やる気を引き出す 危機感と想像力が未来を創る

2017年1月10日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。
今日も、日の出の光の中でメッセージを書いています。

清々しい気持ちで一日が始まり、

新しい一週間がスタートできる私は本当に幸せ者です。

そして、今日1月10日は『110番の日』です。

110番はGHQの勧告で1948年10月1日に、

東京等の8大都市で始められました。

東京では最初から110番でしたが、大阪・京都・神戸では1110番、

名古屋では118番などと地域によって番号が異なっていました。

それが、1954年に110番に全国統一されたようです。

世界でもトップクラスの治安の良さも警察官の皆様方のお陰です。

皆さんの日頃のご苦労に感謝したいと思います。

また今日は『明太子の日』だそうです。

1949年の今日、福岡の食品会社「ふくや」が、

長く研究を重ねてきていた『味の明太子』を販売したそうです。

「ふくや」の創業者の川原俊夫氏は、お店の宝である製造方法を

地元同業者へ教えたそうです。

そのお蔭で「明太子」は、博多名物として定着したようです。

「ふくや」は、与えることで

年商150億を上回る企業へと発展したのです。

「出せば入る」の宇宙の摂理です。

私たちも見習いましょう。

得たものの一部を社会に還元しようと私も決意しました。

話は変りますが、昨日は美しい振り袖で着飾った

新成人の姿をあちらこちらで見かけましたね。

振り袖姿があるだけで街の景色が変わりますね。

日本に産まれて来たことに感謝します。

その新成人に「お金のことで心掛けていること」を

尋ねたアンケート結果に私は驚きました。

一位が「貯金」

二位が「節約」でした。

若者が「貯金」と「節約」に心掛けて良いのでしょうか。

私は、自分への投資に使って頂きたいと思います。

経験や体験をたくさん買って頂きたいと思います。

若いうちから守りに入らず、自分の成長のために

新しいことに挑戦して欲しいと思います。

そして、昨日は『たすけ愛』の理事長と今年の活動について

打ち合わせをさせて頂きました。

「やりたいこと」「出来ること」を想像すると

もう気分は、ウキウキ、ワクワクです。

ですから今年は『たすけ愛』の活動を前進させます。

『たすけ愛』の未来を想像すると「やる気」が湧いて来ます。

その「やる気」で、この活動を必ず成就させます。

そこで今日は「やる気」について考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

やる気を引き出す 危機感と想像力が未来を創る

お正月休みが明け、三連休も終わって、今日から本格的に

活動を開始すると言う方も多いのではないでしょうか。

新年早々ですから今は「やる気」もいっぱいだと思います。

しかし、時間が経つにつれて「やる気が薄れて来る」

という方も多いのではないでしょうか。

では、「やる気」の出ない要因は何なのでしょうか。

やる気の「ある人」と「ない人」の違いは何なのでしょうか。

それは、危機感と想像力だと私は思います。

私は20歳の時に「このまま行ったら、どうなるのだろう」と

40年後の自分の姿を想像してみました。

すると「自分の望んでいる姿」ではなかったのです。

だから、それまで修業した職人への道をあっさりと棄てました。

会社を倒産させ、大きな借金を抱えた時には死を考えましたが

残された人たちのことを想像し、

死んでいった自分への評価を想像したから

ビジネスの世界で再出発することを決意しました。

セールスの世界で数字をあげて収入も増えましたが

今のセールスをこのまま続けて大丈夫だろうか?

「もし、身体を壊してしまったら・・」と危機感を持ったので

「貯金」よりも「貯客」することを決意し

「貯客ビジネス」を心掛けました。

※「貯客」とは自分を信じてくれるお客様を貯めることです。

大きなトラブルに巻き込まれ、困難にぶつかった時には

逃げ出すことも可能でしたが。

しかし、逃げ出した自分と困難に立ち向かった自分。

その未来の姿を思い浮かべた時に、選ぶ道は直ぐに決りました。

逃げ出した自分の未来の姿よりも、

困難な道を選んだ自分の未来の姿の方が恰好良かったからです。

ですから、今までにない程の大きな「やる気」が湧きました。

そして、困難な道を選んだお陰で人生は大きく変わりました。

いつも、未来に対する危機感が・・

未来を描く想像力が・・

「やる気」を引き出し、人生を変えてきました。

ですから、「やる気」を起こしたければ

「これで良いのか?」「このままで大丈夫か?」

そして「自分はどうあるべきなのか?}と自問自答しましょう。

「言葉はちから」です。

その自問自答が、現状維持が良いのか?どうか?

危機感を本気で考える機会になるのです。

自分の未来を真剣に想像する機会となるのです。

それが「やる気」を引き出すのです。

その「やる気」で望む未来を創るのです。

危機感と想像力が未来を創ると言うことを胸に刻み

さあ!!、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

自問自答を繰り返しながら

ウキウキ、ワクワク、自分の輝く未来を想像しましょう。

そして「やる気」を引き出しましょう。

「やる気」で自分の未来を輝くものにしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今年も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

管野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。