今に集中する 今の結果が明るい未来と良い思い出をつくる

2017年3月7日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今回で4回目となるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が

今夜、東京ドームで開催されます。

日本の第一戦は宿敵キューバチームです。

日本チームの合言葉は「2017年世界一奪還へ」です。

選手の皆さんには全力を出し切って

納得のいく戦いをして欲しいと思います。

それが結果として「優勝」につながると思います。

私たちも「侍ジャパン」に声援を贈りましょう。

<スポンサーリンク>

今に集中する 今の結果が明るい未来と良い思い出をつくる

「あせることは何の役にも立たない。

後悔はなおさら役に立たない。

前者はあやまちを増し、後者は新しい後悔を作る」

これは、ドイツの詩人であり劇作家のゲーテの言葉です。

「心のブレ」「心の迷い」をなくすための考えを

示唆した言葉ではないでしょうか。

私たちは、心の状態によって行動が変わります。

そして、その行動によって結果が生まれます。

ですから「良い結果」を求めるには

「心が良い状態」であることが大切なのです。

「心が良い状態」とは「心が安定」していると言うことです。

つまり、良いパフォーマンスが維持するには

「平常心」を保つことが大切なのです。

一流のスポーツ選手が「本番で結果を出す」ためには

「平常心が大事です」としばしば口にすることがあります。

それは、こうした理由からではないでしょうか。

それでは、平常心を保つために「必要不可欠なことはなにか?」です。

それは『今』に集中することです。

何かを思い煩っていては『今』に集中することはできません。

「心のブレ」を無くす最大の秘訣は

「自分でコントロールできないもの」に引っ張られないことです。

その「コントロールできないもの」の代表的なものが

「まだ訪れていない未来のこと」と

「すでに起こってしまった過去のこと」です。

ゲーテの言うように、

「未だ来ぬ未来」に惑わされて、先を焦ったところで

自分の力を出し切れなければ、過ちは増すばかりです。

また「過ぎたことを悔んで」過去を引きずっていては

今に集中することは出来ません。

そして、その結果「満足のいく結果」が得られず

更に新しい後悔が生まれるのです。

ですから「自分自身がコントロールできるもの」に

意識の焦点を合わせ

そこに時間と能力をかけていくことが賢明ではないでしょうか。

私たちが「良い成果」をだすには、

心を平常に保ち、安定させることが必要となるのです。

私たちの未来は「今」が積み上げて創っていくのです。

そして「今」がやがて過去となっていくのです。

ですから、行動を起こそうとした時に不安が心に芽生えたら

「未だ来ぬ未来に惑わされることなく」

「過ぎたことで悔まず」と口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉で「過去の失敗」に捉われずに

「まだ起きぬ未来」のことで悩まないで

「今に集中する」ことが出来るです。

「今に全力で集中する」から「良い結果」が生まれるのです。

良い結果が明るい未来を創り、良い過去にしていくのです。

要は、今の結果が未来と過去をつくるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に、

自分の心をコントロールする言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、今に集中して全力で取り組みましょう。

今に集中することで良い結果を残し

良い未来を切り拓きましょう。

良い結果を出すことで、良い思い出にしていきましょう。

そして、満足のいく人生を送りましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰
※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。