ゴビ(語尾)族 ないからこそ出来る族の仲間入りをする

2016年6月14日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

このメルマガをお読みの方の中には地方の方、

或いは、地方出身の方も多いのではないでしょうか?

その様な方々は、旅先などで

故郷の言葉に触れると嬉しくなりますよね。

私は福島生まれですから、福島弁で話されている方を見ると

嬉しくなって声を掛けてしまうことがあります。

方言で特徴的なのは、やはり語尾ではないでしょうか。

そこで、今日は私たちが日頃使っている言葉の語尾で

人生が、どのような変わるのかについて考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

ゴビ(語尾)族 ないからこそ出来る族の仲間入りをする

方言で特徴的なのが、やはり語尾でしょうか。

例えば、東北ですと会話の最後が・・

「○○だべ」とか「○○だあ~」です。

これが関西になると「○○ねん」と「○○やねん」ですし、

名古屋弁の語尾だと「○○だがや」「○○だがね」となり

これが福岡になると、「○○ばってん」です。

このように住む地域によって語尾が変わります。

しかし、この語尾を「ある語尾」に変えることによって

運命が大きく変わることを皆さんはご存知でしょうか。

その語尾とは・・

「○○だから・・できない」という語尾で終わる人。

「○○でも・・できる」という語尾が終わる人。

そして最後は、「○○だから・・できる」という語尾が終わる人。

「お金がない」・・、「からできない!!」という部族。

「お金がない」・・、「でもできる!!」という部族。

そして、「お金がない」・・、「からこそできる!!」という部族。

「お金がない」という目の前の現象は、みな同じです。

しかし、それぞれの「語尾」は違います。

その「語尾」の違いによって・・

そこに集まる人種も、生まれる成果も違ってくるのです。

「類は類を呼ぶ」と言う言葉がありますが

「語尾」の同じ人たちが集まり、「仲間=族」となるのです。

それが、「できない族」

「でもできる族」

そして、「からこそできる族」です。

さて、ここで尋ねますが、皆さんは「どの部族」ですか?!

または、どの部族に属したいですか。

お金、知識、コネが「ないからできない」と言う部族なのか。

お金、知識、コネが「なくてもできる」と口にする部族なのか。

お金、知識、コネが「ないからこそできる!!」と言う部族なのか。

ここで、経営の神様と言われた松下幸之助さんが。

「あなたは何故、成功したのですか?」という問いに

応えた時の言葉を贈りますね。

「私は、学歴がなく、病弱で、貧乏だったから・・

成功ができたのではないでしょうか」

いかがでしょうか?

「語尾」が人生を左右すると言うことを・・

「語尾」によって人生が決まると言うことを

ご理解頂けたでしょうか。

ですから、人生目的が出来たら、

○○が「ないからこそ出来る!!」と言葉にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が

「困難」を「チャンス」に変えてくれるでしょう。

「無」から「有」を産みだすでしょう。

そして、大きな成果を手にすることになるでしょう。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「ないからこそ出来る!!」と語尾を変えて・・

ウキウキ、ワクワク、

「ないからこそできる族」の仲間入りをしましょう。

そして、「無」から「有」を産みだしていきましょう。

「無」から「有」を産みだし、大きな成果を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰