だそうです。

それは・・

人の「心の変化」だそうです。

東海道新幹線の車両の呼び名は、スピードのアップに沿って

「こだま」→「ひかり」→「のぞみ」と変化して来ました。

やはり、「ひかり」よりも「のぞみ」、

つまり「心の変化」は「ひかり」よりも速いようです。

ところで、人の悩みは「心」からきます。

そして、その人の悩みのほとんどは

「変化」が関係しているそうです。

まず、「変化をすること」からくる悩みには、

・転勤になった。

・転職になった。

・リストラされた。

・職を失った。

・愛する人を失った。

・大切な人が亡くなった。

・不況でボーナスがでなかった。

・シワが増えた。

・白髪が増えた。

などなど・・

そして、もう一つは「変化をしないこと」からくる悩みです。

・子供が何回言っても部屋をかたずけない。

・エステに何百万かけても変わらない。

・旦那は出世しないし、給料も上がらない。

などなど・・

この「変化すること」と「変化をしないこと」で

人は「悩む」そうです。

共に「原因」は「変化」がキーワードです。

では、どうすれば「悩み」から解放されるのでしょうか?

どうしても「変化してしまったら」、

変化して「仕方が無い」と受け入れ

どうしても「変化しないもの」には、

これは「変化しないもの」と受け入れなければ、

辛さや悩みが「増幅するだけ」で、

辛さや悩みからは解放されません。

素直に謝らない人に、なぜ謝らないんだ!!」と怒っても、

本人はきっと、「悪いと思っていない」から「謝らない」のです。

だから、相手を変えるよりも、

自分の考えを変えれば良いのです。

自分の心を変えれば良いのです。

「心」は、一瞬で変えることが出来るのですから・・。

私たちは「幸せになるため」に生まれて来ました。

「本当の幸せ」とは、

「お金があるとかないとか」ではなく、

「心穏やかに生きること」ではないでしょうか。

「心に波風が立たないこと」ではないでしょうか。

ムヒカ前ウルグアイ大統領も言っています。

「あなた自身を幸せにするものを探して下さい。

そこから他の人を幸せにすることを考えて下さい。

世界を変えるのではなく自分を変えるのです」と・・

「変化」を変えようと悩むよりも、

自分を変えれば、見える世界は変わるのです。

では、どうすれば・・、

「自分の心」を変えることが出来るのでしょうか。

それは、自分の周りに起こる変化、すべてに

「ありがとう」、「有り難い」と感謝することです。

「言葉はちから」です。

その口にした感謝の言葉で

「変化するもの」も「変化しないもの」も

受け入れる心が出来るでしょう。

感謝の言葉で「自分の心」を変えていきましょう。

それが、「心穏やかに生きる」コツのようです。

それが、「人生を幸せに送る」コツのようです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

感謝の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、「変化するもの」も「変化しないもの」も

受け入れて楽しみましょう。

自分の心を変えて、「心穏やか」に生きましょう。

そして、幸せな人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰