言霊の国の子 心にないからこそ口にする

2016年9月2日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨夜は『成幸者の集い』でしたので、

久々に『お金の学校』を開催させて頂きました。

最近、いろんな方から「儲け話」や「投資の話」など、

「お金」に関わる話が良く来ます。

しかし、その様な話に少し違和感を感じていましたので

みんなと「お金」について考えてみようと思い開催しました。

ですから『お金の学校』と言っても、皆さん方が想像するような

お金儲けやお金の殖やし方の話は一切ありません。

私は、「お金は貯めるものではなく、使うもの」だと

思っているからです。

「お金を誰のために、何のために使うか?」で

その人の生き方と価値が問われるのではないでしょうか。

今、時代は凄い勢いで変わっていると思います。

当然、人間の考え方、価値観も大きく変ると思います。

いや、一部の人たちの考え方、価値観が変わってきたから

時代が変化してきているのだと思います。

その価値観や考え方が、

これからの世界を創っていくのだと私は思います。

それは「お金や豊かさ」と言う価値観や概念も変わると思います。

ですから「お金とどう向き合うのか?}

「どの様なお金の使い方をしたら良いのか?」が

大切になってくると私は思います。

「お金のことが解かると人生が変わる」と思います。

ですから、今後は全国でも開催をしようと思っています。

また昨日は1日でしたので「言葉たちに感謝」というタイトルで

このメルマガの誕生についてお話させて頂きましたが

今日は、何故「言葉を科学する」なのか?

についてお話をしたいと思います。

<スポンサーリンク>

言霊の国の子 心にないからこそ口にする

「磯城島(しきしま)の大倭(やまと)の国は、

言霊の幸はふ国(ことだまのさきわうくに)ぞ

福(さき)くありぞと」

これは、飛鳥時代の歌人

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の言葉です。

柿本人麻呂は、

「この日本という国は、

言葉の霊力が幸せをもたらしてくれる国である」

と歌っているのです。

「良い言葉」は「良い結果」を招き

「悪い言葉」は「悪い結果」をもたらすと

古くから言われていたのですね。

私たち日本人は、結婚式などの大切な場所では

慎重に「良い言葉」を選びます。

また、尊敬する人やお世話になった人には

丁寧な「良い言葉」を心掛けていると思います。

しかし、これは特別な場面に限ったものであっては

いけないのではないでしょうか。

私たちの身体は、毎日、食べる食べ物で創られます。

私たちの思考は、私たちが日々発する言葉で決まるのです。

そして、その思考で人生は決まるです。

私たちは、言葉の大切さを分かっているようで

分かっていなかったのではないでしょうか。

今、発している言葉で未来が創られ・・

今日、口にする言葉が人生を決まるのです。

「良い言葉」に満ちた毎日・・

それこそが、遠い昔から

私たち先祖が求めてきた「幸せ」なのかもしれません。

そして、私たちは「言霊の幸はふ国」の子供なのです。

よく「心にもないことを口にするな」と言う方がいますが

私は「心にないからこそ口にしなさい」と言います。

「心にないからこそ、口にして心を創る」のです。

ですから、「楽しくない!」と思ったら

「楽しい!!、楽しい!!」と口にしましょう。

また、「今、自分は幸せでない」と思ったら

「私は幸せ!!」「私は世界一の幸せ者」と口にするのです。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が思考となり、思考が現実となり、

望む人生を創るのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

更に「よい言葉」を口に・・

ウキウキ、ワクワク、思考を変えていきましょう。

思考を変えて、望む人生を歩みましょう。

そして「幸せだった!」と言い切れる人生を送りましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログへ起こしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。